2018年03月27日

7日間のセレモニーinコペンハーゲン


デンマーク・コペンハーゲンでの

「陰陽統合セレモニー」7日間。

オリジナルでプライベートな神聖なる1週間だった。


コペンハーゲン4.jpg



いま、この瞬間も、わたしが見ているこの世界は、

すべて、私の中の出来事の「ドラマ」にすぎないのだということ。

そして、

真実ではない出来事が、さも「本当のこと」のように見えてしまうのは、

人間として生きていくうえで、避けられないことであり、

そこから、学ぼうとするときには、

一度「死」のポジションに立ってみたところから、

人生をみつめてみることが必要なのだということ。


コペンハーゲン8.jpg



そして、

「真実」は常に、「偽り」の裏側にあって、

「真実」と「偽り」はひとつのコインの裏と表なのだということ。

それは、切っても切り離すことができないのだということ。

だとしたならば、

「偽り」の存在さえも、「真実」の一部なのだ。

そう受け入れてしまえば、その「偽り」は、そのままありのままの形で、

受け入れることができ、削除しようとか、変えてしまおうとか、無駄にあがかずとも、

自然と、真実が見えてくる。


コペンハーゲン6.jpg



男性エネルギーがドラムを打ち鳴らし、

女性エネルギーが舞った。

わたしは、

わたしたちの人生の祖先と、過去世からの祖先と、地球の祖先と、

わたしたちの未来と、地球のみらいと、子孫たちの未来への、

長く確かな、「懸け橋」を作った。

そして、

天から降りし、空を駆けるものと、

地の中で守り眠りたもうものとの、

糸と、糸を、紡ぎ合わせた。


コペンハーゲン5.jpg



素晴らしいエンディングで、

水と火が融合し、

美しく開花した花の姿は、

これまでの、マニュアル通りに似せたような形とは変わり、

まるで

夜の闇に 自らを光として先を見つめる 強く潔い 騎士のようだった


コペンハーゲン7.jpg



本当の愛とは

強くあるものなのだ

素晴らしいコペンハーゲンでの体験だった









posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 00:33| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

受け入れることと犠牲になること



「受け入れる」というのは、「あきらめる」ということではないんだよ。

すごく、すごくよく聞く言葉がある。

「それは仕方がないことなのかなぁ。だったら、受け入れるしかないのかなぁ。」

これは、いろいろなかたから本当によく聞く言葉。

この言葉からは「諦め」の色がとても濃いように見えるの。



スピリチュアルに興味がある人は、いろいろな記事や本などの知識から、「受け入れる」というのが、まるでキーワードのように聞こえているのかもしれないね。

だから、頑張って「受け入れ」たほうがいいんだろうなぁ、と思っているのかもしれない。

でも、私が感じている「受け入れる」というのは、「降参して、嫌々それを受け取る」というのとは、全然違うと思うの。

仕方がないのなら我慢して「犠牲になる」ということではないんだ。

それは、自分を繰り返し傷つけ、痛めつけ続けているのと同じことなんだよ。



さあ、深く呼吸をして。

もう、犠牲者の役を演じるのは終わりにして。

真実をみてごらん。

自分の中の強さを信じて。

まっすぐに、「自分」をみつめていくんだ。

そして、生きていること、出来事のすべてを微笑みながら眺めてごらん。


受け入れることと犠牲になること.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 19:02| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

2/23メッセージ「きみが満たされるとき」


愛がほしいと きみは言う

愛が足りない 愛を探している ときみは言う



よーく見てごらん

きみは ポロポロ 落としているよ

いろいろな形をして 愛は あちこちから やってくる

でも ほら きみは

それに気づかずに ポロポロ 落としている

きみの思い描いていた形と ちょっと違うからといって

「これは 愛ではない」と 自分ルールで分類して

せっかく 与えられたというのに 「これは違う」と よけている

きみの理想の 「愛のカタチ」と違うから

いや もっとこうしてほしい 

ああじゃなくてこうしてほしかったんだ と

大きく「バツ×」 と書いた手のひらで 

スルスル ヒラヒラ

取り損ねてる

よけている 

気づかずに見逃している

気づいても それじゃだめだと 目を背けてる



これまでの すべてを もしも残さず受け取っていたならば 

きみは ものすごい愛の貯蓄ができただろう

それなのに

「誰もわたしを理解してくれない」

「わたしは必要とされていない」 と

どんどん どんどん 枯渇していくのは

周りが与えてくれないから ではなくて

きみが 見逃している 取りこぼしているからなのだと

考えてみたらどうだろう

投げかけるほうに 「ちゃんとやれよ」 と非難の目を向けるよりも

きみの手で受け取るための きちんとしたミットを 準備して 磨きをかけたほうが

満たされる 早道なのではないだろうか

そして やってくる愛をよーくみて 

きちんと 落とさずに受け取ったら

あなたの欲しかったものは すでに与えられているのだ と気づくだろう


14370036_10210308190170868_5990244320061260603_n[1].jpg










posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:01| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

海とインナーチャイルド


(12/31 インナーチャイルドについてのシェアリング)


ここ数年は、海に来ると私のインナーチャイルドの癒しが進むことがわかった。

海の近くにいるときは、とても感情を揺さぶられる出来事がいつも起こる・・・というか、わたし(マインド)が感情が揺さぶられることを選択しているから、とても感情的になる。

それもわたしの選択。マインドもわたしの一部だ。

なぜだろう?ときちんとみつめてみた。

海の近くに滞在しているときは、いろいろなエネルギーが刺激しあって、インナーチャイルドが癒されるための、「浄化システム」が始動すると感じる。

だから、いつも、わたしのインナーチャイルドの「古い癖」があらわに出てくることが多い。

「癒される」というのは、ただ、気持ちがよくなるだけではない。

本当の意味で、魂レベルでの向上が関わるタイプの「癒される」というのは、たいてい、いろんな古いネガティブパターンがドコドコ表れて、感情がさく裂したり、自己憐憫になったり、誰かを攻撃したくなったり、自分を責めたり、とにかく、これまでの古いネガティブパターンがこれでもか!といっぱい表れてくる。

だから、それを、きちんと見つめて、「はっ!これ、ずっと苦しんでる古いパターンだ!でも、これ、私(マインド)が選択してこういう感情になっているんだ!」ということに大きく気づくこと・・・・すると、それは、気づくことで、魂の学びとなり、そして、癒されていく。

そうなのだ。 

癒されるためには、まずは「気づき」が必要。

でも、気づくためには、自分と向き合うその「最善の向き合いかた」を知ることが必要。

ただ自分を責めるだけでは、まったく「魂の癒し」につながらないのだ。

その「最善の向き合いかた」を、わたしはヨーガクラスやワークショップやヒーリングセッションで、シェアしている。





まだ、面白い気づきがある。

海の近くに滞在しているときは、感情がものすごい表れるのだけれど、

海の中にどっぷりと身をゆだねているときは・・・・、それまでの激しく揺さぶられている感情と心理状況とはまったく違って、本当に「愛そのもの」となる。

水の中で波に揺られて、わたしは、好きなように踊る。

海の中で、地球の水と愛撫しあう。

自分の肉体を愛しつくして、地球の体液を愛しつくす。

そうすると、一体となるエクスタシーが絶え間なくやってくる。

地球とひとつとなる。

わたしとひとつとなる。

「愛」という言葉では足りないくらいに、ただの「愛そのもの」となる。

絶え間ないコンタクト(絶頂)が繰り返される。



ん? この違いは、「内観フェチ」のわたしとしては、目をつけずにはいられないな。

水の中に入らずに海の近くにいる時の抵抗するかのような激しい感情の渦と、

ひとたび、水の中に入った時の抱かれ感、一体感、至福感。

この違いは、とても興味深い発見だ。

それは、本当の意味での「愛」という真理に近づいているときほど、人は、心を揺さぶられたり、感情的になったり、古いネガティブパターンが表れやすいのだ、ということが理解できる。

魂の向上のチャンスだからだ。

だからこそ、次のステージに進むために、きちんと自分を見つめて、気づいて、癒されていくことが大事だよな、と本当に思う。

マインドは、次のステージに進むことに抵抗して、やたら怖がらせようとすることがある。

日常のいろいろなシチュエーションでそういったことはあるから、よーく見極めることが必要だよね。

誰しも、思い返せば、いろいろ思い当たるはず。





あとひとつ、とても、興味深いことをシェアしよう。

「インナーチャイルドの癒し」は、わたしだけではなく、先祖にまで至るということ。

だから、わたしのインナーチャイルドが癒されていけばいくほど、わたしの母や父のインナーチャイルドも、そして、関わる先祖のインナーチャイルドも癒されていくのだ。

それは、家系に関わるカルマも同じと感じる。

この肉体をもって、家族関係をもって、環境をもって、「わたし」という人間で命をっもって、この人生を送っている、すべてに意味がある。

「真実」だけを軸にしていくこと、それが、人生の中における「まやかしと幻」からいかに学んで、「本来の自分」であり続けるための、キーポイントだと感じる。

2017年最後の日に、バリの海辺にて。


*****


*1月9〜31日まで日本にて私のセッション・ワークショップが受けられます。その後は、夏くらい?に帰国予定ですので、1月の機会をどうぞご活用ください。

カウンセリング・ヒーリング・創造療法セッション(対面・お電話・オンライン)のご案内
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html

1月のヨーガ・イベントスケジュール
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/419985203.html


バリ2.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:47| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

12/29 ネガティブ反応もポジティブ反応も、自分の選択


(12/29シェアリング)

外界から感じ取る感情は、内界での出来事の反映であって、どんな感情を持つかは、すべて無意識の中で選択していることである。

悲しいとか、寂しいとか、怒りとか、そういったネガティブ反応も、無意識にそれを自分で選択しているわけで、誰か周りのせいではない。

でも誰かのせいにすることで、自分を守ることに繋がる、と錯覚するときがある。

なぜなら、常に誰かのせいにする癖がついている人は、外側のせいでないのだとすると、今度は自分自身のせいにして、自分を責め始めるからだ。

そうなると余計苦しい。

誰かのせいにしないと収まらないのだと、無意識に信じ込んでいるから、容赦なく自分を責める。

そして、苦しくなってどうしようもなくなると、周りのことも責めはじめる。

これはすでに習性になってしまっているから、気づくことが難しい。

知らずにやっている癖は、気づくことができないし、気づかなければ修正する事もできない。

気づくことを自分に許可すると、ズルズル、たくさん気付きが現れる。

それもジャッジせず、ただみつめる。

そして、その後のステップ。

ネガティブ反応は外側の誰かの、またはなにか状況のせいではなく、そこからどう感じているのかは自分の無意識の選択なのだ・・・ということを知っていたとして・・・、だからといって、その選択を無意識にしている自分を、ダメな奴だ、もっとこうしなきゃ、とジャッジし始めるかもしれない。

それも、誰かの(自分の)せいにしている、ただの癖。

ジャッジすることは、なんの向上にもつながらない。

ジャッジではなく、この出来事から、なにを学ぶのか、自分のどんな側面が明るみにでているのか、それをみつめる。

無意識に感じ取る感情・反応を選択しているのだから、その選択をしている、「理由」があるから、それは起こっている、とわたしは考える。

それは大抵が、過去の経験からくる繰り返しのパターンなのだと気づく。

その「理由」にアプローチして、しっかりと見つめて、自分という人間の「マインド」を理解して手なずけると、世界は本当に楽になり、希望が満ちてくる。

誰かの言葉の受け売りや、「いい人仮面」の作り笑顔や、どこかで読んだ・聞いた頭でっかちな知識で、ただ「こうするべき!」と、上から蓋をして固めただけなら、底にドロドロうごめいているシャドウは、光に変わることはないだろう。

わたしのスピリチュアルライフの経験をもっともっとシェアしたいです。

ますますクオリティが上がっている、ラクシュミナラヤニ ユキのカウンセリング・ヒーリング・創造療法セッションを、あなたの人生にぜひご活用ください。(対面・お電話・オンライン)
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html



バリ1.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 10:36| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

未消化の感情を認めていく



コツコツと、過去と現在の

未消化の感情を、認める作業に専念している



「悲しかった」とか「残念だった」とか

思ったっていいじゃない。



時には、「怒り」だって必要だよ。



「いや、そんなこと思っちゃいけない」って言葉、よく聞くんだけどさ

それは苦しい裁きだと思う。



悲しみも、落胆も、自然な出来事。

自分の素直な感情に上塗りして

「こうあるべき」を塗り固めたら



その素直な感情は、どこにも行けず

いつまでも、いつまでも、くすぶり続けて

現実のいまに、悪さをしてくるんだ



わたしは注意深く、コツコツと

すべての自分をみつめていく



誰かのせいにしたり 誰かを責めたりしているわけではなく

ただ 見つめて ただ 認めていく



人は 自分のフィルターを通して判断するから

いろんな考え方の色眼鏡で見るのだと思うけれど



でも、私の感情は、私だけが気づけるし

私だけがそれを癒せるから



だから、他の誰かが私にジャッジを向けたとしても

わたしは、わたしをジャッジしないことにする


糸島1.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 17:42| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

11/27メッセージ「自分のシャドーに気づいていること」



「真実のみを信じる」というのは、とても大きな勇気が必要なのだと感じる。

そして、

なにが、「真実」なのか、自分にはわからないことがある。

なぜなら、

自分自身が作り上げている「シャドー」が、現実の世界をゆがめてしまうからだ。

さらには、

その知識が頭ではわかっていたとしても、

どれが「シャドー」なのか、ごちゃまぜになって、見えないことのほうが多い。

瞑想的に生きるとは、いつでも「気づいていること」だ。

それは、

なにが「真実の現実」であって、

「偽りの妄想」が、その真実をどう歪めているのか、ということに

気づいていること。

信じられないかもしれないが、

人間は、ネガティブに捉えることのほうが、ときに「居心地よく」感じてしまうことがある。

すると、

みるみる、シャドーの罠に埋まっていく。

まるで、アリジゴクに埋まっていくかのように、ズブズブと・・・・。

そうなると、

そうそう、出口を見つけることが難しいし、

そればかりではなく、

出口に気づいたというのに、それを出口だと信じることができなくなる。

わたしたちは、常に気づいていることが必要だ。

どう、「真実の現実」のみを信じて、それを強く信じていくのか、

そして、

「偽りの妄想」に、心をたぶらかされて、揺らされて、翻弄されている自分の心に、

もう、そろそろ、終わりを教えること。

人間は、ひとりでは、生きていけない。

ひとりでは気づけない。

だから、

人と、人は、知らず知らずのうちに、学びあって、気づきあって、

関係していくのだ。


糸島.jpg



ヒーリングセッションのご案内
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html

ファミリーコンスタレーション+動きの瞑想セラピー 12/9または 12/11
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/454859810.html

カウンセリングスキル伝授講習 12/10
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/415731799.html

バリ島ウブド・リトリート(残席1名)12/14〜19
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/450862473.html







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 19:37| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

11/24メッセージ・強さとは



(11/24 メッセージ)



そう、これまで、いろいろ、あったんだね。

だから、その都度、強くなろうとした。

強くならなければ、と自分を励ます状況にあったのだろう。

自分を強く、強くしなければ、その状況は乗り切れなかったのだろう。

だから、それを望んだ。

弱いままの自分では、生きていくのが難しかったのだろう。

誰にも頼ることができない状況だったし、自分の強さだけが支えだった。

だから、強くなろうとした。



でも、覚えておいたほうがいい。

「強くなること」というのは、「誰かよりも優っている」ということではない。

ほかの誰かよりも、自分のほうが上である・・・・・とか、勝っている・・・・・とか、

そういう優劣は、「強さ」を計るものさしには、ならないのだよ。

強くなろうと努力をして、そしてどこかで、歪んで学んでしまったのかもしれないね。

誰かよりも自分が優れているものがあると発見した時、一見、自分という人間が、強くなったように見えた経験があったのかもしれない。

だから、誰かよりも劣っている自分をみつけると、とても惨めで、ふがいなく、弱く、感じてしまうのかもしれない。

だから、心の中でいつも、他人と自分を比べている。

自分よりもなにかがうまくできている人をみると、自分を否定し始めるし、

その人よりも、自分のほうが「すごい」と、自分で思いたい、または、周りからそう思われたくなる。

そして、劣っている自分を見ると、「自分なんて・・・」と、自信を失ってしまう。

なにかができないと、自分という人間は認められないのだ・・・・、と思いこんでしまう。



覚えておいたほうがいい。

本当の強さとは、誰かと自分を比べることではないし、

誰かのことも、自分のことも、ジャッジするようなことではない。

いつも、気づいていなさい。

これまで、強くならなければ!と、自分自身を励ましてきた。

でも、「強さ」という形を、間違えてとらえていた。

誰かより、優っていることが、「強さ」ではない。

自分に繰り返し、言い聞かせてごらん。

誰とも、比べなくていいんだ。

自分よりも劣る人も、優る人も、この世には存在しない。

本当の「強さ」というものは、

わたしが、「ワタシ」になることだ。

それを、人生をかけてやり抜くこと。

それが、「強さ」という輝きになる。



ドゥシャライブ5.jpg















posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:00| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

記事「マインドフルネスと禅、その決定的な違いは何か」



「マインドフルネスと禅、その決定的な違いは何か」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50060

という記事をまずは、読んでください。


*************************

上のページを読んだ一年前のわたしは、こんなふうにコメントをしました。(非公開でした)



≪ちょっと語ります≫

わたしの実践するヨーガもこれと同感です。

ただ存在することにフォーカスすること。それこそがヨーガ(繋がる)であること。

痩せるとか、ストレス解消とか、柔軟になるとか、そんなことを期待して行うのはアーサナではなくて、ただのエクササイズであり、それを求めるならジムに行ったらいい。

1997年に身体に関わる指導者をスタートして・・・・わたしは数年前まで・・・・東京の有名フィットネスクラブで指導をしていました。

自分でいうのも何ですが、すごい人気で、私のクラスに参加するための整理券を求める人が、開店前から長蛇の列を作るほどの、超大人気ヨーガインストラクターでした。

そんなわたしだったにも関わらず、なぜ、そのスター舞台から自ら降り、それまで、ジムで一クラス80名集めていた生活から、いまは、少ないときは3名という個人指導に切り替えたかというと、理由は、こういうことだったから。

「伝えたい!」と思うことを伝えていきたいから、自然と引き寄せられて来てくれる、受け取ってくれる準備でできている人たちに、きちんと伝えていきたかった。

だから、利益やエゴよりも、わたしの生きるこの人生で「やりたいこと」を選びました。

すごい勇気が必要だったし、とても怖かったですよ。

でも、そうしたかった。本当の意味で愛を交歓しあえる関係性の中で、伝えていきたかった。

シンプルに、シンプルに生きるんです。やりたくないことは、しない。

とはいえ、実はわたしは、「ヨーガ」がすべてだとは思っていない。

ヨーガは、「真実を伝える」ということと「真実に近づくために感じてもらう」ということに、とても便利だから、使っている。

わたしは「ヨーガこそがすべて!」とは思っていないから、いつでも、手放すことができる。

しがみついていないし、否定も肯定もしていない。

行く先が見えて、そこに向かうことが出きるのなら、いろいろな方法があってもよいではないか、と思っている。

執着は、まったくない。

これこそが、真理なのだと思っている。

だから、神聖とつながりながら踊ることも、感じるままに絵を描くことも、宇宙エネルギーのヒーリングも、パワーストーンと話をすることも、シャーマニックな活動も、すべてわたしにとっては「ヨーガ(つながる)」のカテゴリー。

いいじゃないか、ヨーガマスターが踊ったって。

「わたしはヨーガに生きるんだ!」なんて頑なにしがみついていた時期も昔はあったけれど、いまは、言い替えられるほど、柔軟になった。

「わたしは、わたしを生きます」=それが、結果的には「ヨーガ(つながる)」

だから、世界で活躍中のヨーガティーチャーである私は、自分の指導方法や概念や非凡なる経験の数々に、自信も誇りもありますが、だからといって、「わたしはすごいんだ」と思っているわけではなくて、それは、「わたしという人間を極める」ということの、ただのツールにすぎないということ。

日本でも、海外のあちこちでも、たくさんの種類のかたがたにヨーガを教えているわたしの人生の中で、一番、伝えたいのは「真理」であるところの「私たちの源泉と行先」。

それを、言葉のうまく通じない海外の方がには、エネルギーで伝授しながらアーサナ指導をしている。

西洋のかたには言葉で説明しても理解しにくいようなので、エネルギーで伝授します。

これからわたしは、ヨーロッパでも活動を広げていきます。

でも、こないだ「聖なる呼吸」という映画を観て、激しくがっかりしたように、西洋のかたがたにはもともと持ち合わせていない東洋の「禅」の考え方。

ここに、通じるわたしのヨーガの概念を、うまく切り崩しながら、どう「真理」を伝えていくか・・・・楽しみです。

アーサナでは肉体を使いますが、肉体を使いながらにして、そこからどのようにして自分の「中心」へとアクセスしていくのか、つなげていくにはどの意識レベルを活用するのか・・・・を、言語では表現できないところで、アーサナ指導を通して感じとっていただきたい。

わかる人にはわかるでしょうし、わからない人には、いつかきっと(今世か来世かもっと先か)わかるのだと信じています。

ああ、語っちゃった。失礼。


***********************


上記は、一年前の投稿記事だけど、いまはさらに柔軟になっているなぁ、と感じます。

マインドフルネスを否定してるわけではなくて、入り口だどんな形で入ったとしても、結局、行きつくところは同じなので、まあよいじゃないか、と感じています。

仕事の能率をあげるため・・・に瞑想を始めたとしても、結局、最終的に行きつくところは「無」であるところの「魂の源泉」にたどり着くだろうし、スピリチュアリティのために瞑想を始めても、結局、結果的に仕事の能率はあがるわけなので、同じことなのかもね。 

窓口が多ければ多いほど、広く世界のためになるから、それも、これも、全部「アリ!」だな、と、一年たってさらに成長している今のわたしは、思うわけなのですよ。
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 16:06| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

人と人の間で生きていくこと



「あのひと、感謝が足りないんだよね〜」と、

誰かのことを指さす時は、

大抵、自分自身が誰かに対する感謝が足りていないサイン。



「あのひと、他人の文句ばっかり言っていて、全然、笑顔がないよね〜」と、

誰かのことを批判するときは、

その人の文句を言っている自分自身に気づくべき。



他人に見えているものは、全部、自分を見ているということ。

人のことは、よーく見えるよね。

でも、自分のことは、たいてい、気づかない。見えない。

頭でしっかりわかっているし、それについて、偉そうに語ることも出来るのに、

実際の行動や態度は、まるっきり違っていることに、気づかないのね、人間って。

頭でわかっているだけでは「知識」

それを人生の言動で役立てていくのが「智慧」

はっきりいって、「知識」は人生の邪魔になるだけだよね。

頭でっかちで、人に厳しく、自分が見えてなくて、

知識があるから、できているんだ・・・・と勘違いしているだけ。

自分に活用しないで、他人の分析ばかりが上手になったら、

じゃまだよねぇ。



しかめっ面をしている他人を見て、やだなぁ・・・と、眉間にしわを寄せている、

そんな、自分の顔は、まったく同じしかめっ面だよね。

ため息ばかりついている人と一緒にいると、あまり楽しくないけれど、

だからといって、わたしもそれでストレスに感じて、ため息をつく必要はないよね。




人は、人なんだ。

他人は、変わらないんだし、

他人の人生は、他人のものだから、わたしがどうこう、分析しても仕方がないよね。

それを見て、自分がどう思っているのか、感じているのか、

そこから、「自分」を学んでいくのが、わたしの人生における「わたしの分担」。

人のことを、あれこれ批判しているときは、

たいてい、ぜーーーんぶ、自分でやっている行動だからね。

それに、気づくべきだよね。わたし。

わたしは「わたし」を幸せにする義務があるし、

それは、他人が私の幸福のためにお世話するものではなくて、完全にわたし自身の担当なんだ。



そんなふうにして、世間の中で、人間の中で、

自分という存在を、ただただ、脱力しながらみつめていく。

そういうふうに、生きていこう。

いつでも、リラックスして。

勝とうとしないし、完璧であろうとしない。

負けてもいいし、馬鹿でもいいから、

笑って、踊って、愛しあって、生きていこう。



ゾントホーフェン4.png






posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 01:11| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

お金は廻り廻る



働き者のあなたへ

いくつかの選択肢があって

それを自分の意思で選択できる状況のとき

そして、それにお金を支払うとき

「これは、これからの仕事に役立つかな?」

というポイントで選ぶよりも

「これは、わたしの心(いのち)の豊かさに役立つかな?」

というポイントで選択したものにお金を支払うほうが

のちのち、必ず、お金が循環して戻ってくるんだよ



お金はエネルギー

廻り廻るもの

細かいことでも、大きなことでも、

仕事(やらなければいけないこと)を優先にして考えるよりも、

あなたの人生の中での心(いのち)の豊かさのほうを大事にして考えると

もっともっと、より良く循環していって

すべてがうまく廻りだすはず



値段が安いとか高いとかを基準として選ぶのではなくて

自分の心(いのち)の豊かさにつながる・・・・と、あなたの感性が感じるものを選ぼう

それが多少高くても、きっと廻り廻って戻ってくるよ



自分の意思で選べる状況での選択肢なのならば

まずは、頭の中で無意識にしてしまっている

あなたのその「考え癖」から

見直していってみようか

幸せへのカギだよ

世界でただひとつのあなたの人生(いのち)へ



スオメンリンナ3.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 01:30| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

「支配」と「契約」について


「支配」と「契約」について。




「支配」とは・・・、こちらの否応なしに、コントロールされ、ある「型」に従わざるを得ない状況のこと。

「契約」とは・・・、双方の同意の上・納得の上で、お互いの利益関係の中で、ある「型」に沿うこと。

といった感じでしょうか。

ひとつの同じ物事も、見方を変えるだけで「支配されている」とも、「同意のもとで行っている」とも、とれると思います。

世界は、自分の中の受け取りよう・見方で変わるのです。




例えば・・・・



仕事で納得がいかない規則などがあって、どうしても腑に落ちないのだけれど従わなければいけないとか、

または、

やらなければいけない状況なのだけれど、本音を言えば、不本意だ・やりたくない・でもやらなくては・・・とか、

そんなときに、「支配されている」と感じる。

すると、とてもストレスを感じるし、閉塞感や、拘束感を感じる。

どうして、納得いかないことを強いられなければならないのか・・・・。

なぜ、こんな無意味な規則に、従わなければいけないのか・・・。

それを、「支配」という目線でみると、本当に窮屈で、不満ばかりが募っていくのだけれど、

こう考えてみるとどうだろう。




この規則に従うということの引き換えに、わたしは報酬をもらうことができる。

報酬をもらえると、わたしは快適な暮らしができ、趣味を楽しむことができる。

もしも、この規則に従わないという選択をすると、各種支払いもできなくなり、食べることも住むことも難しくなり、快適だと感じている生活から遠ざかってしまう。

だから、わたしは、この規則に従うことで、報酬をもらって、快適に暮らすことを選択する。




そう、それは、その規則に従うことを「選択」したということ。

その見方で見れば、それは、「契約」となります。

契約は、双方にとって利益があり、同意の上で、「型」を認めるということでしょう。

無理やり、強引に、強いられているわけではないので、「支配」にはならない。

そう考えると、いま「ストレス」と感じている窮屈な状態を、「契約」という、違った目線で捉えることができます。




そして、さらに掘り下げていくと・・・・・

「支配」と感じていた窮屈なあれこれは、実は、いつでも自分の意思で辞めることができるはず。

でも、なかなかそこから去ることができないのは、あなたの「恐れ」・・・・・将来への不安、生活が変化することへの心配など・・・・からであって、

窮屈な状態から解放されないのは、本当の意味では、その対象のせいではないのですね。

例えば、会社だったら、いつだって、辞めようと思えば辞めれるわけで、それがなかなかできないのは、「これからの生活のどうしよう」という不安からが多いわけですよね。

そこに勤務していることで、快適に生活ができるわけですから、それは「契約」なのですね。

その契約から外れること=快適な生活 を失うことが、恐いわけですね。

そして、その恐れから、そこを去ることができないのだとしたら、それは、会社が支配しているせいではないですね。

会社は、あなたを羽交い絞めにして、無理やり、強制的に、デスクにロープで縛りつけているわけではないですから。

あなたが「支配されている」と感じているのは「会社」ではなくて、「自分自身の恐れ」なのですね。

でもそれを認めるのは難しいから、対象を「会社」に置き換えている。

会社のせいにしているけれど、それは、自分自身の恐れが操作していることですね。

だから、会社に「支配されている」のではなく、実際には自分自身の「恐れ」に支配されているわけで、

会社はというと、双方同意の上で、お互いの利益のために結んでいる「契約」なのですね。

と考えると、同じ状況でも、きっと、冷静にいろいろと考えられるのではないでしょうか。





または、違う例をあげるとすると・・・・

結婚生活なんかもそうかもしれないですね。

これは、もっと複雑に絡み合っているから、ここでざっくりした例としてあげるのは難しいですが・・・・。

みなさんそれぞれが、考えていただきましょう。




こんなふうに、いろんなところに「支配」と「契約」があるなぁ、と自分自身の経験の中から感じています。

ごく最近、ひとつ、ものすごい大きな「支配」と感じて、すごく嫌な気分で、ずっと引っかかっていたものが、

実は自分の「恐れ」が原因で、ただ、その恐れを認めないようにして、他の対象のせいにしていただけだった・・・・、ということに大きく、激しく、突然! 気がついて、

これまでの自分がしていた間違った妄想に大ショックを受けたとともに、ものすっごいホッ・・・として、心が軽くなった経験がありました。

これに気づいたら、本当に、空を飛べそうなほど、軽やか〜になりましたよ。

気づいてよかった、と心から思いました。

でも、この「気づく」ということが、成長にとって重要な経験とエネルギーだと思うので、

そうだとしたら、「間違った経験」も、成長にとって、必要なのですね。

間違わないと、その間違いに「気づく」という経験が、できないですからね。

だから、自分を過度に責めない、攻めない。 

気づいた自分を、ありったけ褒めてあげて、そして、解放してあげる。



とにもかくにも、

自分の内側に意識を向けないと、気づけないのです。

そして、気づけないと、ずっと、その悪いループ(にすら気づかないし)から、出られない。

人生の彩りは、すべて、自分の中から起こっているからね。



「支配」と「契約」・・・・

大なり、小なり、まだまだ、ありそう・・・・!

どんどん、自分をみつめて、もっともっと、軽やかになっていこうと思います。



★パートナーシップ、ファミリーシップ、フレンドシップなどの人間関係に関する、ソウルカウンセリング・ヒーリングセッション承っています。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html

★魂の癒しにつながる、ラクシュミナラヤニ ユキ オリジナルヨーガ 出張クラス承っています。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/451857242.html


光と空.jpg






posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 03:26| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

「9/6 満月のメッセージ」



「9/6 満月のメッセージ」


ミュンヘン.jpg



*********

あなたが求めているものが

果たして 本当に必要なのか 

よく自分に尋ねてみなさい

満たされない何かを 埋めるために

欲しがっているだけなのではないか?

ただ 刺激的な 何かを求めているだけで

手に入れたら また次の刺激に 心変わりするのではないか?

本当に 自分の成長にとって・人生の深みにとって

必要なもの・必要なこと だけを 求めなさい

なんでもかんでも やってみる・・・という

盲目的な行動は なにも見えない者が行うことだ

あなたはすでに 自分の立ち位置がわかっているのだから

しっかりと中心に戻り

本当に 必要だと思うことだけを

行動と 言葉と 意図で 

生きていきなさい


2017.9.6.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 15:19| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

9/5メッセージ「求めることで支えあえる」


「9/5 メッセージ」


なにしてるんだい

そこに うずくまって 悶々して

待っているだけじゃ 

誰も手を貸してくれないんだ

助けが 必要ならば

それを意図して 言動に表したらいい

いつまでも そこで 膝を抱えて

誰かが気づいてくれるのを ただ待ってるつもりかい

おかしなプライドや体裁のせいで 

これまで どれだけ チャンスを逃したんだ

自分の力で 助けを呼ばなきゃ

誰も気づかず

みんな通り過ぎて行くんだよ

自分の意志だよ

立ち上がって前に進むため・・・・

必要なときは 助けを求めたらいいんだ

それは 人任せなんかじゃなくて

それも キミの意志なんだよ

信じていい

人と人は そうやって 支えあうために存在するんだ



ハリドワール18.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 19:03| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

嵐・虹・静けさ・瞑想的に生きる




過去の「未消化の感情」が、いま現在の自分の「人間関係の問題」と、そこから繋がる「いまの環境」を作り上げている、というのがよくわかる。

だから、昔から繰り返されている「負のサイクル」に、どうやって気づいていくか・・・・が、

より自由で楽しい人生にとって、必要なコツといえる。

瞑想的に生きる・・・・ということは、より「気づいている」ということ。

つねに、「見られている自分」と、「それを見ている自分」に、気づいているということ。

自分の人生の傍観者である、ということ。

それが、生活の中での瞑想。

目を閉じて蓮華座で座って・・・・という瞑想の訓練を経て、静けさと繋がることの達人になってくると、

ごく普通に行動している普段の生活の中でも瞑想的に生きることができる。

瞑想のポジションをとって、目を閉じて宇宙とつながっている時は、より、現実社会から遠ざかっているかのような「ワンネス・至福」を体験しているが、

瞑想状態がわかってくると、現実社会の中で、三次元的で人間的で世俗的なドロドロの中でも、瞑想的に生きることができる。

目を閉じて座って瞑想ポジションをとっていなくても、なにをしていても、どんなときでも、瞑想的になることができる。




それは、実際の意味では「心がブレなくなる」わけではないし、「エゴがなくなる」わけではない。

「心がブレている自分を客観的に見ることができる」ということであり、「エゴむき出しの自分を冷静に傍観することができる」という状態であると感じる。

そんなふうに、グラグラな自分自身の「傍観者」になって、ネガティブ反応に振り回されている自分を冷静に観察するということ。

すると、自分のパターンが見えてくるので、自分について誤解していたことを知り、新たに理解が深まることで、より冷静に「自分をみつめる」ことに馴染みが深くなってくる。

すると、すべて勝手に自分で作っていたまやかしのパターンの世界を信じ込んでいたことに気づく。

なーんだ、そんなことだったのか、じゃあ、必要ないや・・・・と、どんどん手放す。バンバン笑い飛ばす。それらの古いまやかしのパターンにハグしてからサヨナラする。

そして、日々の生活がより一層、瞑想的になってくることで、人間関係も、生活環境も、どんどん愛が深まっていく。




わたしはそんなふうにして、素晴らしい日々を送っている。

楽しむときは、思いっきり楽しむ。めちゃくちゃ、バカになって楽しむ。

悲しむときは、とことん悲しむ。自分のドロドロを、全部、味わい尽くして認めていく。

そして、話しあう時は、とことん話し合う。双方の誤解が解けて、自分が相手に投影していたことの理解がしっかり深まるまで、とことん話し合う。

人間関係の中で、シェアリングは本当に大事だと思う。

でも、去年までの私は、すごく苦手だった。

それはシェアリングの時の「話しかた」と「聞きかた」の問題だと思った。

聞いているほうも、話しているほうも、コツが必要だと感じた。

これはまたいつか、詳しく書こう。





思いっきり笑い転げて、愛を放出しあって、

そして、疑問をぶつけあって、誤解をして、誤解を解きあって、人間関係は深まっていく。

他者とのシェアリングの中で、気づかずに行動して発言していた「知らなかった自分の側面」に気づくことができる。

自分自身の口から出た言葉を改めて他者の口から反芻して聞くことや、

自分自身が行なっていた行動を、改めて、他者から客観的に伝えられることで、

大きな気づきにつながる。

わたしは、ずいぶん、自分について、こうだ、と思いこんでいる部分がたくさんあって、

そして、誤解したまま、それを信じ込んで生きてきたんだなぁ、と気づく。

気づくことで、わたしは成長する。

どんどん、どんどん、成長する。

それは、止まることがない。

毎瞬間、気づいて、成長している。

瞑想的に、生きている。





海辺を歩いていた。


リューゲン5.jpg



わたしは疲れはてていたので、流木の上に寝ころんだ。

そして眠りこんでしまった。

昼寝をほとんどしないわたしにしては、本当に珍しいことで、大きな「誤解」と向き合って、それを受け入れようとして抵抗している自分を相手に、かなり消耗していた。

突然、雨が激しく振ってきた。

慌てて、木陰に逃げ込み、狂ったように波打っている海の水面を、静かな気持ちで見ていた。

・・・・・この状況こそが、まさに「瞑想的」だな、と腑に落ちた。

嵐のように激しい雨と風、そして、滑らかであるはずの水面が、一瞬のすきもないくらい激しく踊り狂っている・・・・・それを、静かな気持ちで、まるで別の世界から見ているかのように、穏やかに観察している。

これが、日常の中での瞑想的に生きる、ということだ。

人間の私がどんなに心が揺れて、泣き叫んで、怒り狂ったとしても、自分自身の「静けさと繋がる場所」で、穏やかに傍観している自分を持つこと。

わたしが伝えたいこと、シェアしたいことは、このテクニックだな、と思う。

ヨーガアーサナや、瞑想の時間や、ムーブメントメディテーションや、カウンセリングセッションの中で、わたしがシェアしたいことは、このテクニックだ。

いまのわたしが、やりたいことは、ここなんだ。

わたしは、いつも、ずっと前から、自分が納得したものしか!しない!、しっくりこないことは絶対にしたくない!・・・という、超頑固者だから、

自分が「これはよい!すごいぞ!」と感動したことは、どんどん、他人にシェアしたいのだ。

そう、自分の経験を、もっともっと、シェアしていきたい。

それを、自分という個性を使って表現していきたいのだな。




深く、深く、納得して、静かな気持ちで雨を感じていた。

狂ったように暴れていた水面が・・・・突然、静かになってきて、雨が少しずつ穏やかになってきた。

わたしは、葉の滴が揺れる木陰の下から抜け出て、ゆっくりと歩き出した。

空気がとても爽やかで、ひんやりと覚醒的だった。

ふと顔を上げると、大きな、大きな、虹が現れた。

虹は、みるみる、濃く、長くなっていき、2重のブリッジとなった。

聖書では、「虹は約束」、神の祝福。

ハートが、大きく開かれた。

私の中の、深い部分と共鳴して、突然、号泣した。

さまざまな「自分に対しての誤解」が、ほどけていった。

自然は偉大だった。

自分のちっぽけな部分をみつめる、傍観者になった。

生きていることが、素晴らしかった。

思いっきり笑って、めちゃくちゃ感動して、怒りや悲しみも味わい尽くして、

そして、また、笑って、踊って、歌って、愛しあって・・・・。

人間だからこそ持ち合わせている、すべての感情を感じ尽くす。

ニンゲン、サイコー!


リューゲンの虹.jpg




虹は、しばらくの間、くっきりと、はっきりと、空に大きく彩っていた。

わたしは、感動で涙が止まらなかった。

あれから数日経ったいまもまだ、ハートが開いて、胸がいっぱいだ。



※2017年は8月11月12月の上旬のみ、日本にて活動します。限られたスペシャルな期間です。ぜひ会いに来てください。

ヨーガ・イベントスケジュール
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/419985203.html

イベント情報
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/420951276.html

カウンセリング・ヒーリングセッション
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html

ラクシュミナラヤニ ユキ オリジナルヨーガ 出張クラス承っています。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/451857242.html



2017.7-4.png











posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 16:37| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

6/6 メッセージ


(6/6メッセージ)

Truth is within here and now.

「真実」のみを信じる

それは 

知らずに執着していた 

馴染み深いほどの あなたの「一部分」たちとの 

お別れを決意するという

ある意味 大きな 大きな 勇気だ

痛みも 伴うかもしれない

しかし その痛みさえも

うつろう 幻のドラマだと 

あなたは やがて気づくだろう

「真実」は常に いまこの 瞬間瞬間

そして「真なるわたし」


2017.6.6夕陽.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:58| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

自分と向き合うって? 魂の学びって?



結局のところ、

周りに対する居心地の悪さや、人間関係で嫌だなぁって思うことって、自分のもろもろの、内面の反映でしかないんだよね。

だから、対象からどんなに遠くに離れたとしても、また、違う形でやってくるのだよ。

だって、その周りの居心地の悪さや、人間関係から生ずるネガティブな感情って、自分の過去のあれこれの経験からくる、思いこみや、刷り込んでしまったものが源だから。

それらは、「私が本物です!」って顔して私を悠々と占拠しているけれど、実は、まったくの偽物なんだよね。

偽物のくせに、わたしの人生を大きく左右させる、巨大な影響を与えているんだよね。

そこを掘り下げて、とことん向き合ってみると、なぁ〜んだ、全部自分で作ってたんじゃん!って理解するんだよね。

理解するまで、とことん、向き合うと、学びきるから、癒されるんだよね。



リール2.jpg






そういえば、「癒される」って言葉、みんな使っているけどね、わたしの想う「癒される」ってマッサージ行くとか、素敵な音楽聞くとか、ゆるキャラの友人と会うとか、そういうレベルじゃないの。

魂レベルでの「学び」なの。

その学びを学びきると、癒されて、卒業できるの。

わたしの言う「癒し」って、そういうことなの。

ストレス解消!とか、身体の凝りをほぐす!とか、そんなレベルじゃないの。

魂の学びなのよね。





自分と、とことん向き合うって、実はとっても、勇気がいるんだよ。

だって、見たくないものだし、触れたくないことだから。

周りのせいにしたいからね。

自分は悪くない、周りが悪いんだ、だからわたしは苦しいんだ、って思いたいからね。

どんなに謙虚な人でも、どんなに穏やかなひとでも、絶対に、そう。 無意識だから気づかないけれど。

または、「全部わたしが悪いんだ。わたしのせいだ。」って、思っているネガティブな人だって、自分を悪者にしているのは世間のせいだ、って言っているのと同じだからね。

だから、向き合うことが怖くて、なかなか、先に進めないのよね。

だって、実は、なにかのせいにすることで、実はそれは、結局、都合の良い「言い訳」になっていただけだから。

その、言い訳に、知らず知らずに、がぶり寄りで執着してしがみついているんだ。 

無意識だから、気づかないんだけど。

これは、わたしが、日々、自分の中で気づいて学んでいること。

わたしの経験のシェアです。

すごく役に立っているので、たくさんのかたにシェアしたい。

どうやったらいいのか?

それは、文章では無理なので、どうぞ、個人セッションをお受けくださいませ。



リール1.jpg







イギリスでの7日間のWSは、本当にディープだった。

自分の「刷り込み」からなる、永遠に幸福へとつながることのない「ネガティブなループ」を、ひとつひとつ、ダンスメディテーションとダイアログを使って丁寧に紐といていく技術だった。

それは、目で見て、身体で感じて、心で味わって、エネルギーで放散して、宇宙にリサイクルする、素晴らしい結果を生み出す魂のヒーリングだった。


フェニックスリトリート.jpg



毎回、ムーブメントメディスンの集中的なWSでは、爆発的な解放が起こる。

今回も、ものすごい気づきと理解の嵐と、湧き上がってくる当時の悲しみと苦しみを深い痛みとともに味わい尽くした後にくる、大きな大きな癒しと解放が、ほんと半端なかった。

もともと「内観フェチ」と自分で言うほど自分と向き合うことに慣れている私は、受け取る準備がすっかり整っていたの、ものすごい深いところまで潔くドカーンと開いてしまって、ワークが終了して1週間が経ついまでも、まだ、プロセスが続いている。

イギリスからの帰りのフライトもずっと涙が止まらず、一泊した東京でも一睡もできず涙を流し続け、帰国して5日たついまでも、多忙な時間の隙間・・・・、には、まだまだ、涙が流れている。

日本に意識を向けた途端、これまでの日本での人生で起こったたくさんの苦しい出来事の、自分の人生に対する意味が分かり、その学びから爆発的な癒しが起こっているのだと思う。

人生の中で、我慢してため込んでいた涙や、見ないようにしてやり過ごして蓄積した涙や、それにまつわる感情が、一気に出てきているんだな、と思った。

どれだけ、泣くのを我慢していたんだろうね、わたしったら。

自分の身体を抱きしめて「愛しているよ、あなたは美しいよ」と繰り返し、体中にキスをして、自分に愛を与え続けてる。

いまわたしは、とても敏感になっていて、ひと息吸うごとに、いろんな気づきがあって学び、涙を流し、ハートを痛め、ひと息吐くごとに、そこから癒されて解放されて、光となっている。

と感じる。

美しいなぁ、生きるって。


me.png











posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 22:46| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

心は嘘つきなんだよ



わたしの経験からのシェア。

気になるけれど、なーんか気が進まないこと。

なんか、腰が重いんだけど、でも、すっごく気になる。

・・・・そんなときは、絶対に、やるべし。行くべし。

そこには、あなたの魂にとっての学びが

ざーっくざっく、隠されているんだよ。

わたしの経験を持って、それは、確実にそう!

あなたのマインドは、いわば、反逆者だからね。

やたら抵抗するんだよ、あなたの魂が成長しないように。

だから、成長につながるようなときは、軽く嫌な感じがあるんだよ。

でも、身の危険を感じる嫌悪感じゃなくて(それは直感で危ないからやめたほうがいい)、そうじゃなくて、なんか気が乗らない、でも気になる、そんな感じ。

それは、ただの、マインドのまやかし。

よくさ、「心のままに」とか、「心の声を聴いて」とかいう言葉あるじゃない。

わたし、それは、賛成しない。

だって、スピリチュアル英語で使う「マインド」って日本語では「心・思考」のことだよ。

心は、コロコロ移り変わるものだし、ときに、ねつ造したり、歪曲したりして、心は真実を伝えてくれないことも多い。

そんな不実な「心・マインド」の声を聴く・・・とか、「心のまま」に行動しちゃったら、ただマインドに振り回されちゃうんじゃないかな。

しかも、その「心・マインド」は、外側からの情報でできあがっているからね。

それは、あなたの本質じゃないのだよ。

わたしがそれを言い換えるなら「直感を信じて」にするかな。

冷静に、瞑想的に、自分の人生をよりよく生きようよ。

瞑想的に生きよう、みんな。

心は、本来のあなたではないのだよ。

なんでもいいから、自分が「いま、ここ」に集中できることをするのが瞑想。

「いま、ここ」を、身体と心と魂で、経験する時間を持つことが大事だよ。

踊っても、歌っても、描いても、作っても、何でもいいと思うの。

創造的なことをしよう。それがあなたの本質とつながるときだから。



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:38| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

「開かれて」いなさい

常に 「開かれて」いなさい

そうすれば 
必要なコマが ひとつひとつ 
過不足なく 目の前に現れるだろう

常に 身をゆだねていなさい

力が抜けた者だけが 
流れが理解できるだろう
感謝で満たされて ただ在ればいい

常に 楽しんでいなさい

一瞬 一瞬ごとに 現れるかもしれない
新しいインスピレーションと 新しいコネクションに
いつも トキメイテいなさい

官能的な 神聖とのエクスタシーの連続に
いつも 「開かれて」いなさい


be opened.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 21:33| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

3/16メッセージ「そのままで愛されている」



綺麗になろうと しなくていいんだよ

あなたは そのままで愛されているから



いい子になろうと しなくていいんだよ

あなたは ありのままで愛されているから



誰かのように なろうとしなくていいんだよ

あなたは あなたに なればいい



「理想」なんて ただの泡だよ 

不確かなもの



期待に応えようと しなくても・・

誰かを喜ばせようと しなくても・・・



なにもできなくても 

なにも持っていなくても



綺麗だと思えなくても 

形が悪いと思っていても



あなたには 価値があるの

あなたは あなたのままで 

愛されているんだよ


梅.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 11:18| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

2/18メッセージ



根本から、ひっくり返してごらんなさい。

あなたという人間の、基盤となっていること、これこそがわたし!と思っていること、生きていく術だと思っていること・・・・

その、あなたにとっての「根っこ」の部分から、洗いざらい、確認してごらんなさい。

引き抜いてみたらその「根っこ」は、きっと、あなたにとってすでに、腐敗しているもの・・・・かもしれないよ。

でも、土の上から見たら、根っこがもうすでに古くなっていることに気づかない。

しかし、表出している部分が、どんどん、イキイキしなくなってくるから、なんか、おかしい?と思う。

いくら、飾っても、栄養を与えても、喜びを振りかけても、根っこがすでに古くなっているから、輝きが戻らない。

だから

おかしいな、と感じたら、あなたの「根っこ」であるところの「基盤」をきちんと見つめてみてごらん。

色眼鏡ではなくて・・・・、こうだったらいいな、の目ではなくて・・・・、中庸である目線でみつめてごらん。

きっと、古くなって腐敗したまま、ずっと、キープしているあれこれを、みつけることができるよ。

みつけることができたら、それらを引き抜いて、新たに土を耕せばいい。

引き抜いた、古くなった根っこも一緒に、土の養分として使って、新たに耕していけばいい。

すべての出来事や経験は必要があって起こるから、その古くなった根っこも、新たな土壌に活用できる。

耕して、さらに、質の高い花を咲かせたらいい。



ミュンヘン.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 18:15| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

ぶれない心を持つ



わたしたちの心を揺さぶっているもの・・・・・・

・・・「妄想」や「幻想」・・・

それらは、存在しないものだというのに、とてもパワフルな力で、繊細なわたしたちをブンブン、振り回します。

「いまこの瞬間」の「真実」のみを、信じてみる。

すると、あれこれ、心を苦しませているすべては、妄想であり幻想であることに気づく。

それは、真実ではない。

それは、存在していない。

存在しないものだというのに、わたしたちは、いとも簡単にそれらに気分を左右されてしまい、そして、人生にまでおおきな影響を与えられてしまう。

なにが妄想・幻想であるのかを、知ること。

そして、「いま ここ」の真実を疑わずに信じること。

それが、結果的にあなたのハートを緩やかにしていくことにつながる。




例えば・・・・・、

誰かに抱いている、ほのかな嫉妬や、妬み。

それは、恐らく、妄想のなかで作り上げたその人物に対して、抱いている勝手な感情であることが多い。

その対象である誰かの、本当の意味での人生や意図は知らないだろう。

大抵は、自分と比べて相手のほうが恵まれていると感じることで、妬みや嫉妬が生まれてくる。

でも、相手ときちんと話をしたことはないから、どれだけその人が苦労して努力しているかや、実情の生活・人生・大変なこと、または、人間関係などの本当の状態を知らない。

でも、自分より恵まれている・・・と思って、羨ましく見ている。

それは、自分自身を、その人よりも恵まれていない・・・・と、レベル付けしていることと同じ。

その人の真実はまったく知らないけれど、自分自身を都合よく「かわいそう」な立場にするために、沸き起こってくるありもしない妄想を信じてしまう。

ゆえに、自分の心はどんどん、ネガティブになっていく。

重要なのは、それが「妄想」だということに気づくこと。





例えば・・・・・

人間関係の中で、なんだか、居心地が悪く感じる。

みんな、自分のことをどう思っているのか・・・、もしかしたら、私はここには参加しないほうが良いのではないか・・・・

みんな、楽しそうにしているけれど、本当は、わたしのこと良く思っていないのではないか・・・・みんなを疲れさせてしまっているのではないか・・・・

あんなこと言ってしまって、空気を乱したかなあ・・・・、もっとこうしたほうがよかったかなぁ・・・・

そして、あなたはどんどん悩んで、悶々としてしまう。

それはすべて、あなたが自分の心の中で作り上げたものであって、真実の事柄ではない。

ここでの真実に目を向けるとするならば、

みんなで過ごした時間の中で、分かち合った思いや、味わったお食事や飲み物の感覚、話した内容から受け取ったそれぞれの感情、それを、共有した時間の密度・・・・

そこから感じたあなたの感情。

ほっとした・・・とか、緊張した・・・とか、楽しかった・・・とか、ためになった・・・とか、いろいろ気づきがあった・・・とか、居心地が悪かった・・・とか、

それだけが、真実。

それが、良い感覚であれ、良くない感覚であれ、

その真実だけを、味わうこと。

そこから、自然発生的に「妄想」が沸き起こってくるから、それはもう止めようと思っても、止められないものなので、それが、「現実には存在しないものである」と「知っていること」が大事。

知りながらにして、ただ見つめ流していくこと・・・・、やり過ごしていくこと。

すると、「ああ、幻想だった。」と気づくことができるので、「現実にちゃんと存在する」という「真実」に意識が戻ってくる。

まずは、気づくことが最初の一歩。





などなど、などなど・・・・・

個人個人、持っているものが違うから、すべてを例としてあげることはできないけれど・・・・・

それぞれが、それぞれ、あるはず。





でも、すべては意識できる範囲の下で起こっていることなので、よっぽど内観に熟達していないと(熟達していたとしても)、難しいもので、知らずにその「マインドの罠」にはまってしまって、それにはまってしまっていることにも気づかない。

気づくためには、ときには誰かの助けも必要になってくる。

すべての人間関係を通して、自分自身のその「ネガティブな妄想」や「心の癖」が、必ず現れてくる。

それを、見つめることで、自分への理解が深まっていき、そして、理解してあげることでその「心の癖」は自然と変容していく。

でも、際限なく続くので、その作業を神聖なものとして、一生の学びとして楽しんでいくことを心がける。

いつもの癖で「ああ、わたしはだめだ」とジャッジするのはとても簡単。

すると、また、どんどん新しいネガティブな「心の癖」をつけていってしまう。

でも、ジャッジ無しの目線で「理解すること」によって、あなたは変容していく。

すると、妄想や幻想に、心が惑わされなくなる。

真実ではない、実際には存在しないもの(マーヤ)には、心を揺さぶられないぞ!、という意志を持つことができる。

すると、ぶれない自分が見えてくる。

周りの人間関係の中から、自分という人間への理解が深まる。

これが、一人ぼっちで、無人島に住んでいたならば、まったく成長は期待できない。

生きているこの世界に存在する、周りのすべての人々は、知らず知らずに、助け合って支えあって、魂の成長を刺激しあっている。




まずは、気づきを受け取ること。

受け取る準備を整えること。

自分を理解するためには、視点を変えていくこと。

その智慧を持つこと。

起こっている心の中の問題や、状況の居心地の悪さ・または良さから、自分を知っていくこと。

「真実」のみを信じる勇気を持つこと。





ありのままで、あるがままで、自由に、本来のわたしの魅力を活用して生きる = ぶれない心を持つ

ために、わたしが、人生をかけて、とことん、学んでいることです。

とても、意義あり、意味のあることだと感じています。

あなたのお役に立てますように。



セッションのご案内。
自信をもって、大きな愛を持って、わたしの経験をシェアさせていただきます。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html


合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ















posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:57| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

1/10メッセージ


さあ、転機のときです。

使い古した「考え方・想い癖」から卒業するの。

それらは自分で自分を不幸にしている「古い妄想」。

とっくの昔に終わっている「感傷」の中にいつまでも浸っているうちにどんどん年をとっていく。

いまは「いまのわたし」で生きていい。

さあ、内なるスイッチを切り替えて。

時間は前にしか進まないのよ。

大丈夫。まだ間にあうから。



ヒーリング・ソウルリーディング セッションのご案内。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.htm


me (2).jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

古びたひと呼吸から 新しいひと呼吸へ

Let go......,
release the past, doubt, fears, and move for with your heart filled with love and gratitude.
Get ready to leave from a old breath toward a new breath.


過去は置いて行きなさい。

疑念も、恐れも、ここに置いて行きなさい。

さあ前に進む準備をして。

ハートを愛と感謝で満たして。

古びたひと呼吸から、新しいひと呼吸へと

向かって行きなさい。


ミュンヘン7.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

11/30 メッセージ


どんなに大きな愛を与えられても

愛を受け取れず 

ポロポロ ポロポロ

落としてしまっているよ

よく見なさい

そして

いつでも 受け取れる 準備を整えていなさい

わたしは いつでも与えている

あなたが 満たされない理由は

あなた自身


天空の空.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

エゴを活用できないかな


今朝の日の出の時間の天空の森では

美しい雲海と、ピンク色の朝焼けに染まる南アルプスが

一日の始まりのサプライズをくれました。

毎日が、ありがたいです。

ご縁のある皆様の、平和と安らぎを心からお祈りしております。

合掌


雲海.jpg



わたしについて。

10月1日の新月から続いていた、一連の関連する変容が、昨日、ひと段落したように感じています。

その間に訪れた、新月も、満月も、とてもとてもパワフルで、

大変、重要な学びがいくつもあり、

宇宙のリズムに乗っていることが、よくわかりました。

今回の学びはわたしにとってとても核心的で、

いま、目の前に広がっている、これからの未来に向けての無限の可能性に向けての

私自身をフル活用していくことに、つながりました。

一度、しゃがんでみることで、大きく跳ぶことができるし、

しばらく、サングラスをかけていることで、光をしっかりとみつめることができる。




こういった変容や魂レベルでの進化の時期には、

自己内観をきちんとすることの重要さを、強く感じます。

そうじゃなければ、なにも気づけない、学べない、向上しない。




わたしが感じますことは、

「エゴ」も、使いようによっては「よい個性」になるということ。

「エゴ」をそのまま、放牧していれば、それらに振り回されてしまうのだけれど、

その暴れん坊の「エゴ」を、うまく平和的・調和的方向に向けていくことで、

「魅力」になるのだな、と感じます。

だから、

今回の人生でご縁の深い分野であります、ヨーガの教えでも仏教の教えでも

「エゴを失くすよう!」とても重要視して説かれていますが、

でも、「エゴ」って、無くならないと思いますよ。

きれいさっぱり無くなったら、なんの学びもなくなって、人間じゃないですから。

それを「悪いもの」と捉えて、嫌悪して、自分という人間に後ろめたさをいつも感じていて、

「持ってちゃだめだ!」というジャッジメントで、自分をいつもいつも裁き続けていたら、

人生は、本当にがんじがらめで、とても窮屈で不幸せだと思います。

そう思いませんか?



わたしの解釈では・・・・

「エゴ」を暴走させるのではなく、それを善き方向に活用していく。

そうすることで、もうその、かつての「エゴ」だったものは、自然と形が変わって、もはや「エゴ」という形ではなくなる。

そして、それは、その人の「個性」であり、「魅力」に変わっていくということ。

そうすると、

無くそう、無くそう、削除、削除・・・・・と、自分を戒めて、裁いて、自分を認められないで生きているよりも、

よっぽど、建設的で、未来創造的で、平和的だ、と思うのです。



ピースメッセンジャー
ラクシュミナラヤニ ユキ




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

11/18 今日のメッセージ


Be present, be your nature.

変化の波のとき

揺れても ブレて ぐらついても

ダイジョウブ です

信じるのよ 信じるの

あなたらしく 生きなさい


空.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

新しい幕開け



人生において

永続的なものなど なにもないのだ

すべては 変化していく

それならば 

なぜ そんなに 深刻にしがみつく必要がある

いま 苦しみに 溺れているとしても

それは 永遠に続かないと 確信をもって断言できる

だから そんなに 思い悩んで さらに 苦しくなる必要ない

いま 幸せの絶頂に いるとしても

やはり それは 永遠には続かない

だから 恐れることなく 幸せを味わったらいい

「いま」という 瞬間を たっぷりと 堪能したらいい

いつか 変わってしまうのだから 

「いま」を 楽しみ尽くしたらいい



なにもかも 笑い飛ばそう

そんなに なにもかもを 「大変だ大変だ」と

深刻に 受け取って さらに 苦しくすることはない

楽があれば 必ず 苦もあるのは あなたも承知の通りなのだから

あなたが あなたを 微笑みながら 見守っていると思って

「生きる」ことの あらゆる「すべて」を 楽しもう



*****************


素敵な時間を過ごしました。



武田の杜2.jpg



新たな時代のファンファーレが鳴り響いた感じです。

これからは、愛の概念が変わっていくでしょう。

認めあい、智慧を出しあいながら、

決して、交わることのない、水と油・・・陰と陽・・・対局するものたちが、

交わらないことを楽しみながら、うまく調和をして 働いていくのでしょう。



武田の杜1.jpg



新しい幕開け。

素晴らしい世界。

合掌


2016.9.29.jpg








posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

生きるということ



「あの人のように、なれたらいいのに」と願うのは、

叶わない願いだと、言ってしまおう。

「あの人」を目指してがんばっても、「あの人のように」はなれない。

だって、あなたは、あの人ではないから。

あなたは、「あなた」にしか、なれない。

あなたがなるべき、その「あなた」は、今現在のあなたではないかもしれないね。

もっと、もっと、無限の可能性を秘めていて、もっと、もっと、あなたの知らない才能を備えている「あなた」かもしれないね。

だから、「ほかの誰か」を「理想」として目指さなくてよいと思うの。

あなたは、「あなた」という存在を、しっかりと生きていったら、よいと思うの。




「いくら頑張っても、あの人のようには考えられないし、あの人のような生き方は真似できない」

そう、あなたは言う。

そのとおりですよ。

あなたは、頑張っても、頑張っても、目標とする人のようにはなれないし、その人のような生き方は真似できないでしょう。

だって、あなたは、その人にはなれないのです。

あなたは、あなたになるしか、ないのです。




あなたは、なにかに、没頭して、とても勉強して、学んで、

その分野の叡智や知恵を習得して、それを自分の糧として頑張ってきたのかもしれない。

でも、それは、あなた自身の光ではなく、なにかほかの光を、ただ借りているだけ。

偉人や、聖人や、先駆者の言葉をそのまま信じて、その人の生きかたを真似しようとしているだけ。



それでもね、最初は、良いと思う。

その、本来の自分ではない光を借りて、とても、有効に人生を生きている!と感じるかもしれない。

知識も増え、人望も増え、信じられるなにかを得て、その叡智を他者に分け与えようとするのかもしれない。

その智慧を使うことで、いろんなひとから、感謝されるかもしれない。

それこそが、わたしの生きる道であり、これこそが、わたしを輝かせる手段である!・・・と思うのかもしれない。

最初は、それでよいかもしれない。

でも、だんだん、居心地が悪くなってくる。

だんだん、苦しくなってくる。

でも、なぜ、苦しいのか、息苦しいのか、わからない。

「これこそが、わたしの光!」と信じているから、そこから離れることは、もはや考えられない。

それは実は、本当の自分自身の輝きではないのだけれど、それがないと、もう、自分でないような感じがしてしまう。

でも、信じている「それ」を、否定されると、とても腹が立つ。

この記事を読んでいて、イライラして、ムカムカするのは、もしかすると、あなたの図星だからかもしれない。

これこそがわたしなのだ!と信じている「それ」から離れることなど考えられないのだけれど・・・・

でも・・・・・、苦しい・・・、窮屈・・・、とても疲れる・・・。

なぜだか、わからない。

ずっと信じていたから、これからも、ずっと信じていきたい。

「わたしはこれで幸せなはず」と言い聞かせてはいるものの、

本当に胸を張って、そう断言しているかどうかは、ハートが少し疼いているような気がする。

でも、この噛みあわない感覚は、気のせいだと思いたい。




それは、もしかすると、

あなたが、その本来の自分の光ではない、ほかのものを借りているから、

その結果、あなた自身の光を、自分で殺しているから。




そっくりそのまま、それらを真似して、その通りに生きるのではなくて、

それらを使って、あなたの「あなたらしさ」を磨いていくのです。

だから、教科どおりのことを信じて行うのではなくて、

それを通して、あなたという存在をよりセンタリングしていき、

本来のあなたの「神聖さ」から、答えをみつけていくのです。

そこには、執着や依存はなくていい。

もちろん、それらを愛してもよいのです。

でも、それに自分のすべてを捧げることとは違う。

誰かを目指さなくていい。

なにかの叡智にしがみつかなくていい。

あちこち、新しいものに手を出して、これ以上、混乱しなくていい。

あなたは、自分の光を輝かせてください。

「あなた自身」になるのです。

あなたが、あなた自身になるための、

そのお手伝いを、わたしはしたいのです。



ベネチア11.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

心の自由とは


目につくこと・・・・、感じていること・・・・、

から、「なにを学ぶか」。

対象はいつも、それを見せてくれるだけで、わたしはそれに心を波立たせる必要はない。

たとえ、ジャッジメントを誰かから感じたとしても、

わたしは、その人をジャッジしない・・・・・

ということを、学ぶレッスン。

ジャッジメントの檻の中で苦しむ地球の家族に、愛を送ろう。

ゆるすこと。自分へも、外界へも。

それが、自由だ。


バラ.jpg








posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

ハートを柔らかくして・・・




好きなことしたらいいと思うよ。

「幸福に感じるか?」
または、
「やるべきことだからやらなければいけないのか?」

その観点で感じてごらんよ。

迷ってもいいけど、楽しく迷えるよ。



まずは、自分を幸せにしなければ。

他人の幸せのケアは、あなたの幸せから出てくるんだよ。

楽しい、幸せ、やりたい!と感じることやって、なにが悪いのさ。

まわりが気になる?

なんで?

なんで、気になるの?

そこに、なにがあるの?



あなたが言う「やらなきゃいけないこと」って、本当に、やらなきゃ生きていけないのかなぁ?

生きるって、本当に、それが必要なのかなぁ?

「時間がない」のは、本当にないのかなぁ?

今回の人生で大切なことは、「あなた」を生きること。

誰かが決めたルールに沿って、やるべきことを、やるために生きるのではないということ。

生活の中に蔓延している「ねばならない」というあらゆるものに、「あなた」をすり替えてない?

「あなた」は「あなた」を尊重して、大切に生きるということ。



失うものなんて、本当の意味で、なにもない。

あなたが、失うことを怖がって、あれこれにしがみついているせいで、

あなたは、あなた自身を見失いかけている。

本当は「あなた」以外は、何も持たなくていいのに

「あなた」じゃないものばかりのコレクションを増やして、それを自分だと思っている。

そして、それらを失うと困っちゃう!と思っているけれど

でも、実はそれほど、困らないと思うな。生きるのには。

一番大切な真実の意味での「あなた」は失わないからね。



大丈夫だよ、ちょっとくらいワガママに生きたって。

おいでよ。

怖がることないよ。


11147893_10153206828822716_4057713164872578006_n.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

4/22満月のメッセージ


「満月のメッセージ」



赦すことで あなたは自由になります

慈しむことで あなたは愛に満たされます

赦しなさい、そして、慈しみなさい。

手放しなさい。

華が散るように、なんのためらいもなく・・・・。

軽やかに。軽やかに。






FB_IMG_1459163220363.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

4/14 降りてきたメッセージ


人生は、後ろには戻れないだろう?

だから、あなたには、ふたつの選択があるね。



いまの場所にとどまり、いつまでも、もがき、苦しみ続けるのか、

または

そこを超越して、前に進んでいくか。



前はいまは見えない。

人間は、未知なるものに恐れを抱くから

まだ見えない「この先」に進むのは怖いだろう。

でもその「恐れ」は妄想。

真実ではないだろ?

真実とは、不変なるもの。

恐れは自分が作りだしている、偽りのものだ。

真実とは・・・・・なにがあっても変わらず持ち続ける、不変なる「あなた」。

信じるんだ。 それを。



あなたには、二つの選択肢がある。

あなたは、自分の力で選んでいくんだ。

あなたにはその力があると

わたしは、信じている。



11242788_10153502383117716_1855528729676578859_ns.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

4/4 降りてきたメッセージ



「4/3 今日のメッセージ」

どうして、あなたは、難しくしてしまうのでしょうか?

幸せとは、とてもシンプルです。

あなたのマインドは、あれこれ、理屈をこねて、

シンプルなものを、あえて、難しく、こねくり回して、絡み合わせてしまっています。

それでは、なにも、見えないでしょう。

なにを、そんなに、

考え込んだり、遠慮したり、ためらったりする必要があるのでしょうか?

社会があるからですか? 見えないものへの不安からですか?

幸せは、頭で考えて勝ち取るものではないのです。

ただ、シンプルに、

ハートで「喜び」を選んだらよいのですよ。



ハリドワール18.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

温泉浴のコツ・自分と地球を癒しちゃう


久々に・・・・・・

わたしの生活の中での、智慧をシェアさせていただきますね。



身体の調子が悪いとき・・・・・

心の調子が悪いとき・・・・・・

人生の状態がおかしいとき・・・・・

温泉に入って、バランスを整える、「湯治」は、本当に効きますよ。

昔の人は、きちんと地球と神とともに生きていたので、こういった自然の恵みを当然のように受け取っていたのでしょうね。




温泉に、ただ入るだけでも、もちろん、心身がリラックスされるのですが・・・・

わたしがいつも、温泉に入る時に行っている「コツ」をこっそり教えちゃいますね。




まず、お湯に入りまいして、お湯が身体にまとわりついてくるのを、感じます。

そして、水の精霊さんにご挨拶します。

「どうも〜、今日もよろしくねぇ〜」(わたしは結構、軽いです(笑))

そうすると、水の精霊さんも、「お!?あんた、反応ある人間なのねぇ〜」とちょっと嬉しそうになります。

そして、わたしは、まず、わたしが浸っている、この温泉の水を癒します。

癒し方・・・・・・? わたしは、自分なりのスペシャルなやりかたでやっていますが、もし、みなさんに、簡単なやりかたをアドバイスするとしたら・・・・



<やりかた> → 水の精霊さんにごあいさつした後、手のひらから光を放射しているとイメージして、いま自分の身体が浸っているお湯に、キラキラの光を満たしていきます。そして、「水は癒されていきます・・・」とイメージします。そして、「その光に満たされた水が、わたしを癒している・・・」とイメージして、心から感謝して温泉を楽しんでください。




そんなかんじでーす。 簡単でしょう? 

地球も癒されるし、自分も癒される・・・・与えて、与えられて、完璧な循環です☆

温泉のお湯はあとからあとから、継ぎ足されてくるのですが、水の精霊は繋がっていて、いつも同じですので、毎回、お風呂に入るたびに

「またきたよ〜」

と言って、挨拶します。





地球の体液である「温泉」は、本当に、癒し効果が高いですので、身体・心・魂の癒しに効果的です。

わたしのこだわりは・・・・・

「源泉かけ流しの温泉」

その言葉の意味もよくわからないのですが、でも、感じてみると、源泉かけ流しのほうが、わたしの身体への反応がよいです。

そして、「露天風呂」。

しかも、タイルとかじゃなくて、ワイルドな岩がゴツゴツある露天風呂がいい。 

巨石だとなお、いいです。

ヒノキも、いいですね〜。

でも、パワーストーンやクリスタルなどを置いている温泉がありますが、あれは、場所によりますね〜。

中には、がっつり、痛みやネガティブを記憶してしまっているパワーストーンもあるのでね、

そういうところの温泉では、わたしはまずは、わたしの光線でクリスタルの浄化をして、クリスタルのエネルギーを活性化させる・・・・というお仕事から入りますね。

すると、わたしの身体へのポジティブな効果もあがります! だから、無償やってもバシバシちゃんと反応します。

あとは、

海水の温泉だったら、最高に波動がよいです。

本当は、実際に、海にドボーン!と入るのが、わたしにとっては一番最高のバランスチューニングなのですが、

いまは寒いですし、丸裸にはなれないので・・・・・。

(本当は、自然の中で丸裸になるのが一番癒されるんですよ・・・)

海水の温泉は、古代の地層から出てきているお湯なので、お湯に入っていると、本当に、すごいエネルギーがわかりますよ。




ちょっと、話がそれましたが・・・・・

そんなわけで、温泉に入る時は、水と地球を癒すことで、自分も癒される・・・・という、

与えて、与えられるという素晴らしい循環の法則で、温泉を楽しんでみてください。

とくに、ヒーラーさんはなどではなくても、だれでもできるんですよ。

それって、思い込みじゃなーい?なんて思ったとしても、誰にも迷惑かけないし、自分が言い気分になるのだったら、思いこみでもよいじゃない?

自分を信じてやってみてくださ〜い。



知林ヶ島9.jpg













posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

3/23 満月のメッセージ



わたしの息吹は あなたを優しさで包み込みます・・・・・



あなたが やりたいこと・志している方向を

もう一度 きちんと 感じてみてください

それは 本当に あなたが「心から望んでいること」ですか?

そのほうがいいだろう・・・・そうするべきだろう・・・・みんな(あの人)が喜ぶだろう・・・・誰か(あの人)のために・・・・

そんな想いで 行動していませんか

実際のところ

あなた自身が 「心から 望んでいること」 と 

誰か(なにか)の「期待に沿って 認められたいこと」 を

取り違えて いませんか



大切にしてください あなた自身が 「なにを望んでいるか」を・・・

あなたが 本当に喜ぶこと 嬉しいことを 選択してください

もちろん

世の中には 選択の余地がないときもあります

でも

選択できるときも あるはず

選べる状況ならば どうか あなたが本当に望んでいることを 与えてください

でも よくみれば

いつでも 勇気を出せば 選ぶことはできる ということも わかりますね




わたしは いつも 見守っています

わたしの 息吹は 愛となり 光となって

あなたを いつも 包み込みます・・・・・



FB_IMG_1457964751947.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

春分のメッセージ


<春分・メッセージ 2016.3.20>



宇宙のリズムから感じてみますと、今度の2016年3月20日の春分は、陰と陽の調和を促し、魂レベルで新しくなることを願うかたへ、より宇宙がサポートしやすいタイミングのようです。

古いパターン、使い古した考え方、固定観念を手放しましょう。

手放さなければ、新しいものは手に入れることはできません。

そして、長い間、こだわり続けていた私たちは、この宇宙のリズムでいう変容のタイミングの中で、心と体が大きく抵抗をすることがあり、それが、体調の変化や、心の状態の不安定へとつながることがあります。

どうぞ、「大海の中に落ちたひとしずく」になった気持ちで、自分の中に起こるすべての出来事・・・痛みも幸福感も・・・を傍観し、恐れずに、身をゆだねることです。

繰り返される古い思考パターンや、もう必要のない人間関係の癖、習慣化してしまった人生の見方など・・・・、見直してみましょう。

まずは気づかなければ、手放すことはできません。

これまでのやり方、考え方ではこれからは通用しないことに気づき新しい自分の法則=ゆだねること・・・をみつめなおしましょう。

あなたが、使い古されたパターンや様々な関係性・・・にしがみついているうちは、霊的な成長をすることは難しいでしょう。

そして、昼と夜の長さがほぼ同じになるこの春分のタイミングで、あなたの中の・・・陰と陽、男性性と女性性、闇と光、受容と表出・・・など、すべての相対するものの、バランスをとることも意識してください。

あなたは、なにに、こだわっているのでしょうか。

良いも悪いもなく、判断やジャッジや競争から、真実の意味であなたは満たされることができるでしょうか・・・。

あなたの持つすべてのもの、すべてのパーツ、すべての経験、良いも悪いもすべて、愛し、受け入れ、許していくことです。

より、統合され、人間としてどう生きていくかに目覚めたあなたになり、人生の見方と捉え方を、より幸福な方向へと導くため、宇宙はサポートしています。

宇宙のリズムに同調し、より、本来のあなたらしく生きていけますように。

いつでも最善をお祈りしております。

合掌

P.S.
イベントのお知らせ。
4/7(木)19:30〜 新しい自分をスタートする 新月瞑想会
場所:天空の森ヒーリングスペース


Facebookのイベント記事はこちらです。
https://www.facebook.com/events/464127590444358/?active_tab=posts

このブログにイベント記事はこちらです。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/420951276.html



光と空.jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

3/18 降りてきたメッセージ


「3/17 降りてきたメッセージ」

女性たちよ、目覚めなさい。

あなたの秘めたるエネルギーを、解放するときが来ました。

どうか、どうか、恐れずに、ためらわずに、

あなたの「魅力」を受け入れ、

思う存分、それを楽しみなさい。

***

男性たちよ、気づきなさい。

支配したいという欲求や、自分の観念を曲げることのできない頑固さを認め、

そこからは、

なにも、霊的成長はなされないことを、学びなさい。

より調和的な、自分の中の「女性性」を尊重しなさい。

***

急ぎなさい。

わたしたちは、すでに、遅れてしまっている。

でも、まだ

遅すぎるということでは、ないはず。

さあ、恐れなくていい。

クンダリーニを目覚めさせ、創造性を花開かせるのです。

女性よ。 

目覚めなさい。

男性よ。

気づきなさい。



FB_IMG_1457965143093.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

2/26 メッセージ



そうなんだね、君は傷ついたことがたくさんあったんだね。

そして、また、いろいろなことがあって、傷ついたんだね。

うん、わかるよ。

君はいつでも、傷つく準備ができているんだ。

なにか出来事起こる、または、誰かがなにかを言ったり行ったりすることが、しばしば君を傷つけるんだね。

君は、いつでもその準備ができているから、とても簡単に傷つくことができるんだよね。

そんなに、構えなくていいんだよ。

君はとても誠実だから、なにか起こるたび、なにか言われるたびに、それをとても重大に受け取っているんだね。

カチコチに受け取ったなら、それはとても重たくて土砂降りのように痛いだろうけど、

もしも、緩やかに空気のように受け取ったなら、小雨のようにふわりと纏うことができるんだよ。

君がそう望むなら、傷ついたらいいよ。

でも、それは、君の選択だから、誰のせいでもないのだよ。

そんなに、深刻にならなくていい。

君は、傷つかないという選択だってできるんだよ。



きみの人生は、いつか、終わるのだよ。

永遠に今のこの人生は続かないのだよ。

期間限定の、旅行をしているのだと、楽に感じてごらんよ。

力を抜いてごらん。

そんなに、こだわることないじゃないか。

あなたが、断固としてすべてを笑い飛ばしていたなら、誰もあなたを傷つけることはできない。

楽しみなさい。 

一息、呼吸するごとに、確実に「人生の終わり」は近づいているのだ。

良いも悪いも、あってあたりまえさ。 人生はそういうものだ。

何が起こっても、誰に何を言われても、傷つく準備をして構えていることはない。

傷つくことを選ばなくていいんだよ。

現れては消える、あぶくのように、そのすべては消えて、流れていくのだから。

笑い飛ばして、しまいなさい。

どうせ、消えていくものなのだから、そんなものにしがみつくことはない。

過去に傷ついた出来事も、もう、いまは必要ないだろう。

それらはもう、存在しない。

いつまでも、「傷ついた経験」にしがみつかず、手放して、自分を自由にしてあげなさい。


12096581_10207676425098386_8430774835908119098_n[1]s.jpg











posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

2/19 降りてきたメッセージ



あなたが認識している、あなたの「影」「闇」「ダークネス」を

うまく利用するのですよ。

見たくない、触れたくない、隠したい、無かったことにしたい、変えたい、変わりたい・・・・、

あなたがすでに認識できている、そのダークネスのすべてを、

上手に手なずけなさい。

それらはもともと、自分の一部なのだから、

切り離そうと必死になってもがくよりも、

理解して活用するほうが、よっぽど建設的でしょう?

それらを嫌ってはいけないよ。

そこから、新たな「光」「開花」「真性」が生まれるのだ。

それこそが、本来のあなたの純粋なる知性、秘めたるパワーであり、

そして、実は、

ずっと探し求めていたものに、一歩、近づくことなのだよ。

「ダークネス」を歓迎しなさい。

思い切って、両腕を広げて、迎え入れなさい。

そして、嫌っていたあらゆる「影」「闇」を、

「自分の個性」として、愛してごらん。

ほら・・・・・、

ハートが開いて行く・・・・・・。



ふれあいサンセット2








posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

2/16 メッセージ



闇と向き合うこと、光を受け入れること

それを、恐れずに生きなさい。



愛を受け取ること、愛を表現すること

それを、恐れずに生きなさい。



あなたらしく生きること、あなたがあなたで存在すること

それを、恐れずに生きなさい。



私たちに与えられた時間は限られているのだよ。

すでに、もう、出遅れているのかもしれない。

急ぎなさい。

後回しにしている、時間はないだろう?

人生は一秒ごとに、確実に終わりへと向かっているのだ。



さあ、恐れずに、あなたらしく生きなさい。

ためらわず、生きなさい。



グアテマラ13.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

2/10 降りてきたメッセージ



完全に力を抜いて、身を任せたらよい

まるで、水にプカプカ浮いているように・・・・

「始まり」は、常に不安がつきものさ

なぜ、足踏みしているのだ

その不安はどこからくる?

なにかを失うかもしれない恐れ?

もともと、わたしたちは裸で生まれてきて、死ぬ時も裸だ

なにを失うことを、恐れているのだ?

傷つくのが怖い?

傷つく・・・という確証はどこにもないだろう?



始めなければ、なにも始まらない

やってきたギフトなのに、箱を開けるのを怖がっていたら、なにも手に入らないだろう?

さあ、リラックスして進みなさい

未来は、とことん、あなたの味方だから

大丈夫、身をゆだねてごらん

あなた自身が引き寄せた、この流れだよ

その流れに、プカプカと、ただ、委ねたらいい・・・



ヴァルカラ18.jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

1/27 降りてきたメッセージ



「観念」「概念」「ポリシー」「思いこみ」「プライド」

全部、手放してごらん。

そんなものを持ち続けているから、「エゴ」が育つんだよ。

自分の「エゴ」を失くしたい・・・・と言うのなら、まずは、「観念」を手放すことを許してあげなければ。



・・・・・・・・・・わかっているよ。  

怖くて、手放せないんだろう?

それをずっと持ち続けて生きてきたから、

それが無くなってしまうことが、想像できないのだろう?

そうだね。

人間は、未知なるものへ恐れを抱くものだからね。 

その恐れは、とても自然だね。

でも、恐れは「抵抗」でもある。

その抵抗はなにに対しての抵抗か?

それは「変化」に対しての抵抗だ。

それを手放せば、「変化」するのだ・・・・ということを、本当はあなたは、深層ですでに知っているからこそ、

そこに、恐れが現れるのだよ。

わかるかい。

「変化」は怖いものではない。

わたしたちは、魂の進化のために、この地球に生まれてきたのだよ。

変わることは、進化することなのだよ。

手放しなさい。 

「観念」は進化には必要ない。



わたしたちは、この地球に生まれた時、丸裸でやってきた。

そのとき、「観念」も「プライド」も「エゴ」も、なんにも持っていなかったはず。

人間界で生き、時間を重ねていく中で、それらを、自分にペタペタと貼り付けたのだろう?

必要ないじゃないか。 

それは、生まれた時から持っているものではない・・・・・あなたそのものではないのだから。



「その先になにがある?」なんて、考えなくていい。

その先は・・・・・・、先に行ったものにしか、わからない世界がある。



人を羨む必要なんてない。

自分を責める必要なんてない。

他人の幸せを見て、自分の不幸せにがっかりする必要なんてない。

あなたは、もとから完璧な存在として生まれてきているのだから、

そこに、ただ、戻るだけなのだ。

たくさん、貼り付けてしまった「観念」「プライド」「ルール」「概念」というラベルを、取り外していきなさい。

丸裸になったって、あなたは、あなた。

丸裸になって、はじめて、自分の本当の幸せとはなにかが見えてくるだろう。



今はまだ怖い・・・・・? なら、それでもいいさ。

いつか、恐れずに進める時がくると、わたしは信じているよ。

そのときに、また、わたしを思い出したらいい。




IMG_20151009_165033s.jpg










posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

1/25 降りてきたメッセージ



責めることも、恥じることも、悔いることも、ないのですよ。

あなたは、その瞬間、瞬間で、あなたのできる最善を生きているのですから。

あなたは、あなただけのやり方で、ベストを尽くしているのですから。

人とは、違う、あなただけのやり方を、他人は理解できないかもしれません。

でも、気にすることはないのですよ。

わたしはあなたを理解しているし、あなたも自分自身を、理解しているはず。

あなたは、とても真摯に、人生と向き合っているのだから。

愛しているよ。

いつでもそばにいるから、心配しないでいい。

「いま」に居なさい。

幸せに生きなさい。



ヴァルカラ6.jpg












posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

1/10 降りてきたメッセージ



力を抜いてごらんなさい。

いいじゃないか、全員に理解されなくたって、全部を認めてもらえなくたって。

それは違う、と意見が食い違う人が現れても、反論することはない。

「そうですね。 あなたが正しいです。 私は間違っていますね。 謝りますね。 ごめんなさい。 だから、わたしに私なりの生き方をさせてくださいね。」

そうやって、解放したらいい。



sambhodi夕陽.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

12/20降りてきたメッセージ



あなたが「正しい」と思うことと、違うことを信念として持っている人がいても、

「それは違う!」と、他者の生き方を批判する必要はないのだよ。

あなたは、その他者の信念を見て、改めて、自分の生き方を学ばせていただいた・・・・ということなのだよ。

「そうじゃないと思うなぁ」と感じることがあったならば、それは、

改めて、自身の信念の軌道確認しているということであるから、

他者を批判することで、自分を正当化する・・・・というような、

愚かなことは、しなくていいのだよ。

他者を批判すれば、宇宙の法則にて、いずれ、あなたも批判されることが起こるだろう。

あなたは、他者の生き方・考え方を見て、それが自分の信念と相違していたとしても、

それを学びにして、ただ、自分の軸を強くし、しっかりと保っていけばいい。

他人の人生を批判するのではなく、そこから学ぶことを、きちんと受け取ればいい。

そうすれば、すべては、感謝になり、「許す」ということ・・・「慈悲」に至るだろう。

目線を変えてごらん。

冷静に、頭を切り替えるのさ。




夜明けと花.jpg












posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

12/9 降りてきたメッセージ


12/7「降りてきたメッセージ」



いま、目の前にいる人の話をよく聞くことです。

ただ聞き流すのではなく、

この人からこの話を聞く機会を引き寄せている、自分の立ち位置をよく感じることです。

目の前のその人は、ただ勝手に自分のことを話しているのではなく、

あなたにとって、意義のあるヒントを、

天が、その人を通してあなたに伝えているのだと思うのです。

その人が話す内容のなかで、なぜだかピンとくることは、

それは、あなたのハートに響いていることです。

あなたの成長のための天からのメッセージです。

注意深く、誠意をもって、目の前にいる人の話を聞きなさい。

不必要な出会いや、無駄に過ぎる時間など、存在しないのです。


屋久島ガジュマル.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

12/6 降りてきたメッセージ


12/6「降りてきたメッセージ」



本当に必要としている者にだけ、与えたらいいのだよ。

あなたは優しいから、みんなに与えたくなるのでしょう。

でも、

求めていない者、聞く耳を持たない者に与えることは、

その者を、逆に苦しめてしまうだろう。

そして、あなた自身も傷つくことになるだろう。

それは、あなたの愛をエゴに変えてしまうということなのだよ。

それは、本当の意味で優しさではないでしょう?

だから、

必要なのだ、と助けを求めてくる者にだけ、与えなさい。

そうでない者には、ただ見守って、信愛を込めて微笑んでいればよい。

あなたの愛は、今すぐ、は難しくても、

時が来れば、伝わるのだから。



s191.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

11/3降りてきたメッセージ


そろそろ、荷物をおろしなさい

他人からの期待に応えようとすることや

誰かを悲しませないように自分の個性を犠牲にすることや

周りが見ているであろう自分の像を保とうと努力することや

自分を忙しくさせている、捨てきれないその感情や

妄想からくる不安に対処しようとして迷子になっていることや

すべて、この先のあなたには必要ない

その、自分で作り出している重たい荷物を降ろして

ここから先は、軽やかに進みなさい



ヘビ島.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

10/28降りてきたメッセージ



あなたの生きたい人生が、簡単に開いて行くといいですね。

それにはまず、あなたが

「どんな人生を生きたいのか」

それについて、明確にしなければ

宇宙はあなたに、手助けしたくてもできないのですよ。

まずはあなたが、

「生きたい人生」を明確に望むことです。

そうすると、宇宙の愛は、その方向に注がれ始めます。

大丈夫。 

怖がらずに、自信をもって生きてください。


天空の空.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする