2020年12月09日

(ぶらり旅)奄美ナイトブルー



「つぶやき・奄美ナイトブルー」


雨が降っているというのに、でもなんて美しい青。

この雨じゃ加計呂麻グレーなんじゃない?とつぶやきながら車を走らせて来たら、

いやいや、雨でもちゃんと「加計呂麻ブルー」だった。感動。

晴れていたら、どれほど「ブルー」なのだろうか・・・と想像してまた、感動。



奄美ナイトブルー.jpg



ここは奄美大島・瀬戸内町。加計呂麻島に寄り添う玄関口。

徳之島での1週間のライトワーク・シャーマンお仕事を終了し、昨日、フェリーで奄美大島に移動してきた。

この一ヶ月余り、無視できないほど強烈に徳之島に呼ばれ、ビジョンも声もバンバンやってきて、

もう腹をくくって、一週間程前に、空を飛んできたのだった。

理屈での理由もわからず予備知識もなく、スピリットの声だけを信頼して。



ノープランの真っ白な台本だったわたしの旅は、

一瞬ごとに点と点が繋がっていき、

糸と糸が紬ぎあい、

すべてが一つの誤差もなくピタリとはまったら、

豪華な大輪の華となって、

そしてわたしは、なるほど。

今回の奄美群島でのお役目の意味が分かったのだった。



昨日、発つとき、徳之島にも引き留められ、あわやフェリーに乗り遅れるか、のハプニングのあと、出港数分前にギリギリ滑り込み乗れた。汗かいた。

かと思ったら、本当は今日、羽田に飛び帰るつもりだったけれど、いやどうしても瀬戸内に行けと、体を張って止められた。スピリットに。

そして、飛行機に乗る代わりにレンタカーを借りて、ワイパーのリズムをBGMに、南へ南へハンドルを握った。

いま、

古民家を改築したオシャレで心地よいゲストハウスに一人座って、あちこちの窓からの雨の音と、軋む古民家の声を聞いている。(この町は自粛中で他に宿泊客はいないので貸切だ)



こういうの、最高に楽しい。これだから、ノープランのひとり旅はやめられない。

計画を立ててしまったら、なにも聞こえない、なにも見えない、旅の本当のギフトを受け取ることはできない。

そして、この奇跡のような旅は、一人じゃないとできないんだ。



最近私は、日本人の20代30代の若い子たちと話をする機会が度重なってあり、若者たちをとても見直している。

この旅でも、若く真っ直ぐな人たちと何人か出会い関わった。

この古民家ゲストハウスのオーナーも、若く純粋な青年で、話をすればするほど、そのひたむきさと、恐れなく変化を起こしていく創造性と、

ただ一歩一歩を切ないくらいに楽しんでいる、その姿に頭が下がる思いだ。

日本の若者、いいねいいね。

彼らから、新鮮さのかけがえのなさと、リスクを恐れない人生への信頼は、未来の自分の自画像を描くための絵の具集めなのだ、(色はたくさん集まったほうが、楽しいものが描けるに違いない!)というような「希望」をたくさん学ばせていただいている。



そして、スピリットたちのガイド。スゴかったな、今回の旅も。

かなりミステリアスで面白いドラマだった。

近いうちに、文章を書く練習のため、エッセイにして書こうかな、と思っている。

奄美・徳之島での9日間の私のスピリチュアルアドベンチャー。

出会った人々、起こったすべての出来事、感じたわたしのパワーアップした感受性、シャーマニックヒーラーとしての成長、私の個性と秘めたる魅力に、

ありがとう。ありがとう。ありがとう。



でもタイムアップ。まだ続けたいけれどもう帰らなきゃ。

病気の母が、首を長くして私を待っている。

母との限られた貴重な時間も大切だ。

奄美での最後の夜が、柔らかな雨と逞しい波の音と共にゆっくりと暮れていき、

闇と静けさが、私の持つ一秒一秒の間と、島の持つ一息一息の隙間を、濃く、揺らめきながら、密やかに埋めていく。




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:07| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

屋久島の森



屋久島ダイスキ。

すでにいくつか、目に見える形で出てきてくれた妖精たちをみた、

そして、

感じる形で見えた数え切れない聖霊たちに会った。


ヤクスギランド5.jpg


ヤクスギランド3.jpg


ヤクスギランド1.jpg


ヤクスギランド2.jpg


ヤクスギランド4.jpg


ヤクスギランド6.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:22| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

(動画)口琴・鹿児島






わたしは音階や楽譜を使わない楽器が好きだ。(ダンスもそう。型があると崩さずにはいられない)

シャーマニックドラムや、ハピドラムや、モノコードや、口琴や、シャカシャカなるやつ(名前なんだっけ?)など。

ディジュリドゥも好きだけど、練習不足でまだうまく吹けない。(世界のあちこちへ旅に持って行くのはちょっと難しいから練習できない)

ただ、思いのままに音を奏でるのが、私の性に合っている。

上手に演奏するつもりはないから、ちょっとくらい変でも気にしない。

自分と地球が、気持ちよくなればそれでいい、という演奏。

ギターやピアノやサックスは、聞くのは愛してるけど、型や楽譜の通りに弾くのは、私には向いていない。





昨日、鹿児島に到着して、お気に入りの場所でやっとリラックスしている。

この1カ月、本当にスーパー忙しかったので、しばしの休憩だ。

嬉しいな。

今朝は、海をみながらホテルで朝食を摂っていた。

小さな器に盛ったカットフルーツを、全部食べきれなくて、後で部屋で食べようと手に持ってでようとしたら、持ち出し禁止です、と言われた。

ここで、食べていってくださいと。

「でも、いまはお腹いっぱいだから、食べれません」、と言ったら、

「持ち出し禁止ですから」とひたすら繰り返す。

「ここに置いていったら、捨てるんですよね」と聞いたら

「はい、処分します」と。

「でも、フルーツがかわいそうじゃないですか。捨てるんだったら持って行かせてください。フルーツは捨てられるためにここに来たわけじゃないでしょ。なんでダメなんですか?」と聞くと

「持ち出しはできません」と繰り返す。

納得いかない。

その「規則なので」という日本文化。

好きじゃない。

「なぜ?」というわたしの疑問に、きちんとした答えがないものは、受け入れるのは難しい。

もっと地球レベルで物事を見ようよ。

日本は大好きだけれど、納得いかないことがたくさんある。

ペットボトルとか、ビニール袋とか、プラスチックとか、割り箸とか、アミノ酸とか、農薬とかもそう。

するとパートナーは「ドイツと比べるからフラストレーションになるんだよ。ドイツのエコとオーガニックは世界一レベルだから。日本はアジアの中では環境に配慮してるほうだよ」と言う。

平和的で、比較しない彼の考え方は、私の正義感という名のエゴを、やんわりとたしなめてくれて助かる。





そんな1日の始まりから、静かな小さな島へやってきた。

干潮の数時間のみ島へ続く道ができる、特別な場所。

口琴を演奏すると、すぐに、頭上をトンビが旋回しはじめて、明らかに私に反応しているのがわかる。

地球よ、愛しているよ。

地球にいるすべての命よ、愛しているよ。

わたしの出来ることで、あなたへの愛を世界に伝えていくからね。




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 15:51| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

ぶらり旅・愛知・迫間不動尊



愛知・迫間不動尊。

すっごいすっごい、良かった!波動が!

愛知に来たときは、必ず寄ろう。


愛知・迫間不動尊2.jpg


愛知・迫間不動尊3.jpg


愛知・迫間不動尊4.jpg


愛知・迫間不動尊5.jpg


愛知・迫間不動尊7.jpg


愛知・迫間不動尊6.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 21:30| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

ぶらり途中下車・長崎



今回の日本滞在は、本当に、あちこちでお仕事を提供させていただきました。

長崎でも。

観光地である長崎と、人里離れた自然豊かな長崎と、

両方を堪能しました。

日本は美しい。




平和公園は、中国の人たちばかりでちょっと緊張して、ヨーロッパの観光客を見たらホッとしている自分がいて、

それが、驚きの発見でした。

わたしも、徐々に、ヨーロッパに馴染んで、知らずに、ドイツとイギリスに根付いてきているのだな、と感じました。



長崎3.jpg


長崎1.jpg


長崎2.jpg




友人宅でのイベントもさせていただきました。

ありがとうございました。

海から4歩!の、最高のロケーションでした!



長崎4.jpg


長崎5.jpg


長崎6.jpg



ありがとう、ありがとう、ありがとう。

天よ、地よ。

ありがとう。


長崎8.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:22| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

ぶらり途中下車 福岡・糸島



ぶらり 福岡・糸島



糸島4.jpg


糸島1.jpg


糸島3.jpg


糸島2.jpg


糸島.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:57| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ぶらり途中下車 福岡・博多



ぶらり 福岡・博多



博多5.jpg



博多3.jpg


博多1.jpg


博多2.jpg


博多4.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:11| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

ぶらり広島・原爆ドーム


広島。

平和を祈ります。

心から、祈ります。


広島6.jpg


広島4.jpg


広島5.jpg


広島3.jpg


広島1.jpg


広島2.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 11:04| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

ぶらり広島・宮島



初めての広島。

ぶらり宮島。


宮島6.jpg


宮島1.jpg


宮島7.jpg


宮島2.jpg


宮島4.jpg


宮島5.jpg


宮島3.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 11:20| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

金櫻神社 春のセレモニー



春・春・春

おひさまとのデート


金櫻神社5.jpg



山々の美しさに うっとりとみとれながらドライブ



金櫻神社7.jpg



ぶらりと立ち寄った 金櫻神社で


金櫻神社1.jpg



春のセレモニーが行われていました


金櫻神社3.jpg


金櫻神社4.jpg



昇り龍と 降り龍も いつものようにパワフル

まるで リンガムのようにみえます


金櫻神社6.jpg



日本人のわたしが ヒンドゥイズムと タントリズムに すんなりと溶け込めるのは


神道の歴史を持つ日本での むかしむかしのシャーマニズムを経験しているからなのだな

と 改めて納得します

わたしには イザナミノミコト が守護神としてついてくださいますから

やはり 陰陽の結合・・・ シヴァとシャクティ・・・ タントラ・・・ に バッチリ はまるのも頷けます


金櫻神社2.jpg


ヒカリいっぱいの 春 ・ 春 ・ 春





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:36| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

満月・サクラ満開・京都


満月の日

サクラ満開の京都へ。


京都4.jpg


京都2.jpg


京都3.jpg



京都1.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 23:49| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

鎌倉サクラ2017


久しぶりの鎌倉


鎌倉1.jpg



お気に入りのお寺・神社を巡る



鎌倉6.jpg



大好きな春・サクラの季節


鎌倉2.jpg



お気に入りのランチ、海、空


鎌倉3.jpg



春だね ららら


鎌倉4.jpg



春だ 春だね ららら らら


鎌倉5.jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:33| ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

ぶらり瑞牆山



山梨県北杜市の瑞牆山へと、イベントの下見とリハーサルを兼ねて行ってまいりました。

ここは、クリスタルでできた山だそうで、エネルギーがものすごいです!

山から流れてくる川には、ラジウムが含まれていて、病気を治癒する効果が高く、がん治療などに通う方も多いそうです。


また、ちょこちょこ、何回かに分けてリポート書かせていただこうかな。

今年、9月17日に、このものすごいパワースポットで、スペシャルクリスタルコラボイベントを行う予定です。

ワクワク、ワクワク、です!

ちょこっと、下見や、森の中でセレモニーのリハーサルなど行ってみましたが、

もうすんごいです。 ディープです。 

リハーサルなのに、すごすぎました。

9月が楽しみすぎる!

ワクワク、ワクワク!



瑞牆山19s.jpg




森を散策中、わたしはおおはしゃぎで、

思わずヨーガのポーズで大自然と融合してしまいました。



瑞牆山18s.jpg



身体のすべてを使って、

生きていることの喜びを表現したい・・・・。

わたしにとって、ヨーガのアーサナも、そのひとつの手段。

アーサナは、すべて、神聖なるものへの礼拝です。



瑞牆山13s.jpg




自然のアートの中で感じたこと・・・・・

人間も「生きるアート」なのだと。





瑞牆山10s.jpg




それぞれ、個人個人が、

自分だけの「アート」を、人生を通して表現し、

喜びとともに、幸福感で感謝に満たされる人生を送っていけれたら、

自然と、平和になっていくのだと思う。

暴力に、怒りや苦しみで反撃すれば、それも、戦争の始まりになる。

わたしは、愛と喜びは、暴力や闇に勝ると思う。

だから、わたしは、

愛と、祝福に、いつでも満たされていようと思う。

そして、同じように、ご縁のある人々に、それを伝染させて行くことで、

世界平和・宇宙平和に、貢献していきたいと思う。



瑞牆山12s.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

ぶらり箱根8-8-8


2015.8.8 ゲートが開く日。

地球の波動が変わりましたね。

それまでの体の調子が、ガラリと変わって、生きやすくなったかたも多いのではないでしょうか。



わたしは、突然の思い付きで、箱根に日帰りぶらり、していました。

箱根はまだ、最後の紫陽花ががんばっていました。

 
箱根2015.8.8C.jpg



箱根の山は、もう、噴煙も上がっていず、とても静かでした。

とある場所にて、

響きを使って龍を招き、土地の浄化と、癒しを、人知れず行いました。

ライトワーク、宇宙のお仕事は、何食わぬ顔で、行います。

誰も見ていないし、誰からもお給料をいただきませんが、

わたしは、自分を癒すために、地球を癒し、宇宙のお仕事をしています。

神様はわたしを見ています。

わたしが自分を信じていれば、ほかの方が認めてくれなくてもいいのだ、と自分を励ましています。




このヒマラヤ杉は、宇宙からの情報をキャッチする電波塔。


箱根2015.8.8A.jpg


本当に、美しくて、思わず、ハグハグ。


箱根2015.8.8B.jpg



大好きです。

遠くから呼んでいたのはあなたね。

会いたかったよう。

ありがとう。


箱根2015.8.8@.jpg




宇宙のお仕事はとても楽しい。

そして、一人でいるのに、一人ではないこの感覚(たくさんのサポートがいる)が、最高に心地がよいのです。


小田原城.jpg



帰り道は、小田原城に寄り道です。

夏の充実した一日でした。






posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

海に出掛けたのに、ついたところは山だった



わたしのもとには、いろいろな(見えない)存在がやってくる。

一昨日、自宅でぐったり横になっていたら、

メラメラ炎と共に怖い顔の偉そうな神様が現れて、わたしに青い玉をくださった。

最初は、なんの神様だったかな?なんで、急に現れたんだろう?なんのこっちゃ?と、思っていました。

とくに、わたしを叱りに来た感じでもないし、青い玉を、ひゅ〜〜〜っと、くださったし、なにか伝えたいことがあったのかな?

その、炎メラメラの神様の話を、夫にしたら、それは不動明王様だよ、と教えてくれた。

ああ、そうだね。 あの強そうな!

シヴァ神の化身とも言われている、不動明王様。 

破壊の神だ。





最近ずっと不調で、毎日、ぐったりしたり、泣いたりしてる私を、元気づけようと、夫がいろいろ気を使ってくれている。

昨日は

「海にいこう!」

と、誘ってくれて、ビーチサンダルと着替えとゴザとタオルを持って、ツバ広のヘンプハットをかぶって、準備万端!車でブブン、と家を出た。

でも、道の途中で、なんか、海ではない気がしてきた。

「やっぱり、今日は帰ろうか〜〜〜〜」、と話が決まって、車をUターンさせようとしたところで、

「あ!いま近くにいるからあの森に行ってみようか〜」

と、前から気になっていた、とある森へと、ゆる〜く、向かった。

その辺りから続く山道をウロウロ(迷子になった)していたら、突然、現れた滝。


ギタンの滝.jpg


二段になっていて、とても美しい。

ここは、奈良時代にギタン上人という僧侶が、神からの導きで山道を掻き分け歩み入り、この場所を見つけたのだそう。

そして、ここでの瞑想にて、不動明王様の霊力を授かった場所なのだそう。

わぁ〜、不動明王! 引き寄せた!




ここは、たくさんの目がいて、あちらこちらから、じっと見ているような感じ。

全然、怖くない。 なんだか、こちらの様子をうかがっている、という感じ。

なにかする(浄化とか)感じではなかったので、そのままにして、不動明王様に意識を繋いだ。

詳細は、秘密。



タイミングよく、風もびゅうっと吹いて、ポツポツ、優しい雨も降ってきて、自然との同調、バッチリだった。

なるほど、昨夜のあれは、今日のこれか。





その後に、また、ナビにも出ていない道を、ぐんぐん、登って行き、山をいくつも越えて、そのたびに、山の神様にご挨拶をしながら、「神様もその山によっていろいろな性格があるんだなぁ」と思ったりした。

そろそろ、ガソリンが無くなってきてしまい、ハラハラしながら山を下りて、もうすぐ部落が出てきそうだな、と感じたところに、立派な神社があった。

519段の階段があるとは知らず、登り始めてしまって、かなりがんばって登頂した。

(海に行く支度で出掛けたので、ビーチサンダルで(笑))


氷室神社A.jpg


階段を上る途中、熊が吠えて、歓迎をしてくれた。

神社はとても立派で、舞いを踊る舞台があり、踊りたくてうずうずしたのだけれど、どうも、神様は厳しそうで、許してくれそうもなかったので、残念だけど諦めた。

この神社も、偶然、この前に辿り着いたギタン上人が建てた神社だそう。 だから、不動明王つながり。

すごいなぁ。 引き寄せるなぁ、わたし。 


氷室神社@.jpg



標高1300mの各地をあちこち、探索。

叡智をたっぷり、ダウンロードして、英気を充電したようだ。



あまりアップしないけどね、こんなことが日常茶飯事。

おもしろいなぁ。

つぶやき日記でした。


山の空.jpg








posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

ぶらり京都で宇宙ワーク



昨日、福井にて用事があり、

今朝、早朝、宿泊したビジネスホテルで目が覚め(実際にはほとんど寝れなかったので、ずっと覚醒していた?かんじ)、

突然、京都へと行く、メッセージが浮かび上がってきまして、急ですしたが行ってまいりました。

日帰りですので、強行です。




京都は、古の昔、たくさんの人間が死に、魑魅魍魎がはびこっていた地、陰陽師が活躍していた土地です。

神界から依頼された、今回の京都でのわたしのミッションは、

土地の浄化、某所の封印を開く、ある方に会って光を授ける、そして、私自身への新たな能力開発につながるエネルギーの転写と、ある祠から舞うことの意味を強める叡智の伝授を受けることでした。

なんの予定も立てずに行きましたが、きちんと、わたしのライトワークをサポートしてくださる方と、ばったりお会いできたり、

さまざまな龍も、何体か現れて、すべて、導いてくれて、

なんにも下準備しなくても、きちんと、ライトワーク宇宙のお仕事するように、すべてが流れてくれました。

これだから、自由旅は楽しいのよね〜〜〜。 

わたし流のノープランの旅の醍醐味。

すべて神仏に招かれます。

京都滞在、半日だけでしたが、とても、素晴らしい時間となりました。




広く青い空と、 賀茂川の調べが美しい、 10年ぶりの京都。

突然、呼びよせられるように行けて、幸せです。

この土地に住む、すべてのかたが、平安に暮らしていけれますように。

合掌

写真はちょこっとしか撮りませんでしたが、どうぞ、波動を受け取ってください。





★晴明神社

まずは、陰陽師のレジェンドにご挨拶。

キーワードメモ: 青い光の癒し。 トカゲ。 式神。 上昇。 楠。 祝詞。 思わぬ人からのうれしい電話。



2015京都8.jpg 


2015京都9.jpg


2015京都10.jpg



2015京都13.jpg




★上賀茂神社

突然、ここへ行き先が決まり、偶然の必然で、今回の宇宙のお仕事の、助っ人と突然、合流。

キーワードメモ: 賀茂川が歌う歌。 清めの砂。 短歌を詠む声。  風が運ぶ情報。 大地の包容力。 目に見えるたくさんの人々。 精霊たち。


2015京都6.jpg


2015京都5.jpg


2015京都7.jpg



2015京都11.jpg




★八坂神社

もう、帰る予定だったのですが、突然現れた金龍に招かれて、タクシーを飛ばして訪れました。

キーワードメモ: 地下の水脈。 金龍。 青龍。 封印。 舞の力拝受。 光の玉。 新しい生命。 女性の神。 邪魔者。 新しい任務。 



2015京都4.jpg


2015京都2.jpg


2015京都12.jpg




★清水寺

またまた・・・・、もう帰るつもりが(笑)、なかなか足が止まりません。

まさか、京都に来るとは思っていなかったので、スーツケースを持ったまま来てしまって、重たいキャリーバッグを持ちながら、あの坂を登り、あの長い階段を登り、汗だくで、手にマメができました(笑)

旅は、予測不可能〜。 そこが醍醐味です。

キーワードメモ: 千手観音。 闇。 まやかし。 別れ。 過去の出来事。


2015京都1.jpg


2015京都3.jpg



2015京都14.jpg









posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

日光東照宮



急に、栃木県に行く用事ができてしまいまして、

車で急いで行ってまいりました。

ついでに、ちょこっと巡礼に寄りました。



二荒山神社

日光東照宮1.jpg


常行堂

90日間歩き続けて念仏を唱える修行のお堂です。

寝るときも横にならず、ロープに寄りかかって寝るそう。

すごい過酷なご修行ですね。

日光東照宮2.jpg


この常行堂のなかにいらっしゃいました、クジャクに乗った仏様がとても印象に残りました。

とってもとっても素敵でした。

ご縁を強く感じましたので、また、お会いすると思います。




日光東照宮は、光に溢れていました。

日光東照宮4.jpg


日光東照宮5.jpg


日光東照宮6.jpg


ここは、ガツン!とくる強い波動はあまり感じられませんが、

とても清らかで、爽やかです。

日光東照宮3.jpg


敷地内にある天台宗のお寺に入りましたら、今まさに、護摩供養の儀式が始まるところでした。

祈願者の席の後ろの、拝観席にちゃっかり座り、たっぷり一時間余りの儀式をすべて拝観させていただきました。

護摩供養の儀は、宗派やお寺によって違うのですね。

こちらでの儀は、とても丁寧で、しかもパワフルでした。

すごく見ごたえがあり、ずっと、凝視していました。

祈願供養というのは、すごい、その炎の中に「欲望」がはっきりと見えます。

僧侶のかたの手のムドラー(手で印を結ぶ)と、マントラの威力で、

炎の中の「欲望」の想念のエネルギーに、とても影響を与えているのがはっきりと見てわかりました。

こちらのお寺で行う護摩は、インドのある場所ででよく参加する、

お気に入りのちいさな寺院でのホーマ(インドの護摩)と似ていて、とても親しみがわきました。

日本の仏教はインドのヒンズー教からきている神様や習わしが多いのです。







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

ぶらり戸隠その4(奥社・九頭龍社)



戸隠。


奥社まで続く参道の入り口。

戸隠7.jpg



一歩足を踏み入れたところから、タイムトリップした。

戸隠11.jpg




ここを歩くだけで、病気の人は治ってしまいそうだ。

戸隠12.jpg



随神門。

戸隠7.jpg



古の人々の声、気配が、あちこちから感じられた。

参道。

戸隠9.jpg



木漏れ日が、やさしい。

まるで、なにもかもを知り尽くしたうえで、何も言わずに微笑む、

あたたかな祖母の微笑みのよう。

戸隠6.jpg



奥社。

戸隠13.jpg

丸石の上を、裸足で長いこと歩いていた。

右回りで、心の中でマントラを唱えながら。

深い、深い、宇宙だった。




九頭龍社。

戸隠14.jpg


龍は、いなかった。

ので、

社のまえで、喜びの舞を踊った。

ゲートが開き、わたしから光の柱が天を貫き、

巨大な龍が現れ、山全体を覆った。



戸隠。

日本の中の、お気に入りの場所になりました。

私の中で、日本のお気に入りの場所はここで、ふたつめ。



神仏とともに旅することの、至福をかみしめる。


(完)



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

ぶらり戸隠その3(火の御子神社)



戸隠。

火之御子神社。

戸隠15.jpg




人知れず、ひっそりと、静かに目を閉じている。

戸隠16.jpg



天照大見神様が御隠れになった岩の前で、舞いを踊る御子。 

天女の舞をしてみた。

戸隠18.jpg



光が溢れていた。

戸隠17.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらり戸隠その2(宝光社)



戸隠神社。

宝光社。


戸隠19.jpg



長い石段を、マントラを唱えながらあがる。 気合入れないと。

戸隠20.jpg




存在感あり。

戸隠22.jpg



立派な古代美術にためいきが漏れる。

戸隠23.jpg



光の神域。

戸隠21.jpg



木々が太陽とともに踊り、呼吸する。

戸隠24.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

ぶらり戸隠その1(中社)


戸隠神社。

中社。

戸隠3.jpg



落ち着きの雰囲気。

戸隠1.jpg



六芒星

戸隠2.jpg



人の来ぬまに、ちょこっと、舞い。

戸隠4.jpg



滝に、打たれたかったなぁ。

戸隠5.jpg


(つづく)







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

ぶらり 長野 善光寺



突然、衝動と思いつきで、長野 善光寺へといってまいりました。

ここは、ずっと前から気になっていたパワースポット。

お隣の県に住んでいるというのに、意外にもまだ行ったことのなかった場所です。


善光寺4.jpg


素晴らしく立派なお寺で驚きました。

とにかく、「整っている」。


善光寺1.jpg


それは、建物もそうですし、すべての仏具が、きちんと、整っていて、

人間がそれを整えたというよりも、建物や、仏具や、仏像や、道具のひとつひとつが、

それそのものの意思で、きちんと、自分の役目を行っている・・・・・・、

という意味での、「整っている」という感覚。

善光寺5.jpg


写真撮影が禁止でしたが、本堂の中の、金の雲に乗った、たくさんの観音様は圧巻です。

本当に、生きています。


善光寺3.jpg


ご本尊の真下を通る、胎内巡り。

真っ暗闇のなか、右手の壁を触りながら歩き、そこにある鍵に触れることができると

神仏と繋がれる、という言い伝えがあります。

真っ暗闇・・・・・・、ワクワクします。

まさに、死、再生、誕生。

あの真っ暗闇の中を通るとき、

いろんな見えない存在たちが、わたしの頭の上をかすめていき、

わたしのオーラの中を、ひゅんひゅん、駆けていきました。

わたしは、必要なものだけもらい、必要のない、粗雑なものはブロックしながら、

とても楽しく、暗闇を歩きました。

一回では物足りなくて、2回、入りましたよ。

そして、3回目・・・・・は、入り口の管理のおじさんと、じっ・・・・と目が合って、恥ずかしかったので、断念しました(笑)




宝物館も、とても見ごたえがあり、楽しい時間を過ごしました。

奥には100体?の僧侶の像があり、「おう、よくお越しになったな」と、迎えてくださっていたようでした。

わたしそっくりな像もいて、ふふふ、でした。

もちろん、撮影禁止で、写真はないのですけれど。



ダライラマが寄付したという、チベット仏教のサンドマンダラも、素晴らしかった。

ご縁の深い、チベット仏教が、ここ、日本のお寺にもあることに、

ほっと、心が落ち着くわたし。


善光寺8.jpg


般若心経のなかの、一文字だけ、の写経。

わたしが選んだのは「浄」。

どうぞ、日本の空気が綺麗になりますように、

日本の水が綺麗になりますように、

世界の海が綺麗になりますように、

わたしたちの想念が綺麗になりますように、

宇宙のバランスが保たれますように、

わたしが、世界のために働けますよう、エゴを綺麗にできますように、

の意味をこめた、「浄」。


善光寺6.jpg


じっくり、のんびり、楽しみました、善光寺。

猫たちとともに、甘酒タイム。

善光寺7.jpg

夏も、もう終わりです。

まだまだ、夏でいて欲しいなあ。


善光寺9.jpg


善光寺で、新しく、再生した気持ちのわたし。

ありがとうございました。

合掌



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

天女山 天の河原 羽衣の池 美し森


先週のお話ですが、

突然、前夜、思い立って、朝日を見に行ってまいりました。

早朝3時に家を出て、車を走らせ、北杜市 天女山へ。

車で、頂上まで行けるのが魅力的。

「天女山」その、ネーミングだけでワクワクします。

天女山1.jpg


天女山頂上から、15分くらい山を登ったところに、「天の河原」と呼ばれる場所がありました。


天女山2.jpg


河原・・・・・と名前がつくからには、川が流れているのかな・・・・と思っていたのですが、

川らしい、川は無く。

そうか、水ではないものの、河原なんだ。

サラサラと、星屑のようなキラキラが、川のように流れているんだ。

そして、天女たちは、ここで舞い、山々のあいだを悠々と飛行し、祝福を振りまいていたのだろうな。

天女山3.jpg


わたしも、舞いました。

天女たちの祝福とともに、わたしの喜びとともに。

天女山4.jpg


とても、煌めきに満ちた時間でした。

10444363_10204240448841127_2561412942693741524_n[1].jpg


羽衣の池。

羽衣の池1.jpg


天女たちが、ここで羽衣を清めたという。

森の中から、こちらをみつめている、存在たちの気配をたくさん感じました。

とても静かで、ひっそりして、

存在することに、ただただ、喜びに溢れているようでした。

羽衣の池2.jpg


美し森。

美し森2.jpg


森が素晴らしい。

地球が、素晴らしい。

美し森1.jpg

本当に、この美しい地球に生まれてきてよかった。

本当に、本当に、よかった。


虫たちの、朝ごはん風景。

美し森3.jpg

この植物は、見た目はあまり綺麗じゃないけれど、こんなにたくさんの虫が。

きっと、美味しいんだね。

見た目じゃ、ないよね。


最高の気分の、朝を、八ヶ岳で過ごしました。

突然思いついて、車で、ブブン、と行ってこれる距離に、

神聖な八ヶ岳があること。

本当に、ありがたいです。










posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

ぶらり 甲府 平和観音


先日、

甲府市にあります、平和観音へと行ってみました。

車で走っていると見えて、気になっていた、観音様。

とりあえず、見える方向へと車を走らせ、

地元の人々に、道を尋ねながら、

観音様、目指して山を登って行きました。

10413436_10204270540353396_4549823384177662472_n[2].jpg



恵運院、という立派なお寺に辿り着きました。

10330356_10204270547153566_4879632914829546433_n[1].jpg



ここからは、徒歩だそう。

御住職?のようなかたがいらっしゃったので、時間外だけど参拝しても大丈夫かお聞きしましたら、

「うう〜〜〜ん、多分、行けれないと思うよ、草がボーボーで。」

とのこと。

いや、でも、諦めませんよ、ここまで来たし。

「じゃあ、行ける所まで行って、行けれなかったら戻ってきますから〜」

と、虫よけスプレーを体に噴霧して、いざ、出発です。



15分くらい登ったかな〜?

わたしは、サンダルで、しかも、ロングスカートの服装だったので、草が高く生えた道を、スカートをたくしあげながら歩き、

倒木で、とうせんぼされているところを、わっしわっしと、乗り越えながら、上り坂を歩いていきました。

サンダルで、よく頑張った、あたし。



汗だくで到着すると、そこは草むらの広場になっていて、高ーい台座の上に、観音様が立っていらっしゃいました。

台座は13m、観音様は12m、併せて25m、と書いてあったと記憶しています、確か。


10460719_10204270545793532_8469471009921916526_n[1].jpg



「わぁ〜」

と、感嘆の声が思わずもれました。

「観音様、眺めがいいだろうな〜」

10403580_10204270538393347_4538662993763856297_n[1].jpg


この平和観音様は、左手に、透明な地球を持っているそう。

「汚れなき地球であれ」

と、お祈りしてくださっているそうです。

わたしも、心からそう祈ります。

甲府のまちを、こうして、守ってくださってる観音様に、感謝をお伝えしました。





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

ぶらり 片瀬江の島


神奈川でのお教室を終えて・・・・・

朝から降っていた雨が、すっきりと上がり、ピッカピカに晴れていました。

真っ青な空。

夏が近い。

海に行きたくなりました。

ぶらり。

片瀬江の島の海岸へ。


片瀬江の島.jpg


ここは、思い出の土地。

ここに、住もうとマンションを探して物件巡りをした町。

心がフワフワして、

懐かしい思い出に、胸がキュンとします。

海からの風が、優しく髪を撫でていく。




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

山梨県富士川町 あじさい寺 妙法寺



紫陽花の季節。

ぶらりと、一眼レフ片手に、行ってまいりました。

雨の少ない梅雨のため、紫陽花ちゃんたちは、みんな、ショボン、としていて、元気がなかったなぁ。

いっぱいなでてあげて、ヒーリングしてあげました。

元気になりますように。

ほんと、紫陽花ちゃん達、かーわーいー。


あじさい寺1.jpg


あじさい寺2.jpg


あじさい寺3.jpg


あじさい寺4.jpg


あじさい寺5.jpg


あじさい寺6.jpg






posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

福井 禅宗 大本山 永平寺


はるばる、福井でセミナーがありましたので、

その合間に永平寺、参拝させていただきました。

700年以上もこうして、真剣に御修行されて祈ってくださる僧侶のかたがたのおかげで、

平安が保たれているのですね。

ありがたいです。

合掌永平寺5.jpg


永平寺1.jpg


永平寺2.jpg


永平寺3.jpg


永平寺6.jpg


永平寺4.jpg


永平寺7.jpg


永平寺8.jpg


永平寺10.jpg


永平寺9.jpg


永平寺10.jpg


永平寺11.jpg


永平寺12.jpg








posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

港と海とわたし


予定では、昨日から、「命の行進」(東日本大震災慰霊行脚)に参加する予定だったのですが、

いろいろと、予定が変更になってしましまして、泣く泣く、参加を断念しました。

祈ること、とっても楽しみにしていたので、すごく残念です。



そして、空いた時間に、ぶらりと、静岡へ。

清水港にて。

海がきれいになりますように。

地球が癒されますように。

これ以上、放射能が汚染しませんように。

と、祈りながら、光を広げて、

地球と海をヒーリングしました。

わたしの心の目で、丸い太陽みたいな光が現れて、それを、海に浸して、光がぐんぐん広がったぁ・・・・

わあ、すごーい・・・・

と思った瞬間に、今まで静かだった湾の波が

ドゴン、ドゴン、と突然、激しくなりました。

風もない、そして、船も動いていない、湾です。

10154239_10203358932963781_824550734_n[1].jpg


********


駐車場には、ニャンコがたーくさんいました。

「にゃんこちゃ〜〜ん」

と呼びかけると、タタタッ、と近づいてきてくれました。

みるみる、増えていきました。

食べるものは、なにも持っていないというのに、たくさん、集まってくれました。

ゆっくり様子を見ながら近寄る子もいれば、一目散に寄ってくる子もいたり、恐る恐る警戒しながらすり寄る子もいました。

力の限り、全身全霊で、めいっぱい、甘えてくるニャンコちゃんたち。

愛が、とっても、欲しかったんだね。

たっぷり、あげました。

10014589_10203358761159486_2050609411_n[1].jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

春分の日 明治神宮



変容の時。 春分の日。

宇宙のリズムが、変化をするポイント。

明治神宮 参拝に行きました。


明治神宮.jpg



たくさんの人々に参拝され、愛されるこの杜は、思い出がいっぱいです。

わたしの歴史の中で、明治神宮は大きな意味があり、その、時代時代の中でのわたしを思いだし

キューン、と胸がせつなくなる、タイムトリップ。

あの頃のわたしが、今の私に、寄り添うように歩いている。



明治神宮3.jpg


すっきりと晴れた空に、春の風が行き来する。


明治神宮4.jpg


世界の平和を、心から、心から、祈る。

それに、わたしが貢献できますように、どうぞサポートしてくださいませ。と祈る。

個人的な願いは、もはや、ない。


明治神宮2.jpg



婚礼の儀が行われていた。


明治神宮5.jpg


すごい。

光の祝福だ。


明治神宮7.jpg


参道の木々が、風に踊り、わたしに話しかけてくる。

なんて、やさしい木々たち。

地球が愛おしい。

明治神宮6.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

ぶらり諏訪大社



雪の長野 諏訪。

諏訪大社.jpg


人間は、様々で、ときに、痛い。

わたしは想う人のことを、祈り、想った。

諏訪大社2.jpg


どうか、どうか、あのひとが、

幸せで、生きやすく、生きていきますように。

諏訪大社3.jpg


純粋な、雪解け水の流れに、こころから。こころから。

諏訪大社4.jpg



どうぞ、あのひとが幸せになり、そして、世界が幸せになりますように、わたしにお力添えをお願いします。

と、万治の石仏に語りかけた。

彼の、深く強い、息遣いが、すぐ耳元で聞こえた。

諏訪大社5.jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

筑波山



茨城へ、用事で行った帰りに、筑波山へ行ってまいりました。

霊峰と呼ばれる山。

かつては、山伏が歩いていたと思われる、パワースポットです。




まずは、

筑波山神社に参拝。

筑波山3.jpg

立派な神社で、ちょうど婚礼の儀がとりおこなわれていました。

めでたい席に偶然めぐりあわせるなんて。

縁起が良い。ふふ。



筑波山山頂からの眺め。

関東平野が一望です。

筑波山1.jpg



この日は、朝から嵐のような土砂降りの日で、

まるで、「闇と光のせめぎあい」のようなお天気の日でしたが、

山頂ではちょうど晴れ間が見えてくれました。

昔、昔の人は、草履でここまで登ってきて、

この景色を、ここから見てたのだろうな。



なんだか、タイムトリップして、昔の、武士だったころを思い出したような気がしました。



山頂付近の遊歩道に入りました。

信じられないくらい、静か。

鳥の声も、あまり聞こえないの。

霧がたちこめ、空気がとても、神聖です。

筑波山2.jpg

人間ではない、神聖な存在たちがいました。



行き道でみつけた、見事な大仏様。

牛久大仏.jpg

ウルトラマンくらいの大きさです(笑)

CGみたいだけど、リアルです!

とにかく、大きい! 気持ち悪いくらい!

おおはしゃぎしちゃうくらい、大きい!

牛久の大仏様だそうです。

このへんで育った方々は、この巨大な大仏さまを見て、成長したのですね。

もの言わず、見返りを求めず、地域を守る、大仏様。 ご立派です。

今度、通りかかったときは近くに行ってみてみよう。



日本も、素晴らしいところがたくさんありますね。

予定外に、筑波山に引き寄せられました。

よい時間でした。






posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

千葉 大多喜 妙厳寺



今年も開催できてとてもうれしい!

山寺ヨーガ合宿2013は

9/14〜16の3連休です。

数日前に、会場となる 千葉県大多喜町の妙厳寺さんに準備と打ち合わせに行ってまいりました!


妙厳寺1.jpg


何度来ても、また、来たくなる、

ほんとうに、清涼な、清らかな場所なんです。

まさに、山寺!!

山しか見えないの!

最高です!


妙厳寺2.jpg


ああ〜〜〜〜〜〜

た・の・し・みぃぃ〜〜〜〜〜〜!!

今年も、素晴らしい合宿となりますように!!



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

(時間をはずした日)ぶらり忍野〜小富士


先日、

マヤ暦でいう、時間をはずした日に。

この、スピリチュアルな日に、素晴らしい場所に行ってきました。



遠方から来てくださった生徒さんを、

世界遺産になった富士山にお連れしました!!

・・・・・というのは、少しウソ(笑)

富士山周辺!に、ご案内しました!



忍野八海

水がとっても綺麗で、凛とした落ち着く波動が感じられます。

忍野1.jpg

水の底には、コインがいっぱい沈んでます。

サングラスも沈んでいて、誰かが落としたのを想像して苦笑い。

商店街をぶらぶらするのも、楽しい☆



富士山須走口。

小富士1.jpg

ここから、富士山に登れます。

でも、わたしたちは、その手前の小富士を目指します。



小富士までは、徒歩20分くらいの遊歩道で行けれます。

ラクラク、楽ちんです。

遊歩道の森の中は、まるで屋久島の森のようでした。

たくさんの動物たちの気配を感じながら、大好きな森の空気に包まれました。

小富士7.jpg



あっという間に、山頂です。

なーんにもない山頂。誰もいません。

小富士2.jpg


まさに、雲の中にいます。

厚い雲の向こう側からでも、太陽の温かさが、手のひらから感じられます。

シアワセ。

小富士3.jpg


座って、ひと休み。

風が心地よくて、思わず目を閉じます。

小富士4.jpg



太陽への礼拝。

この、肉体を神に捧げます。

小富士5.jpg



5人で輪になって手をつなぎ、マントラを繰り返し唱えました。

明らかに、空気が変わり、たくさんの動物たちの生命の匂いと、山の神様の大きな存在を感じました。

目を開けたら、あたり一面紫色に変わっていました。

霧が、モクモクと広がって、目の前がよく見えないほどに埋まっていきました。

すると、

山頂の丘の向こうから、光が広がって、わたしたちを祝福しました。

小富士6.jpg


OM shanti

山の神様、迎えてくださってありがとう。

合掌  






posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

屋久島



宮嵜でのヨーガ療法学を終えて、

足を伸ばし屋久島に来ています。

昨日到着しました。

屋久島、最高!

明日、東京に戻ります。


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

身延 霊峰七面山



霊峰 七面山に登りました。

祈りの山。 

七面天女さまが住むという。

それは、龍の化身だそう。



欅の木々が、わたしを歓迎してくれました。

森の精霊たちが、登っているわたしのあとから、楽しそうについてきました。

頂上の敬慎院では、2度、龍神さまを感じました。

ありがとうございました。

合掌

七面山7.jpg


七面山2.jpg


七面山3.jpg


滝に打たれる女性の修行者がいました。

七面山4.jpg


龍が住む、池。

七面山5.jpg


霧が立ち込める、幻想的な森。

七面山8.jpg


敬慎院。

七面山6.jpg


七面山1.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

アースデイマーケット@代々木公園



昨日、

代々木公園で行われた「アースディマーケット」に行ってきました。

地球環境にやさしい、ナチュラル系のイベントです。

ヴィーガンのランチを出していたり、無農薬のお野菜を売っていたり、

ナチュラル素材の洋服とか、雑貨とか、

スパイスとか、オーガニックの紅茶とか・・・・・

ニッコリ、微笑みながら、楽しめるイベントです。



知り合いの「マヤナッツ」のみほさんが出店されていたので、

お久しぶりの再会に、ハグハグ(二回も!)して、喜びました。

彼女とは、深いところで繋がっている気がします。

一緒に時間を過ごさせていただくと、胸の奥がじんわりしてきます。

マヤナッツとは、グアテマラの森の木から取れる実を粉末にしたもの。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で、お茶にもお料理にもお菓子にも使えます。

フェアトレードで、現地の女性の手作業で、彼女たちのお仕事に繋がり、暮らしを支え、日本の福祉作業所でのお菓子に加工します。

それを、わたしがおいしくいただきます。

作る人も、食べる人も、みんなが幸せにつながるのです。

素敵ですよね!

大好きなマヤナッツクッキーと、お料理に使うパウダーを購入しました。

わたしもいつか、一緒にグァテマラに連れてってもらいたいな〜。

以前にもまして、透明感の増した、美しい彼女でした。

earthday1.jpg



そのすぐ近くで、アウトドアのイベントもやっていて、

わたしのハートをドキュン!と貫くTシャツに出会ってしまった!

私のイメージぴったりの、大きな木のイラスト。

販売していたお姉さんにモデルになってもらって撮りました。パシャリ★

earthday2.jpg

木が大好き。 

大木のように、どっしりと安定して、大きな枝を広げて、人々に安らぎを与えたい。

暑いときには日陰を作り、寒いときには温もりとなり、風が強いときには壁となり、人恋しいときには話し相手となる。

葉は酸素を作り出し、緑は目に優しく、風になびく葉の揺れる音は耳に心地よく、

地球のエネルギーが脈々と流れ、宇宙からのエネルギーを両手を広げて受け取っている。

いつでも、静かに、物を言わず、でも、存在感は大きくて、

何十年も、何百年も、ただただ、人々を微笑みながら見守り続け、

地球の恩恵から果実を育て、文句も言わず、見返りを求めず、それを人が取っていくことを大きな心で許している。

無償の愛で、エネルギーを与え続けている。

わたしは、そんな、大きな力強い木になりたい。

そんなイメージのTシャツ。もちろん、コットン100%。

基本的に、わたし、洋服などは、あまり買わないのです。無駄遣いしないのです。

(いっぱい持っているけど、昔々の服を捨てないでいるだけなのです。20年前の服も、まだ着てます!)

でも、買っちゃった!

しかも、2着も! で、2000円。 へへへ。嬉しい。



平和だなぁ。

代々木公園は、休日をのんびりと楽しむ人たちで、とても和やかな空気にあふれていました。

緑がある、スペースが広い、という場所は、人をおおらかにさせますね。

みんな、幸せそう。ふふ。

素敵なひと時でした。


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

東京ミネラルショー



池袋で開催されていた「東京ミネラルショー」に行ってきました。

世界中から、天然石や、ジュエリー、化石などの鉱物が集まっていました。

その出店数は300店以上!!!

サンシャインの催事場のひろーい2フロアが、すべて埋め尽くされていました。

それはそれは、すごい数です。

会場に足を踏み入れた瞬間、もう、見るのが面倒くさくなって、Uターンして帰ろうかと思ったくらい(笑)

まあまあ、でもでも、交通費をかけて池袋までわざわざやって来て、入場料を払って入ったのだから・・・と、ぶらぶら歩くことに。

本当に、すごい数です。

この無数の中の、私と波長の合う石が、わたしを呼びとめるんだろうなぁ〜、

なんて、ふわりふわり、しながらただ、ぼんやり歩いて眺めていたら、やっぱり、引き寄せられました。

あるブースに、ふらふらと近づいたと思ったら、そのまっすぐ先には、ずっと欲しかった石が並べられていました。

あっ!もうみつけちゃった! 

入場からわずか5分でした。

すごいなぁ。

その石を、ずっと欲しかったことさえも、実はみつけてから気がついたくらいです。

へぇ〜、すごいなあ。と、一個手にとってしげしげと眺めてみました。

私が知っているお値段よりも、はるかに安いのです。

でも、確実に「本物」のエネルギーを感じる。

これは、ほかの店を見て回るまでもなく、これで決まりだな。

そこには10個くらい、同じ種類のその石が並べられていましたが、全部触って、感じさせていただいたのですが、やっぱり、一番最初に手にとって、しげしげと眺めた子が、一番わたしと波長があうようでした。

それも、すごいなぁ〜。冴えてるわぁ。

そこでも、決断まで所要時間5分。

販売していたおじさんが、驚くほどの即決です。

わたしは、「正解」と思う時は、迷いません。

逆に、迷う時は「不正解」なのでしょうね。そうか、そうだな。いま、わかりました。これからの参考にしよう。



その購入した石は「レムリアンシード」。

私自身の高次元のエネルギーである「レムリアの愛と調和の叡智」に繋がります。

瞑想のときに使うのです。

楽しみ☆







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

生田緑地



秋晴れ 快晴 清涼だった、昨日。

生田緑地にお散歩に出かけました。

ここは、わたしのお気に入りのスポット。

駅から、この公園に近づくにつれて、空気が変わってくるのがわかります。

生田緑地1.jpg


広大な敷地は、とても丁寧にきちんと整備されていて、

オアシスを求めてくる方々の期待を裏切りません。

森の入口には、背の高いメタセコイヤが立ち並び、

この、自然の中へと私たちを招き入れています。



鳥が歌い、虫が鳴き、

子供が駆け巡り、大人もくつろぐ、

ここではみんなが幸せです。

わたしも、心の扉を大きく開きます。

自然は、すべてを幸福にさせます。

地球が大好きだ。

2生田緑地.jpg






posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

長野 高遠城址公園



分杭峠の帰り道。

引き寄せられるように立ち寄った 高遠城址公園。

ここは、思いのほかすごかった。



ものすごい数の桜の木々。

きっと、桜のシーズンは、素晴らしいのでしょうね。



もみじもたくさん。

紅葉もきっと、とてもとても、美しいのでしょう。

高遠1.jpg


わたしはここで、木々が奏でる、生命の歌を聴きました。

大きな木々が、ほんとうに、嬉しそうに、幸せそうに生きている。

歩いている私に向かって、楽しそうに話しかけてくる。

目の前に垂れ下がった枝が、わたしを呼びとめ、

ここでどんなに幸福に生きているのか、ということを伝えてくる。

ゼロ磁場8.jpg


高い枝から枯葉が、ヒラヒラと舞い落ちてきた。

何の気なしに、右手を開くと、計ったようにその手のひらの上に着地する。

ふふふ、と微笑む、わたし。

ニッコリとする、手の上の落ち葉。

みつめあい、しばらく、ダイレクトにハートで会話をする。



なんて、素敵な場所なんだろう。

きちんと、人間が、愛をかけて、手をかけて、整備しているのでしょうね。

木々たちのこの、幸せそうな表情!

風が吹いて、枝が揺れるだけで、楽しくてコロコロと笑い転げているよう。

夕日を浴びて、思う存分輝いている。 

ゼロ磁場11.jpg


ほんとう、素敵な場所みつけちゃった。

また、来たいな。




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

ゼロ磁場



長野県 分杭峠 ゼロ磁場。

未知のエネルギーの出入り口といわれ、未知エネルギーが集積されるといわれている。


ゼロ磁場4.jpg


ここで瞑想すると、どこからも、どちらからも、

引っ張られる感覚も、吸い寄せる感覚も、

なんにもない。

いつもの波動の感じ方と、ちょっと違う。

わたしの深いところが、さらに、深く、中心へと深まっていくような、

または、

中心から、ゆっくり、円を描いて広がっていくような、

そんな、不思議な感覚だった。


ゼロ磁場9.jpg


気場は、たくさんの人が来るゆえ、みな、いろいろなものを置いて行くのだろう。

そんな、感じがした。

なんだか、蓋をされたような気分だった。

ポーン!と、抜けたいけれど、上から抑え込まれているような気分だった。



茂みを進む、登りの道を、よいしょ、よいしょ、とよじ登った。


ゼロ磁場2.jpg


上の通りに出ると・・・・

そこは、光にあふれて、真っ白に輝いていた。

わたしの目がおかしくなったのかと思って、何度も目をパチパチしたけれど、

やっぱりそこの一帯の空気は、白くて輝いていた。

わたしはニッコリと微笑んで、その「歓迎」をありがたく受け入れた。

地球のエネルギーは素晴らしい。


ゼロ磁場5.jpg


気場よりも、上の水場に行くまでの道のりに、強くエネルギーを感じた。

目に入るものすべてが、キラキラと、誇らしげに見える。

とてつもない幸福感。

ああ、こうして、ここで呼吸をしているだけで幸せ。


ゼロ磁場3.jpg


秋が深まりつつあった。


ゼロ磁場12.jpg


山が美しすぎる。

光が輝きに、満ち、満ちていた。


ゼロ磁場6.jpg


太陽の光・・・・だけではない、なにかもっと大きな光を感じた。

その大いなる光が、何もかもを、輝かせていた。


ゼロ磁場7.jpg


素晴らしい。

なんて、美しいんだろう。


ゼロ磁場1.jpg


ありがとう。

合掌


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

スカイツリーと東京タワー


今日から、「山寺ヨーガ合宿」です。

ありがたいことに、福岡から参加してくださるかたがいらっしゃいまして、

そのかたが、昨日、東京にお越しになりました。

せっかくだから、半日だけ東京観光におつれしました。



いま東京観光だとしたら、やっぱり、今が旬の「スカイツリー」でしょう。

私も初めて行きました!

スカイツリー.jpg

すっごーーーーい!! おっきーーーーい!!!

ドドーーーン!! とそびえたっています。

ちょっと、気持ち悪いくらいです。

日本人は、こんなの作っちゃうなんて、すごいよなぁ。

でも、わたしは、インドのシンプルで不便な、昔ながらの暮らしのほうが好きだなぁ。



スカイツリーは展望台に上がるまで60分待ちだって!!

いやぁ、それは、無理です。

たとえ20分でも、並んで待つのは苦手なのです。

負け犬はスゴスゴと、逃げ帰ってきました。



それでは・・・! と、東京タワーに行ってきました。

東京タワー.jpg

こちらは、空いてて、スイスイ快適です。

そして、わたしは、

スカイツリーの、モダンで近代的な形よりも、

東京タワーの、昭和を感じさせる味のある佇まいのほうが

やっぱり好きだなぁ、と思います。



東京タワーからの夜景。

向こうにちっちゃーく、スカイツリーが見えます。

素敵。

東京タワー3.jpg



国道一号線の交差点。

まるで、血管の脈動のようです。

東京タワー2.jpg



東京は、こんなにたくさんの人間が住んでいて、

そして、たくさんの様々な人間の波動が渦を巻いていて、

グルグルと、ウネウネと、人間たちのエゴやネガティビティが、

何層にも積み重なった澱となって、

地を這うようにして停滞しているような気がしました。

その中でも、

キラリ、と光る、ひとの「愛」。「おもいやり」。

緊張や、こわばりや、抵抗に、

一番、必要なものは「やさしさ」だと思います。

わたしたちは、この混沌の中で、「やさしさ」を発揮して、

それを光として生きている。

よくできた、学びのシステム。



ひとは、この東京で、なにを学んでいくのか。

わたしは、日本人を信じたい。

250mの展望台から、

東京のいまを、想いました。










posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

江の島 龍神さま



江の島の神社で、龍神さまの法要があると聞き、いってきました。

今日は午後から仕事でしたので、11時からの法要を、30分だけ出席させていただきました。

私は、すべての宗教をリスペクトしています。

神社の、高貴な空気も、とても好きです。

江の島は、階段がとても多くて、よい運動になります。

いつもは、足でがんばるのですが、今日は気が向いて、船を利用してみました。

弁天橋(だったかな?)から岩屋まで、7分で行けちゃう。

とっても気持ちよかったなあ。

image/2012-09-09T16:28:35-1.jpg

カメラを持っていき忘れて、ショック! 携帯で撮影。  

風も、水上バイクも、日差しも、青空も、すべて完璧でした。

ほんの1時間だけでしたか、江の島を満喫しました。

日々、感じること、起こる出来事、接する人々から受けとる気づき。

それらすべてが、この先の「わたしの未来」を作っているんだな、と強く感じる最近。

一瞬一瞬が、大切な「未来の自分の種」です。

雑記にて。

日記らしい、日記だなあ。

雑記は、数日後に消去することが多いのです。



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

島根県 出雲




神々の土地、出雲にて。

穏やかな夕波に、自然のイルカが優雅に跳ねています。

image/2012-08-27T07:21:22-1.jpg
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

薬師池公園 蓮の花



早起きして、蓮の花を見に行きました。

町田市にある、「薬師池公園」です。

ここは、葉の背が高くて、お花が葉の下にいる感じでした。

なんて、かわいらしいんだろう。

やっぱり、お花の中では、ロータスが一番好きです。

では、作品集をご覧ください〜

パソコンでご覧になったほうが楽しめますよ




「日傘の下で」

薬師池公園の蓮1.jpg




「両腕を大きく広げて」

薬師池公園の蓮7.jpg





「ドキッ」

薬師池公園の蓮2.jpg





「はかなさ」

薬師池公園の蓮3.jpg





「まぁーだだよー」

薬師池公園の蓮9.jpg





「うなじ」

薬師池公園の蓮4.jpg





「冒険に行こう」

薬師池公園の蓮5.jpg





「風にそよぐ少女の長い髪」

薬師池公園の蓮6.jpg





「新郎新婦」

薬師池公園の蓮10.jpg





「繊細な指」

薬師池公園の蓮8.jpg





「情事のあと」

薬師池公園の蓮12.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

高幡不動尊


もう、数週間前のことになってしまいましたが。

ちょいと足を延ばして、京王線の高幡不動までいってまいりました。

お堂は、改装工事中らしく、足場が組まれていました。



実は、こちらの「護摩炊き」がよいよ、とお勧めされて行ってみたのです。

わたしたちが行ったのは、午後16時近く。

ちょうど、その日最後の護摩炊きが行われる時間帯でした。

わお、グッドタイミングです。

高幡不動1.jpg

16時にはまだあと30分くらい時間がありましたから、のんびり、しばらく境内をお散歩させてもらいました。

管理がよく行き届いている、清潔な境内に感心しました。

高幡不動2.jpg

青空をバックに、新緑がとても美しく、目を細めて生きている喜びをかみしめます。

満たされる幸福に胸がせつなくなります。

高幡不動3.jpg



お堂にて行われた「護摩炊き」はとても素晴らしかったです。

一言で言うと「美しい」。

お鈴の音色が、とっても繊細で、透き通っていて、わたしの心に直接、沁みわたるような気がしました。

僧侶の方々が、みなさんで読んでくださる般若心境も、怒鳴り散らすような感じではなく、すっきりと美しいお声で、まっすぐにわたしに届いてきます。

初めて見た、仏教の護摩炊き。

ヨーガの護摩炊き(プージャ)はよく知っているのですが、仏教のものは初めてです。

強いエネルギーにグングンと引き寄せられ、目が釘付けで離すことができませんでした。

本当にとても、力強いエネルギーでした。

そして、とっても美しい。

皆さんに、ぜひお勧めしたいです。

また、何度でも行きたいです。

合掌


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

ぶらり中目黒 その3 レインボーエンジェル編


そして、ランチ後、

食べるとすぐに眠くなってしまうわたしは、歩きながら、眠たくなってしまいます。

我ながら、シンプルな体に苦笑いです。



駅の方向にぶらぶら歩くと、洋服やや、雑貨屋など、なかなか面白いです。

必要なもの以外、滅多に買わないですけどね。 

今、持っているもので十分。 

物を増やしたくない性分です。



はた…!と目が止まったお店。

レインボーエンジェルさん。

120606_145355.jpg

今日は、なんだかレインボーがつくお店にご縁があります。

ヒーリンググッズのお店です。

お! 私の専門分野!

心が踊ります!

そこは、普通の天然石のお店ではなくて、ヒーラーさんが使うものなども売っているようです。

こういうお店、助かります。

ふらふら〜、と何の気なしに店内に入り、「なにか、私を呼んでいる石やグッズはないかな〜」と、アンテナをオンにして店内を見させていただきましたら・・・

やっぱり、ありました。

「あー! この子、すごーい!」

と感激するほど、私の波動にビンビンくる子がいたんです。

「必要のないものは買わない主義」なのですが、「これは必要!」とわたしの感性が許可してくれました。

欲をかかず、お値段が高いものは諦めて、小さめでお手頃な価格のものをチョイス。

ヒーリングさせていただくときにも使えるし、自分の浄化にも使えそう。

浄化パワーがとても強い石で、オウチ用と、持ち歩き用と、二つの形のものを買いました。

お支払を済ませてから、自分だけ浄化されるなんて・・・なんだか申し訳ない気がして、家族のぶんも買いたくなって、あと二個追加して購入しちゃいました。

家族の幸福を心から祈っています。

山梨の実家のリビングに置いたら、両親が浄化されるよね。

ヒーラーでもある相棒にあげたら、きっと喜ぶかな。

プレゼントって、買う時が一番、幸せですね。 

差し上げた時の笑顔も、同じだけ幸せにしてくれます。

お世話になったあのかたにもプレゼントしようかと思ったけれど、石は、そのかたとの相性があるので、私も、合わないものをいただくと困ったりします。

石のエネルギーを感じないかたなら気にしなくてよいのだけれど・・・彼女は感じるかただから。

そんなわけで、手にとったプレゼント用は、元に戻しました。 また、何かの形で差し上げよう。

その石たちを、小さな袋に入れてもらって、手に持って、電車に乗って帰宅する道のりも、浄化パワーをビンビンと強く感じていました。



自宅の最寄駅に到着。

このまま帰宅するのは、なんだかもったいなくて、自宅の裏手にある森の中の広場に行きました。

森.jpg

最近のお気に入りの場所です。 森と、会話できる場所なんですよ。

大好きなウェルチのグレープジュースを買って、森のベンチに腰かけて、木のテーブルの上で、いま買った石をワクワクしながら開封しました。

開いたら・・・・、ブワァ〜〜〜〜!!と、石からのエネルギーが広がって、みるみる、森の広場一帯を包みました。

すごいです、この石。 本当にすごい。

しばらく、石とコネクトしながら、心地よさに浸りました。

良い子と出会っちゃった。

よかった、素敵な出会いだ。



こうして今、自宅のパソコンでブログを書いている今も現在も、浄化されているのを感じます。

すごいな〜、ありがたいな〜。

それはなんの石か・・・・・? 気になる方は直接、わたしにお聞きくださいね〜。 ふふ。


ぶらり中目黒編 終了でーす。

半日だけだったけど、リフレッシュできたー。

(完)



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

ぶらり中目黒 その2 レインボーバードランデブー



さてさて、

静かで素敵な写真展を見終わって、そろそろ、遅めのランチ食べたいな〜、と立ち寄った

「レインボーバードランデブー」さん

120606_130230.jpg

セラピーサロンと併設している、ヴィーガンのカフェです。

入り口を入って、すぐに迎えてくれた従業員のお姉さんが、とても素敵な笑顔でした。

一瞬のインスピレーションで、わたしの「よいカフェランキング」にランクインです(笑)

お料理の完成度も大事かもしれませんが、もっと大事なのは、提供してくださる人間の「心」だと私は思っています。

いくら美味しくても、提供している人間に魅力がないと、また来たい、と思いません。

それに、食事というのは、作ってくださるかた、給仕してくださるかたの「心」が反映されますしね。



さて、ランチは、ひよこ豆のコロッケ、根菜の酢の物、サラダ、ドライトマトのスープ、それに玄米。

120606_131218.jpg

オーソドックスなヴィーガンメニューといった感じ。

安心していただけます。

120606_130510.jpg

店内がかわいくて、キョロキョロしちゃいました。

統一された同じテーブル、椅子、ではなくて、すべて違う形、タイプのお席なので、どれに座ろうかワクワクします。

あ、今日はここにしよう。よし、次回はあそこがいいな。

と、時間を過ごすのが楽しくなって、また来たくなります。

120606_130525.jpg

セラピーも行う場所だけに、場が清らかなのでしょうね。

思いがけず長居をしてしまいました。

ニコニコと感じのよいお姉さんと、二言、三言、言葉を交わすのも、嬉しくなりました。



さあ、祐天寺あたりから、中目黒まで、ぶらぶら歩いてみようかな〜

アンテナのスイッチをオンにして歩いたら、なにか、おもしろいもの見つかるかもな〜


(つづく)


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

山梨県大和 竜門峡



「ぜひ、行ってみてください」とお勧めされて、行ってまいりました。

山梨県の甲斐大和駅の近く、竜門峡という渓谷です。

名前の通り、きっと、龍神が住んでいるのでしょう。

「遊歩道」があると聞いていたので、きっと、なだらかに整備されているのかな?なんて思っていましたが

「遊歩道」とは名前ばかりで(笑)、まるで道なき道を行く(と言うとオーバーですが)ような気分でした。

アドヴェンチャー感たっぷりの丸太の架け橋があったり、落石したのであろう大きな石がたくさん転がっていたり、脇のロープに手をかけて「よいしょ!」とよじ登ったり、

「のんびりモード」では、ちょっと歩けないような、「本気モード」の遊歩道でした。

とても楽しかったです!

竜門峡1.jpg

渓谷もとても美しく、いくつもの小さな滝を見ることができました。

岩がたくさんある山だなぁ、という印象が強く、とても力強さを感じます。

さすが「龍の山」ですね! かっこいいです。

他に人の姿がほとんどなく、帰りにやっと、男性一人だけとすれ違いました。

穴場スポットなのですね。

この山を、独り占め気分で、とっても贅沢です。



見てください、これ。
竜門峡3.jpg

ケヤキの木が、岩を割って貫いています。

自然の力強さ、神秘を感じ、胸がいっぱいになりました。



こちらは、「竜の門」の由来となった穴。
竜門峡2.jpg

ここを通り抜ける時の、ビリビリ感はすごかったですよ。



遊歩道の上の入り口まで、1時間くらいの丁度よい距離で、疲れず、楽しめました。

登り始める前、体はちょっと疲れていたけれど、帰りは元気になっちゃいました。

お天気も良くて、太陽の恵みと、清らかな空気、鳥たちの美しい歌声と、渓流の調べが、心をたっぷりと満たしてくれました。

素晴らしい休日を過ごせました。

竜門峡5.jpg

LOVE 地球。

本当に、いつもありがとう。

合掌

竜門峡4.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

代々木公園のバラ


バラが見ごろの季節です。

あの甘〜い香りを楽しみたくて、先日のお休みの日に代々木公園に行ってきました。

お天気もばっちり良くて、公園にいる人々、ぜ〜〜〜〜〜んぶが「のんびりモード」です。

子供も、犬も、恋人も、夫婦も、み〜〜〜んな、リラックスしています。

いいですね〜、最高です。

池ではしゃぐ子供たち、走り回るワンちゃん達、いちゃいちゃしている恋人たち、絵を描く人、太鼓をたたく人、管楽器を鳴らす人、写真を撮る人、ただ、ぼんやりする人、パンを食べる人、芝生に寝転ぶ人、水鉄砲で遊ぶ人・・・・・・。

いいですよね。 平和です。 わたし、公園が大好きです。

子供ができたら、毎日、公園に遊びに来るだろうな〜。



歩いていると、目の前にある大きな木が、

とってもやさしく、両手を広げて「さあ、おいで」とわたしを迎えてくれているような気がして、

駆け寄って、ぎゅ〜〜〜〜〜っ、って抱きしめてもらいました。 

ああ、地球が大好きです。

120521_163408.jpg




お目当てのバラも、それはそれは、美しく咲き誇っていました。


代々木公園1.jpg


お花というのは、素晴らしい、カルマヨーギだと思います。

誰からも見返りを期待せずに、美しく咲いて、わたしたちに幸福を与えてくれる。

褒められたいわけでもなく、報酬もないというのに、ただただ、自分を生きている。 

強く、そして、潔い美しさです。


代々木公園8.jpg


本当、いい香り。

このバラも、地球から栄養をいただいて、こうして美しく咲いているのですね。

地球は、偉大です。 LOVE 地球。

代々木公園4.jpg


こぢんまりとしたバラ園でしたが、とってもいい香りで、本当に、ふんわりと幸せな気持ちにさせてくれました。

本当に本当に、ありがとう。

代々木公園9.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

寒川神社



昨日、お仕事に行く前に、少し足を延ばして寒川神社に行ってきました。

寒川神社6.jpg

神奈川県の厚木を過ぎたところにあります。

あるかたから、「神嶽山神苑がとてもいいよ!」と教えてもらったので、行ってみました。

この神苑は、パワースポットとして知られているところ。

ご祈祷をしていただいたものだけが入れる聖域です。

寒川神社4.jpg

苑内はそれほど広くないけれど、立派なお池があり、植物たちはイキイキとしていました。

とても穏やかな空気が流れ、それまでの穢れが洗われるような気がしました。

こうして、力の限り、精一杯生きている植物たちを見ると、小さなことで、グチャグチャ考えているのが、バカらしくなってきます。

寒川神社2.jpg

シンプルに、もっとシンプルに生きたい・・・

この聖域を歩かせてもらいながら、そう、思いました。

寒川神社1.jpg

青々としたもみじの葉を見ていたら、それがまるで、小さな手のひらのように見えてきました。

深い緑色のそのちっちゃな手のひらを、めいっぱい広げて、生きている喜びを表現しています。

誰にも見られていなくても、誰にも褒められなくても、こうして、精一杯、生きているそのけなげな姿に、なぜか涙が溢れてきました。

ここに来なかったら、こんなふうに、感じなかったのでしょうね。

パワースポットに、「気づき」をいただきました。

毎日、いろんなことがあって、そして、「自分」という人間をどんどん、深く知っていきます。

そのたびに、がっかりしたり、嫌になったり、見直したり、惚れ直したり、クルクルといろいろな自分への感情が湧き上がります。

毎日がヨーガの道です。

こんな私でも、生まれてきた意味があり、そして、生かされていることに、感謝が溢れます。

寒川神社5.jpg
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする