2018年05月16日

身体に記憶されたトラウマの解放 体験談その@




過去にわたしがヒーリングを他者にした時の体験を思い出して、いま、フォーカスしていることとつながっていると感じたので記事にします。





トラウマや過去の経験の精神的な痛みは、肉体の細胞レベルで記憶され、たまっていることがあります。

それらが、身体のムーブメント(動き)とヒーリングで癒されていくことがとても大切なのだということを実感した経験を書いておきたいです。

対話式のセラピーや、誰かに触れてもらうセラピーも、魂の癒しへの道に繋がりますが、

それに加えて、「自分の意志で自分の身体を意識的に解放させていくムーブメント」をすることで、

格段に、魂の癒しが深まっていきます。 = 人生が変わっていきます。

これは、わたしが提供させていただいているヨーガも、プライベートセッション(創造療法カウンセリング)も、動きの瞑想セラピー(ムーブメントメディスン)も、そこにフォーカスしながら、エネルギーと共に、みなさんの肉体に蓄積されている「痛み」や「トラウマ」の解放をサポートしている、とも言えます。

下記は、わたしの体験談です。




*************************



何度目のインドだっただろうか? 何年前だっただろう?

わたしは、いつも一人で旅をしていた。

そのときは、ちょうど、運命的にインドのグルに出会い、1〜2か月滞在してヒーリングエネルギーの能力開発伝授をしてもらったあとだった。

(余談だが、インドのグルを最初に訪れたときは、わたしはまだまだ、ただの他人任せの甘ちゃんだったので、入門させてもらえなくて追い返されたんだったな。そして、「サイババのアシュラムに行って瞑想して修行してこい!」と、言われたんだったな。その後、1か月以上サイババアシュラムで瞑想して、修行してから戻って、やっと入門させてもらえたんだったな。懐かしいなぁ。)

とにかく、何段階か、いくつものヒーリングエネルギー能力開発をしてもらい、最終的にお金が尽きて、それ以上は難しくなり、伝授がひとくぎり終わった後は、自分の目玉が変わったみたいな感じで、同じ道のりを歩いているのに、まるで世界が違って見えて、いったい何が起こったのだろう??と、びっくりした。

もともとわたしはヒーリングエネルギーが使えると気づいていたので、それを活用してそれまでも活動していたのだけれど、きちんとしたかたちで伝授を受けたのは、これが最初だったかもしれない。 だいぶ昔なのでよく覚えていないけれど。

グルには

「お前はものすごいパワフルだけど、覚えておきなさい。そのパワーをきちんと使う方法を身につけないと自分が苦しくなる。人を癒すのも大事だが、自分自身をきちんと癒し続けることも大事だ。 お前は、もともとのヒーラー(ライトワーカー)だから、たくさんの人々が、お前のエネルギーを必要として現れるだろう。だから、自分をきちんと整えて守りなさい。」

と言われて、グルのもとを去った。

(余談ですが、この時は手から出るタイプのヒーリング技術でした。手から出るタイプは私にとっては初歩の入り口で(でも入り口は大事ですよね。入り口がないと入れないですから)経験を経てトレーニングを重ねたいまは、さらに発展しグラウンディングしていて、多次元的に行うヒーリングをしています)

その後、あるとても有名な聖地にわたしは巡礼に行った。

そこを訪れるのは何回目かで、大好きな場所だったのでまた訪れることを決めた。(名前は伏せます!)

わたしの旅はたいていノープラン。

いつでも、必要な直感が働き、必要な場所に導かれて行く。

その聖地のとある場所にて。

出会った男性に声をかけると、相手はこちらを向いてパクパクと口が動いているのですが、なにも聞こえない。

なんとか、かすれかすれ聞こえた声は「声が出ないんです」と言っていた。




かなり昔の話なので、詳しいことは忘れてしまったのですが、たしか、彼はとてもショックな出来事があって、それから、声が出なくなってしまって、その影響で仕事もできなくなって、パートナーも失って、とても大変な状況だったよう。

そして、これは、精神的なことが原因なのだと気づいたので、「どうやら瞑想がよいかもしれない」と本かなにかで見て、そして、問題を解決するため、瞑想をしにこの聖地にやってきたのだそう。




わたしは閃き、彼に聞きました。

「ヒーリングさせてもらえませんか?」

わたしは、グルのもとを去ってから、何度も、何度も、不思議体験をして、自分のエネルギーが本物であることを確信していた。

そして、この症状のかたにはどんなふうにわたしのエネルギーが効果になるのか、とても興味があった。



数日間、毎日、わたしはそのかたにヒーリングをさせていただいた。

ある日、クリスタルのヒーリングスティックを使ってヒーリングをしていた時のこと。

仰向けに横たわっている彼は、わたしがクリスタルを向けると、くねくねと体を動かし始めた。

それは、蛇のような動きで、身体全体がくねくねと動き、頭を左右にゆらゆら揺らし、首も左右に回旋していた。

わたしは、興味深くその様子を眺めていた。

「大丈夫ですか?ご気分は悪くないですか?」

そう聞いた私に、彼は、目で「OK!」の合図をした。

ヒーリングセッションの後、彼は

「身体が勝手に動いちゃって、止まらないんです。びっくりしています。意識ははっきりしているのに、身体が勝手に動くんです。」

と、しっかりと目を開けて驚きの表情で語っていた。



***************************



人生の中での恐怖や、苦しみや、ショックや、突然なにかを失った悲しみなどは、身体に記憶され、そのまま固まって、凍り付いてしまうことがある。

これは、わたしの経験を持ってもそうだと感じる。(またいつか私自身の体験談は書こうと思う)

それを、適切なガイドとエネルギーサポートとともに、ムーブメントで解放していくことは、本当に効果のあるセラピーだと、この数年間の実績で感じている。

その彼の場合、身体がそれを知っていて、彼の意思とは関係なく勝手に動いて解放をさせるプロセスに至ったのだろう。

その「動き・ムーブメント」が、その人それぞれ、または、その人の持つ凍り付いている痛み・トラウマそれぞれで違うし、どういうシチュエーションでそれがどういうプロセスを踏んで出てきて、解放されていくかも違うので、

丁寧に、丁寧に、ひとつひとつ、寄り添っていくことで、安心して解放されていくのだな、と感じる。

魂レベルの癒しというのは、一回、なにか大きなことが起こったから終わりというわけではなく、何層にも、何層にも、重なっているベールを、日々、コツコツと自分と向き合いながら、ひとつひとつ解放していくわけで、

そのヒーリングプロセスに「動き・ムーブメント」を加えながら進んでいくと、本当に早いと感じる。

わたしは、それをヨーガと創造療法カウンセリングと動きの瞑想セラピー(ムーブメントメディスン)で、心を込めて提供している。

そして、これからも、さらに探求を続けていこうと思う。



★5/30〜6/11 2018年初夏 日本でのイベント・セッション
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/458378556.html


★8/11〜19 インド聖地ラダック〜大いなるものと一体となる〜ヒマラヤ瞑想リトリート
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/458021206.html




リシケシ祈り.jpg





























posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 06:08| 癒し〜ヒーリング〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする