2016年03月28日

シャーマンの祈りと夕陽


あー、なんて素敵な一日だったのだろう。

素晴らしい友人と、自然の中で、たくさんの経験をシェアしあった。

それぞれの、体験談や、感じたこと、学んだことを、語り合い、

それが、「世界の中のひとり」として、ワンネスでつながった関係性の中では、

一方通行に強引に聞いてもらう・・・聞かされる・・・というのではなく、

ともに、共有し、学びあう・・・・という経験としてシェアできる・・・そんな友人との時間。

何て、素晴らしい一日だったのだろう・・・・。



より、豊かになれる関係性。

奪うのでもなく、求めるのでもなく、与えるのでもなく、

育みあって、豊かになる。

それが、人間だと思う。



夕陽の時間。

ハートで、ダイレクトに地球の愛を感じながら、

インディアンドラムを叩き、ただただ、喉から出てくる祈りの歌を、好きなように歌い、

体が動くがままに踊り、大地を踏み鳴らし・・・・・

地球とともに生き、癒し、癒される、シャーマンとしての歓喜に震えました。

ドラムは、聖地シャスタで自らの手で作成し、そして、デニスバンクスさんにサインしていただいて祝福されたもの。

ドラムに触れる時は、それは、エルクとの愛の交歓のときであり、

それが奏でるバイブレーションは、地球との愛の交歓・・・・・。




目の前の、すべてを・・・・・わたしの人生のすべてを・・・・

私自身を・・・・・心から愛しています。

幸せです。

ありがとう。


2016.3 (2)s.jpg








posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し〜ヒーリング〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック