2016年02月14日

インド23(デリーでのひとコマ)



わたしにとってインドは、第二の故郷。

もう、こう、しょっちゅう来ていると、外国という感じがしません。

でも、たまに、日本から一緒にお連れするかたがいたり、また、町で恐らくインドが初めてであろう観光客を見ていると、

道を歩いていても、目に入るもの、人、行動、出来事、建物、事件? すべてに

「わー、すごいーい!」

と、毎秒ごとに感動しているので、

「ああ、そうか、こういう感動忘れてたなぁ」

なんて、改めて、異国文化を再確認したりします。



とはいえ、インドエキスパートのわたしでも、気を付けなければいけません。

インドは、知らない人が噂するような、極悪の国ではなくて、いい人もたくさんいます。

でも、悪い人ばかりではないけれど、でも、いい人ばかりではない、というのも真実。



デリー2.jpg




今回で14回目のインド。

これまで、絶対に避けていたデリーに、なんと今回は、一番長く滞在することになっています。

というのも、いろいろと、将来のことでミーティングしたり、いろいろなところに訪問したりするので、どうしてもデリーに滞在せざるを得ない・・・・。

デリーは、「世界で一番空気の悪い都市」という、称号をいただいた都市(笑)

PM2.5(だっけ?)が、世界でワーストワン。

そして、年間、呼吸器系の病気が多発して、肺がんで亡くなる人がたくさんいる・・・・・。

そんなデリーの空気や空は、いつも、煙っているような感じです。



デリー1.jpg




先日、デリーの観光客が一番滞在すると言われている、パハールガンジのマーケットエリアを歩いていたら・・・・・

ひとりのインド人青年がなにやら、ヒンズー語で叫びました。

すると、わたしの後ろを歩いていたインド人男性が、するり、とわたしを追い越して、オートリクシャー(バイクタクシー)にストン、と乗りこみました。

さっき叫んだインド人青年は、そのオートリクシャーに乗りこんだ男性に、指さしながら、なにやら強い口調で怒鳴りました。

わたしは、ヒンズー語がわからないので、なんのこっちゃ?という感じで、見ていましたが、

その青年が、くるりと私のほうを向いて、わたしには英語で話しかけました。

「いまの男は、君の後ろからついてきていたんだよ。そして、君のバッグを狙っていたんだよ。だから、追い払ったんだ。この辺は観光客目当ての悪い人がいっぱいいるから、気を付けなければいけないよ。外国から来た人は、僕たちのゲストだから、こうやって、僕はできる限りゲストを守る必要があるんだ。」

そう言って、真剣に、「気を付けなさい」と言ってくれました。

「どこにいくんだ?こっちの道は危ないエリアだから、向こうの道を通ったらいい。女性一人だから気を付けて」

そういって、気遣ってくれました。

なんて、親切なんだろう〜〜〜。 じーん

わたしは、感動しました。

デリーは、悪い人がたくさんいるけれど、いい人はとてもいい人なんだなぁ。

ありがたいことだなぁ。



そのインド人青年にお礼を言って、立ち去ろうとしましたら、

「なにを探しているの?一緒に行ってあげるよ。どこに行きたいの?教えてあげるよ」

と、わたしについてきました。

あれ? なんか、面倒くさいぞ。

「わたしはひとりで大丈夫だから」と言っても、しつこくついてくる。

ん? なんか、おかしいぞ?

その後、ちょうど、わたしの電話に着信があったので、その電話で話しているあいだに、その青年はどこかに行ってしまいました。

あー、よかった、面倒くさいことにならなくて・・・・。


マーケットで用事を済ませ、また、来た道を戻って宿に帰ろうとすると、その青年がたまたま、またそこにいました。

「お!ちゃんと用事は済ませたかい? あっちに、君の求めてるお店があったよ!」

そう、また、親切にも力になってくれようとしました。

わたしは丁寧にお礼を言って、もう、用事が済んだことを伝えました。

「よかったら、お茶でもどう?ひとりなの?友達にならない?これもなにかの始まりだよ」

なーんて、言いだして

あれー、なんだか、面倒くさい。

わたしは、さっぱり、興味がないです。

しかも、インド人は、とてもしつこい。

断っても、断っても、めげない。

んーーーーー? このひと、最初からナンパ目当てで、嘘ついたんじゃないでしょうね〜

なんて、疑ってしまったりして。

本当に、インド人のナンパは面倒くさいのです。

何度断ってもしつこいうえに、最後は逆切れされる。

うっかり、FBなんて教えてしまうと、一時間おきにメッセージが来る(笑)

返事をしないでいると、10分おきにメッセージが来る(笑)

おもしろいなぁ、インド人。

いろんな人が、自由に、ごちゃまぜだ。

ははは。













posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 《旅》ネパール・インド2015.11-2016.2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック