2016年01月23日

インド14(瞑想合宿)



友人の瞑想合宿は、ナグプールという町の外れにあるファームで行われました。

まわりはなんにもなくて、大自然に囲まれています。

敷地のすぐ隣に湖があり、鳥の声と、さまざまな動物たちの姿に、心が緩やかになっていきます。



ナグプール12.jpg




毎日、夕方には、牛飼いが牛たちをつれて、わたしの部屋の前を歩いていきます。

草をはみながら移動している牛の首にはベルがつけられていて、

そのベルの音が、なんとも素晴らしいBGMを奏でます。

自然のマントラです。  本当に素晴らしい。




一緒に過ごした友人たちとも、魂の交流ができ、これまで以上に友情が深まりました。



ナグプール11.jpg



インドの人はカースト制度がある社会でしたので、肩書や持ちもので人を判断する傾向があると、わたしは感じるのです。

ですので、綺麗で高そうな服を着ていたり、立派な装飾品をつけていたりする人には、尊敬の目でみますが、

貧乏そうなみなりだったり、下級の職業の人には、本当に、態度が全然変わります。

わたしは、インド旅行ではいつも背中と胸にバックパックを背負い、捨ててもよい汚れたスニーカーと、手で洗濯して、毎日ギュウギュウ絞って穴があいても後悔しない、安っぽい服しか着ません。

そして、元来、童顔の私はとても子供っぽく見えるらしく、インドではしばしば、見下された態度をされたりすることも多いのです。

まあ、それでもわたしは、「わたしはすごいんだぞ!」なんて思っていないので、自分のエゴを無くすためのよいトレーニングだと思って、あまり気にしていませんが。

でも、この友人たちは、スピリチュアルな目を持っているので、初めてわたしと会ったときから、わたしの光を見抜いてくれて、わたしを尊重してくれました。

今回も、本当にわたしを尊重してくれて、心からありがたかったです。



瞑想合宿にさんかされたのは、全部で30〜40人くらいかなぁ?

本当に、全員が、全員、とてもハートの柔らかい素敵なかたがたでした。



ナグプール9.jpg



この友人の開催する瞑想合宿のお手伝いをさせていただくのは、今回で2度目ですが、

前回も、今回も、本当に、最高に幸せな時間を過ごしました。

大好きなインドが、ますます、大好きになりました!

わたしは、嬉しくて、木登りしちゃいました〜


ナグプール8.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 《旅》ネパール・インド2015.11-2016.2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵な風景と、体験ばかりですね。
目を閉じると、ベルの音が聞こえて来るようです^ ^
Posted by at 2016年01月23日 21:20
コメントありがとうございます。
本当に、素晴らしい体験ばかりのインドです。
ベルのマントラは、素敵すぎて思わず録音してしまいました。
Posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 2016年01月29日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック