2014年03月23日

「下岡蓮杖」@東京都写真美術館


久々の芸術鑑賞。大好きです。

東京から引っ越してしまったことで、なかなか、美術館などに行く時間も限られてしまいました。

インドビザの申請に行ったあと、明治神宮に参拝に行き、そのあと、まだ少し時間があったので恵比寿に行きました。

大好きな東京都写真美術館。

「下岡蓮杖」さんの写真展が行われていました。

彼は、日本の写真を開拓したかた。日本で最初の写真家、ってことなのかな?

苦労して、思考錯誤して、映像を焼き付ける写真というものを研究したそうです。

とても、素敵な展覧会でした。

ある意味、タイムトリップです。

明治9年のころの写真。 とても、わくわくします。

写真の中にいる人物たちが、生き生きと、まるでその、枠の中で生きているかのよう。

すごいなぁ、そんな時代の方たちの、生きざまを、写真として見られるなんて。

すごい、技術だなぁ、写真って。 と改めて、思う。

江戸時代から明治変わって、間もなくの日本人たち。

とても、興味深い。 ワクワクがとまらない。

くいいるように、みつめました。

写真の中、笑っているひとがほとんどいないのは、緊張しているからか、

「ちゃんとしなきゃ」という日本独特な感覚からか。

そういえば、何年か前、外国暮らしから戻って、東京の山手線に乗った時、あんなにたくさんの人間がいるのにみんな無表情なのが、とてもショックだったな。

昨日、明治神宮で偶然、婚礼の儀式が始まって、新郎新婦が歩いてきて、あとからぞろぞろ、親族友人たちが列をなして歩いているのに、みんな、とても、強張った顔をしていた。

それをみた外国人が「なんで、みんなこんなに静かなの?祝いの席なのに、悲しそう。これはお葬式?ウェディングじゃないの?」と、隣で小声でつぶやいていた。

これも、日本の文化なのだろう。


1977465_10203321133778825_905860501_n[1].jpg









posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アート鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック