2010年11月15日

ゆらり ゆらり

ちゃぷん・・・・・

この、水の音が好き。

ちゃぷん・・・・・

お風呂の中でする読書が大好き。



腕をゆらゆらゆらゆら

お湯の中で揺らすと、肌を温かさが滑って行く。

パタン・・・

栞をはさみ、ハードカバーの大きな本を閉じて、脇に置き、ザブン!と肩までお湯に潜る。

はぁ〜、自然とため息が漏れる。

読書をしていたから、肩が冷えていたようだ。 肩の部分だけ熱く感じる。

ぶくぶくぶく・・・・鼻まで潜ってみる。

水の中でも息ができたらいいのにな。 お魚みたいに。

ふと、先日見た夢を思い出す。



フランス系のリゾートホテルでヨーガ講師として働いていたころに同僚だったモーリシャスの青年が出てきた。

彼はモジモジしながら私の前に現れ、一冊の写真集をくれた。

「これ、おみやげです、どうぞ。」って。

見ると日本語で5文字漢字が書いてあった。

はっきりとは思いだせないけれど「石、瓦、色」という漢字が含まれた五文字だった気がする。

「日本っぽいものを探したんだ。気に入ってくれるといいな。」

どこにいったおみやげなのか、この日本語を彼が読めたのか。

「どうもありがとう。」

とわたしは受け取り、パラパラとめくると、数々の石の写真の作品集だった。

色とりどりの石、大きいものから小さいものまで、素晴らしい自然が生み出した芸術作品の数々だった。

「ファンタスティック!」

実際、とても見事な作品ばかりだった。 地球が生み出した素晴らしい芸術だった。




ユングについて学んでいる時期なので、夢について、最近とても気になっている。



ちゃぷん・・・・・

サウナも好きだけど、やっぱり、温かいお湯に浸かるほうがいい。

ゆらり、ゆらり・・・・・

この、温かく、やさしく、包まれている感覚がたまらない。

「毎日お風呂に入らないと、体に垢がたまっていくように、心も毎日洗わないと、だんだん、汚れがたまっていくんです。だから、毎日、少しでもいいから内観しなければだめですよ。」

内観療法の修行でお世話になった臨床心理士の先生のお言葉を思い出す。

いつまでも心に響くお言葉を残してくださって、ありがとうございます。 心で合掌をする。

これまでのさまざまな経験があって、いまのわたしがあるんだな、と、じみじみと思う。

ゆらゆらと、温かいお湯の中で体を揺らし、リラックスした心を、委ねる。

愛と感謝で、満たされる。


鞍馬7

posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心あったかもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック