2014年11月30日

聖地 セドナ その23(完)



Mt.シャスタ そして、セドナ。

世界7大聖山のうちの二つに訪問できました、今回のアメリカでした。

実は、アメリカにきちんと旅行したのが、初めてかもしれません。(ハワイはあったけど)  


s070.jpg


本当に、痛い思いもして、苦しい経験もあって、

森が荒らされて涙を流し、

木々を癒すことで木が喜んでいると伝えてきて、胸が熱くなり、、

聖地だからこそある、闇に気づき、

そして、これからの自分自身のやるべきことに確信を持ち、


s071.jpg


隠された存在たちとの接点、

そして、光のマスターからの数々のお言葉、

宇宙から、そして、マスターたちからの処理しきれないくらいの莫大な量の情報が流れてきて、

私の中の聖なる空間を、現実のこの世界で発見し、

「わたし」という存在と、あちこちで出会い、

とてもとても、説明しきれない、膨大な経験でした。

インドは、魂がどうしようもなく震える、わたしの魂の故郷ですが、

シャスタは、愛そのもの、包容力の源でした。



お世話になりました、お世話人の方、ストーニーブルックインのオーナーさん、働いてらっしゃった優しい方々、宿でお会いしましたご縁なる皆様、

リトリートツアーに参加してくださいました、5名の参加者の皆さま。

協力してくださいましたわたしの家族。日本で待っていてくださった、生徒さん、クライアントさんの皆さま。

本当に、どうもありがとうございました。

おかげさまで、素晴らしい学びと成長の期間でした。

心から、心から、お礼を申し上げます。合掌



次回のシャスタリトリートツアーは、4月下旬〜5月初旬 GWにひっかけて行います。

定員は5名です。

先駆けて、先行予約も受け付けております。

長い旅行記におつきあいありがとうございました。

ラクシュミナラヤニ

(完)


ssecuredownload[3]s.jpg

S
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

聖地 セドナ その22(ボイントンキャニオン)



セドナへは、本当に、直感で、衝動で、来ましたので、(予定していた飛行機のチケットを捨てて)

滞在日数が3日間と短い期間でした。

この短い期間の中で、わたしは土地の波動と馴染むのに時間が必要で、

それほど、精力的に動くことができませんでした。



ですので、あちこち回ることは不可能でしたので、ピンとくるところにフォーカスしていました。

焦点を絞っていたのは、ボイントンキャニオン。

ここも、素晴らしいボルテックスです。


s046.jpg



予備知識は何にもなかったですが、大きなエネルギーをたくさんたくさん、感じました。

セドナは、シャスタよりも、とても・・・・・・・・、入り混ざっています。

観光客がシャスタに比べてたくさんいて、観光地化が進んでいるぶん、

世俗的な波動も感じられましたし、

人間がたくさんいることから、もろもろの、「闇」の存在も多く感じました。

そして、同じように、聖なる存在たちも、キラキラとたくさん在りました。

ここで行うワークは、とっても繋ぎやすく、やりやすかったです。

本当に、よいも、悪いも、すべて入り混じっていて、

ライトワーカーのわたしは、いろんな意味で、ほとほと、疲れましたよー。


s063.jpg


セドナは、こんなふうに、赤い巨石群ですが、

昔々、ここは、海だったに違いないです。

そう、確信を持って感じます。



s058.jpg



ボイントンキャニオンは、直感でここだとフォーカスした場所。

トレッキングの途中で、インディアンフルートで地球への賛歌。


s030.jpg


そして、

このボルテックスのエネルギーの中、どぉーーーーーーしても、

ヘッドスタンドがしたくなりました。 ははは。


s036.jpg


ここでのヘッドスタンド、すごかったですよー。

ボルテッゥス・・・・って「渦」って意味ですから!

その「渦」の場所で、サハスラーラ繋いじゃいましたから!

わたしと渦と、渦とわたしの渦、そしてその渦とわたしの新たな渦が、おもしろいことになりましたよ!

すごかったー!



と、当たり障りない言葉で、抽象的なことばかり書いてますが・・・・・

今回のシャスタ、セドナは、ブログにはなかなか、書けない、スピリチュアルすぎることが多すぎてね・・・・

でも、人に言えばエゴになりますし、人はその人の価値観というフィルターを通して物事を理解しますから、真実がきちんと伝わらないことが多い。

だから、私だけが、感じて、見て、いればよいと思うのです。

たくさんいただく神聖なるものからのメッセージを聞いて、行動し、人に対応し、生きていけば、それでよいと思うのです。

押しつけるのも、嫌だしね。

信じてくださる方、わかってくださるかたは、わたしと同調して感じてくださることでしょう。


s044.jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

聖地 セドナ その21(朝の丘)



夜明け。

エアポートメサというボルテックスの近くの丘へ登りました。


s001.jpg


丘というか、大きな岩。


s004.jpg



この日は、この時間、

ご縁のある方へ一斉ワークとして、このセドナのエネルギーを送りました。



s010.jpg



わたしは、すべてのエゴを捨て、ただのパイプとなって、

こちらに意識を向けてくださるすべてのかたがたへ、

中継点となって、エネルギーを送りました。



s020.jpg



いったい、何人の方がこちらに意識を向けてくださったのでしょう。

かなりな数を、感じましたよ。

感想、今からでも、よかったら、いただけますと、大変嬉しいです。

愛を込めて。


s013.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

聖地 セドナ その20(赤!)



予定では・・・・・・

シャスタでのリトリートツアー引率のお仕事(無償ですけどね)が終了後、その後の1週間は、ポートランドと、サンフランシスコ滞在に使う予定でした。

・・・・・・・・・・・・・・が!!


突然、呼ばれました。


s044.jpg


ドーーーーーン!!!


s032.jpg



セ・ド・ナ!!!


s011.jpg


赤い岩岩たち。


s041.jpg


とても精妙になっている私。

飛行機の乗り継ぎでロサンゼルス空港に数時間滞在しただけでも、

そのよくない波動に、体中が痛くて、具合が悪くて、吐きそうで、空間がぐにゃぐにゃして、最悪な状態になったのですが、

セドナに近づくにつれて、みるみる、体の痛みが無くなって行きました。

もう、聖地にしか住めないかも〜(笑)


s013.jpg



写真から、感じてください。


s023.jpg


地球は、美しい。

自然は、完全です。



人間は、「便利さ」の魔術に目が見えなくなり、「不自然」をあえて選んで、生きているんだ、と感じる。

頭で考えること、やめれたらいいのに。

頭で考えて、判断、分析、段取り、予期、保険かけて、用意周到。

そういうのが全部、ハートを開く、障害になるのにね。


s087.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

お空の涙



お空が泣いている。

どうしたの? 悲しいの? 嬉しいの?

なにかを失ったの? ひとりで孤独なの?

感動したの? 達成したの?




霧の中、ひっそりと佇む森の木々は、

空からの涙を一粒、一粒、丁寧に受け止めて、

そのたびに、その葉を、そして枝を、ぶるぶるっ、と震わせて喜んでいる。

色づいた紅葉の赤や黄色が、昨日よりも、とても鮮やかに見えるのは、

お空の涙である生命力を、浴び、感じ、開いたからだろう。

涙は生の、証。



涙を流すとき。

わたしたちは、生きている・・・ということを、まざまざと、知る。

そう、

生きているから、胸が震える。

そして、ハートが開き、涙が流れるからこそ、

魂の煌めきが増していくのだということを、知っている。



人生には、大きなテーマがあって・・・・いわば、本の表紙のタイトルみたいな。

そして、サブタイトルもあったりして。

その人生という一冊の分厚い本の表題に伴う出来事が、一章、一章、そして、一節、一節、起こっているのだろう。

起こる出来事は、ひとつひとつ違うのだけれど、結局、それぞれ、表紙のタイトルに付随する。

だから、繰り返し、繰り返し、一番大きな「タイトル」的なことを学ばせることが起こり、

その都度、一章ごと、一節ごと、微妙に違う学びを受け取っているのだろう。

テーマは、同じ。 でもそこから、学ぶことが、無限。

だとしたら、いさぎよく。

生きる。



今日、雨に濡れて、歩いた。

真っ暗な山道を、傘もささずにガツガツ歩いていたけれど、

お空が流してくれた涙を浴びたら、一瞬にして、理解できたことがあった。

わたしも、あの、赤々と燃える紅葉の木々のように、ぶるぶるっ、と震えた。

キラキラ、鮮やかに輝いたのかな。

ねえ。 泣き顔のお空さん。


2014-11-26 22.16.28_resized.jpg
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいふーふ



先日。

玄関のドアを開けたら、

60cmくらいある、大きな鉢植えを抱えた夫が、

ニコニコ、かわいい笑顔で玄関に入ってきた。

「はい。いいふーふ の日。」

だって。

11/22 の出来事でした。

サプライズプレゼント。

幸せ〜!

ありがとう! 

10484700_10205154754178189_8176694122655223112_n[2].jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 心あったかもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖地 Mt.シャスタリトリート その19(皆さんありがとう)


今回の、Mt.シャスタ 祈りと瞑想のスピリチュアルリトリート

主催させていただきまして、本当に、ご参加の皆さまとお世話人のかたに助けられました。

最高で、最強の、メンバーでしたよ。

本当に、素晴らしかった。

楽しかった。

最高でした!

顔がはっきり特定できない写真だけ、載せさせてくださいね。

ブログには書けない、すんごい出来事、スピリチュアルな体験がわんさかありましたね〜。

同じ時を共有させていただけましたこと、心から、心から、感謝しております!

愛しているよ〜〜〜〜。ハグハグ黒ハート黒ハート黒ハート


s120.jpg

s091.jpg

s046.jpg

s059.jpg

s165.jpg

s038.jpg

s080.jpg

s003.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

聖地 Mt.シャスタリトリート その18(煌めきの湖)



水の都、とでも命名したいくらい。

シャスタ周辺には湖や川や滝が、たーくさん。


s053.jpg


ランチに立ち寄ったのは、ブルズアイレイク。

煌めき。 ゆらめき。 輝き。

美しい。


s049.jpg


ランチ中に、

木のテーブルに、木の葉がひらりと落ちてきました。

わたしへの、メッセージでした。

ふふふ。

s047.jpg


s048.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

スピリチュアル紙芝居 奉納


なんて、素晴らしいことに、

千葉 妙厳寺さんで行われました、年に一度の最大の法要で、

わたしが行っています「スピリチュアル紙芝居」を奉納させていただきました。

本当に、本当に、ありがたいことです。

わたしのような、素人に、このような素晴らしすぎる機会を与えてくださいまして、

妙厳寺ご住職様に、本当に、本当に、本当に、心から感謝しています。


よだかの星妙厳寺3.jpg


観客80名近く。

本当に、わたしには大役でしたが、心をこめてお努めさせていただきました。

よだかの星妙厳寺1.jpg


よだかの星妙厳寺2.jpg


皆さんから、嬉しいお言葉をたくさんいただきまして、わたしは胸がいっぱいです。



今回で4回目。 ただの紙芝居ではないのです。

ハートが開き、じんわりと愛が広がり、感動していただける作品ですよ。

次回は、12/7(日)19:30〜 山梨県笛吹市御坂 福光園寺さんにて行わせていただきます。

キャンドルライトなんかも、ロマンティックに演出しようかな〜、なんて考えていますよ。

ぜひ、お越しくださいませ。

下記、その次回のイベント記事です。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/409193619.html




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖地 Mt.シャスタリトリート その17(滝)



滝も、いくつも、訪れました。

そのうちのひとつ。

バーニーフォールズ。


s066.jpg


大きいです。

この日は満月の日。

浄化されるべき存在たちが、たくさんいたのを見ました。

それはそれは、すごい光景でした。


s089.jpg



わたしは、恐れずに、その渦中へと近づき、

大きなローズクオーツの勾玉に私自身を転写し、

わたしの浄化すべきものを、水の中に沈め、

そして、祈りました。


sIMG_20141106_143909.jpg


世界中の暴力的な波動、わたしのなかの平和的でない感情が、どうか浄化されますように。

美しい地球が、どうか癒されますように。


sIMG_20141106_142137.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

聖地 Mt.シャスタリトリート その16(黒曜石の山)



黒曜石でできている山。

s169.jpg

もおぉ〜〜〜〜〜〜う!

石好きにはたまらないっ!!!

この山全部が、黒曜石でできているそう。


s171.jpg


ゴロゴロ、落ちています。

マナーですから、もちろん、持ち帰りませんよ(笑)


s144.jpg


すごすぎます。

やっほーーーーーっ!!! と叫びたくなっちゃいます(笑)


s172.jpg


シャスタ周辺には、奇跡がいっぱいです。


s149.jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

聖地 Mt.シャスタリトリート その15(早朝のサイレントウォーキング)



早朝。

日の出前に出発し、歩きながらの瞑想ウォーキング。

車で移動するのではなく、足で、しっかりと大地を踏みながら歩くことで、

その土地の波動と、ゆっくり馴染んでいくのがわかります。


s004.jpg


とにかく、このシャスタ山周辺の町は、美しいのです。

木々や、植物、すべてが、生き生きと輝いている。

生きていることに、喜んでいるのです。

本当に、素晴らしい。

本当に、素晴らしいのです。



霧の靄の中から現れた、朝日をたっぷりと浴びます。


s024.jpg


インディアンフルートを吹き、バジャンを歌い、祈りを捧げます。

s017.jpg


地球は、こんなにも美しい。


s034.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

ただいま、大好きな我が家。


ただいま。

我が家からの日没。


20141121_165829_resized.jpg


ただいま。

ムサシ。 ラブ♡

20141119_155356_resized.jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回コラボレイション一斉ワーク開催のお知らせ



<コラボイベント>
第2回 森のTERRA 「森のクリスマス〜大切な人の幸せを祈る日〜」
12/13(土)午前と午後


シャーマンさん、ヒーラーさん、陰陽師さんとのコラボイベントです。
どなた様もご参加になれます。(直接参加、対面参加)

わたしは、午前のエネルギー的サポートとして、そして、午後のワークを担当させていただきます。

このイベントで行うワークとしては、すごい、安すぎる参加費ですよー。

とっても、お得です。

ぜひ、どうぞ〜★


下記、主催者の方のブログ記事を転載しますね。


********************************


f0006208_191211[1].jpg


☆午前の催し☆
「こども達と森のクリスマス」
森とこども達の無償ワークです
親子で落ち葉でフッカフカの森に遊びに来てください
こども達が遊んでいる時間帯にご希望の親御さんはボディコミュニオンを体験出来ます
10:00〜森と自由に遊ぼう!
11:00〜12:00:こども達と森の創造療法「僕の私の願い」
           森の宝物探し(自由参加)           
*こども達には森のサンタさんから手作りお菓子のプレゼントがあります♡

12:00〜13:00 Lunch Time 森でお弁当はうまいよ〜

☆午後の催し☆
「宙に願いを〜大切な人の幸せを祈る日〜」
大切な人の幸せを祈る時間はその人と自分とそこから生まれる光も闇もあるがままに抱きしめるような無条件の愛に還る時間です
どうぞ、大切なあの人の幸せをお祈りください
それは、大切な人に映る、ご自身の内にある願いを受け取られる瞬間でもあります
陰陽師一同が皆様の祈りを宇宙の祝福の下に叶えられるお手伝いを致します
イベント当日はシャーマンによる霊の癒し、魂の癒し、土地の癒しの無償ワークを行っております
また、陰陽師の舞いの最後に宇宙的錬金術をかけさせていただき、皆様の祈りが世界に顕現されるお手伝いをさせていただきます

あるがままの私、今ここに、このココロとカラダで生きているよろこびにあふれ宇宙とひとつであるところのご自分とココロとカラダと繋ぐお手伝いを致します

「どんな願いでも叶うんだよ…」
宙に願いを…の一斉ワークを重ねるほどに人が願う力の素晴らしを感謝と共に受け取らせていただいております
ありがとうございます

このブログを読んでくださいました皆様の願いが叶いますよう
心よりお祈り申し上げます

13:00〜15:00:森の創造療法:参加者全員による「描画」「オブジェクト」
           愛のオーラと青のオーラの瞑想「ワンネスの目覚め」
           新サイキックプロテクション「ライトボディの目覚め」
           音と唄と舞のコラボレイションワーク
15:30〜キャンドルワーク
      オブジェクトを天地に還す
      イルミネイション点灯
      あたたかい飲み物のサービス
      …自然解散



開催日時 2014年12月13日(土)午前の催し10:00〜12:00、午後の催し13:00〜16:00
開催場所 森のTERRA(山梨県北杜市大泉町西井出7259−1)
参加方法 遠隔参加、森へ現地参加
参加費用 遠隔参加3000円、森へ現地参加5000円(午後の全ての催しにご参加いただけます)
       *午前中の催しは無料です

[お問い合わせ、お申込み方法]
下記お問い合わせメールまで、お名前、参加方法(森へ現地参加の方は交通手段もお知らせください)をご連絡ください

uni@terra97.jp







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 一斉エネルギーワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖地 Mt.シャスタリトリート その14(バニーフラット)


夕暮れの時刻。

Mt.シャスタの中腹まで行きました。


s005.jpg


バニーフラット。 2300mくらいだったかなぁ。 忘れちゃいましたが。

足元は雪で覆われていて、風が冷たい。

もう少しすると、ここも雪が深くなり、来ることができなくなるそう。

ちょうどよいタイミングで訪れたことに感謝です。

シャスタ山は、うねうねと動く、霧のような雲に覆われていました。


s008.jpg



わたしたちは、鐘を慣らし、マントラを唱え、バジャンを歌って、

この素晴らしい機会に導かれたこと、そして、この地球に生まれた恵みに

感謝を捧げました。


s015.jpg



想いのまま、魂の赴くままに、体を動かし、

全身全霊で「いま」を表現した舞を、みな、全員で捧げました。



Mt.シャスタ。

その美しい御姿を、すっきりと現してくださいました。


s017.jpg


文字では、なんとも言い表せませんね。

これを読んだだけでは伝わらないでしょう。

とにかく、あの現地で、感じないとわからないです。

この、静かに満ち満ちているエネルギーと、それに共鳴する感動。


s029.jpg



インディアンドラムを打ち、この地球への賛歌を贈ります。


s032.jpg


遠い遠い、向うの空まで、ドラムの音が響き渡り、

そのこだまが、返事をするように返ってきます。

月が、空から見守っていました。


s036.jpg





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

聖地 Mt.シャスタリトリート その13(ケーブ)



ある、ボルケーノの森にて。

s074.jpg


地球の中へと入って行きました。

ここは、進むにつれて次元か変化していきました。

体を慣らしながら、一歩一歩、少しずつ、歩みを進めていきます。


s088.jpg


地下に行くと、わたしがそこに座っていました。

「ようこそ」と微笑んでいました。

わたしが、わたしを待っていました。

私は、ケーブに座っているわたしに、「よろしくね」と、地球のことをお願いしました。



もうひとつ、違うケーブ。

s056.jpg


地底では、姿のない、当時の人々がたくさん、まだいたようです。

その当時の人々と、神々が集合体となって、わたしの目の前に特異な形で現れました。

そこで、行われていた儀式について、こまごま、教えてくれました。

地下からの熱で、湯気があがり、そのメッセージを確実にしていました。

s051.jpg



外に出ると、太陽がまぶしく、わたしは、地球への賛歌を、踊らずには居られませんでした。


ssecuredownload[2].jpg


森羅万象とつながる舞。

たくさんの存在たちが、それを見守っていました。







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

身延山久遠道場修行会


紅葉に山が燃える、美しい秋の身延より。

しばらく休みしておりました、修行会が再開されます。

次回は、11/24(月、祝日)-25(火)です。

今からの参加希望の方は、25日の日帰りのご参加を、歓迎されるそうです。
一日参加3700円です。(ランチ持参)

仏教修行に加えて、わたしが朝のヨーガプログラムを担当します。

どなたでも、どうぞご参加くださいませ。

お申し込み、お問い合わせは、下記HPまでお願いいたします。

ご縁のあるかたとお会いできますように。

http://minobu.web.wox.cc/blog

1493162_977281788955646_2843952879138508070_n[1].jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

聖地 Mt.シャスタリトリート その12(祝福の、森)



森の、奥、深くへ。

ここは、秘密の森。

写真も、アップできませんので、差しさわりのないものを使います。


s042.jpg



この秘密の森には、精霊たちが溢れていました。

そして、愛が、いっぱい。

満ち、満ちていました。



s049.jpg



わたしは、精霊をひとり、パートナーとして連れ、

木々の中へ、

柔らかい土の上へ、

たくましい木々たちへ、

自ら燃えて浄化する樹へ、

大きな岩壁へ、

杉の赤ちゃん、松の赤ちゃん、ヒイラギの赤ちゃんへ、

わたしと、精霊は、すべてに祝福を与えながら、

森の奥へ、奥へと、導かれていきました。

まるで、踊るように、わたしは、森と戯れました。

歌いながら、空から舞い落ちてくる、金の粉を浴びていました。

ここは、愛が溢れている。



s064.jpg



マザーツリーの前で仰向けに横たわりました。

ふかふかの落ち葉の上、暖かい土のぬくもり、その下にある、マザーツリーの包み込むような根の包容力。

わたしがインディアンフルートを、即興で奏で、もうひとりがインディアンドラムを叩き始めると、

森は震え、風が起こり、木の葉がゆらゆらと揺れ、妖精たちがあちらこちらから現れました。

心をこめて、フルートの音色で愛を伝えました。

さらに森は喜び、マザーツリーはわたしたちに、天から舞い落ちるいくつもの祝福をくださいました。


IMG_20141109_150654s.jpg



最高に至福のとき。

すべてが完全。

もう、消えてしまってもいいと思いました。

三次元のわたしの持つすべてを、もう、手放してもいいと。

森に、地球に、溶けていきました。

愛しています。


s023.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

聖地 Mt.シャスタリトリート その11(キャッスル湖)




夜明け。

s001.jpg



目の前に、当時の人々が見える。

彼らはそこに、いる。


s005.jpg


水が押し寄せ、わたしを呑み、そして、わたしのハートから滝のように流れ出る。

ハートが痛い。

悲しみと、苦しみを思い出す。

わたしは、それを見ていたもの。



s009.jpg



わたしは、手のひらの上で、金の粒を育むもの。

その私の手に、指先を添える女性。

ともに、その金の粒を、空に落とす。

莫大な情報を含んだ、無限の種。



s006.jpg


神殿への入り口にて。

宇宙への無限のつながりのサインが現れる。

岩がピカピカ、輝きだす。

静かに、踊る、ハート。




静寂のなかで、ダイレクトに魂に響く言葉。

「判断しないこと。」

「分析しないこと。」

「予期、期待しないこと」

そして、「焦らないこと。」




メッセージとともに、わたしは肩の力が抜けていく。

そうだ。

三次元的な世界から離れることができる、キーワード。

判断・・・・分析・・・・予期・・・・期待・・・・焦り

これを持つ限り、わたしは、留まり続けると、教えられた。

そのとおりだ。







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

聖地 Mt.シャスタリトリート その10(シャスティーナ湖)



ここは、わたしの故郷。

ずっとずっと昔。

まだ、人類が言語を話す前の時代。 

テレパシーでなにもかも、行っていた時代。



わたしは、ここで、すべてだった。

鳥にもなれるし、木にもなれる、花にもなれる、まさに、ワンネスの世界だった。

いろいろなことを思い出した。

馬に乗っている。

鷹になって、空を飛んでいる。

ドラゴンの姿で、舞う。

花が色とりどりに咲き乱れ、人々、建物、岩、空、その他
たくさんの記憶。

わたしは、地球。

わたしは、すべてとひとつ。

涙が出た。




丘に登った。



s058.jpg



ジュニパーの匂いがたちこめる、丘。

宇宙とつながる、空へ。



s090.jpg



タイムトリップ。

遥か、遥か、遠い、遠い、昔へ。



s062.jpg



私は青い泉の中央に浮かぶ、小さな小島にいる。

そこで、太く大きく、しっかりと根を張る、巨大な樹だ。

善いも、悪いも、すべてを吸い込み、そして、光に変えて吐き出している。

そんな、巨大な樹。

わたしは、そこにいる。

目には見えないけれど、まだ、そこにある。



s094.jpg



暮れゆく、今日という日。

たくさんの気づきのギフトを抱き。

たくさんの、府に落ちること。

ビジョンがすべて、ひとつずつ繋がっていく。




水が枯れたシャスティーナ湖。

息を呑んだ。

ここだったんだ。

瞑想の中で、たびたび、現れてきていた、この場所。

まさに、ここだ。

たまらず、歩きだす。 歩く速度が、どんどん、速く、確実になる。

湖の真ん中へ。 露わになった、水底へ。

水草であったであろう、たくさんの草たちが、わたしの足元にからみつく。

広々とした、枯れた湖の真ん中で、立ち止まる。

わたしは、大きく息を吸う。

水気を含んだ、空気は、いまのものか、太古からのものか。

そして、わたしは、思うままに、唄う。

喜びが空気を伝導して広がっていく。

ここの、すべてが、それを静かに聞いている。

無言の音で、自然から答えが返ってくる。


s104.jpg



鳥が空を羽ばたく音が、まるで、飛行機の旋回のように聞こえた。

何羽も、何羽も。

頭上のすぐそこを、ブーーーン、という音が行き交う。

鳥たちは、羽ばたきながら、生命の喜びに、声を上げている。

生きている。

生きている、その喜びのなかに、生きている。

何千年、何万年も前から、こうして、飛んでいるのだろう。



s096.jpg



わたしの、ハートの聖なる空間である、この場所。

水底に座り、いつまでも、感じていた。

日が沈み、真っ暗になっても、離れることができなかった。

ありがとう。



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 【合宿】2014聖地Mt.シャスタ・セドナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする