2014年08月30日

今日のお言葉(銀河系)


正しく強く生きるとは

銀河系を自らの中に意識して

これに応じていくことである



宮沢賢治

529940_10200586848943413_1861597444_n[1].jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

おススメ映画


「目覚めよ!パラマハンサ・ヨガナンダ」

これ、絶対に、見る。

いつから見れるのだろう。


https://www.youtube.com/watch?v=TWECx4V9IOw&feature=youtu.be



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アート鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

おめでとう、わたし


おめでとう、わたし。

またひとつ、大きな封印が開いたよ。

感謝と共に、卒業だ。

今まで、ずっと、

苦しんで、もがいて、学んでくれてありがとう、わたし。

世界にご恩返し、したいです。

暴力的な思いがおさまり、これ以上、戦争が起こりませんように。

祈ります。


10612624_10204457691232051_1088445351294781376_n[1].jpg
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し〜ヒーリング〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

ピアノリサイタル


8/20の夜。

大好きな作曲家のかたのピアノリサイタルに行ってまいりました。

彼の生ライブを聴いたのは、昨年。

ある方の自宅にて行われたある個人製作映画の試写会に、

作曲家の彼がプライベートで来ていたところに、

わたしも、ひょんなことから、当日飛び入り参加させていただきました。

ちょうど、満月、間際の夜でした。

自由に、好きなように弾いてくださる彼の演奏と、

ピアノが好き!という、彼の情熱に感動しました。

それからずっと、私も彼のピアノが好きです。



先日の彼の初のピアノリサイタル。

素晴らしい夜でした!

なんてなんて、温かい、心がこもっているのでしょう。

とっても、あったかい、彼の人柄がよく伝わってきました。

ズキュン、とハートに響くポイントがあり、途中、涙が止まらなかったりして。

あー、なんて素敵だったんだろう!

6日たった今でも、まだ、余韻が残っています。

素晴らしい時間でした。

10629797_10204438229065509_24040735173520765_n[1].jpg



posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アート鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のお言葉(アインシュタイン)



なぜ自分を責めるんだ。

必要なときに、

他人が責めてくれるじゃないか。




アルベルト・アインシュタイン


021.jpg

posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

今日のお言葉(マザーテレサ)



沈黙の実りは祈り

祈りの実りは信仰

信仰の実りは愛

愛の実りは平和


マザーテレサ



ガンゴートリ21.jpg

posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

インド・ネパール聖地巡礼紀行 写真上映会


<山梨>

★「インド・ネパール聖地巡礼紀行 写真上映会」

8/24(日)昼の回13:00〜、 夜の回19:30〜



これまで、13回訪れた、愛するインドの、貴重なお宝写真の上映会です。

プロジェクターを使用し、スクリーンに映しながら、

そのときのエピソードも加え、心のふるさと、インドを語らせていただきます。

ご家族、お子さま、お知り合いお誘いの上、ぜひ!

楽しい時間を、一緒にどうぞ〜〜〜〜★


日時:8/24(日)昼の回13:00〜、 夜の回19:30〜、

お申込み制です!
   (遅刻早退可 ご連絡ください) 

場所:甲府市山宮 KCジョーンズクリスタルショップさん

参加費:1000円 (お茶、お菓子をお出しします)

持ち物:飲食物、持ち込み自由です〜!


kanyakumari少女たち4ありがとう.jpg

posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド・ネパール2014.4-6 回想記その32(完)


≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫



素晴らしい2か月の旅でした。

ひとりで旅をすることが多い、わたし。

今回は、最初から、最後まで、多勢のかたがたと旅をともにしました。

なんてったって、ツアー旅行が大の苦手で、集団で行動することが大苦手なわたし。

たあいもないおしゃべりも、実は得意じゃないんです。

こんなわたし・・・・、どうなることか・・・・と、ほんの少し、案じておりましたが、

気心の知れた生徒さんたちばかりで、

わたしの、良いも、悪いも、全部、許して下さって、

本当にありがたかったです。

たくさんのかたの「赦し」と、影なる「支え」で、生きているんだ、ということを改めて感じました。

ネパールでは、たくさんの気付きがあり、学びがあり、大変貴重な期間でした。

一緒に共に過ごした皆さんにこころから感謝しております。合掌

021.jpg



インドでは、毎日が幸せすぎて、完璧な日々でした。

ほぼ、4名で(途中で1名プラス)の旅だったのですが、

全員が同じ波動で、一緒にいることがとても自然で、本当に家族のようでした。


ティクセ23.jpg



インドは、行くたびに、いろんな学びを与えてくれます。

何を言われようと、どんなに貯金がからっぽでも、

どうしても、インドが好きです。

インドにいると、無条件に魂が華、開きます。

そして、インドの土地と、わたしの魂は、一緒に踊っているような感じで、

ばっちりと、ハーモニーを奏でるのです。



わたしがこんなにもしょっちゅうインドに行くことで、

貯金や、仕事や、信頼など、失うものもあって、

日本に戻ってくるたびに、ああ、これも失ってしまった、ああ、あの人も離れて行ってしまった・・・・、

と、帰ってくるたびに、悲しさ、寂しさに愕然・・・・とするのですが、

それでも、インドが好きです。

勝手な私でもなお、まだついてきてくださる、たくさんの信じてくださるかたがた、本当にありがたいです。

わたしは、他人に魂の道を導くにあたって、

まずは、自分自身が魂の道を歩んでいることが大事だと思っています。

自分が道に迷っていては、人を導くことはできない。

文章に書くと、また誤解を招くので、うんちくは、講座の中などでお話ししますね。いつか機会があれば。


ティクセ25.jpg



ますます、

気付き、学び、癒され、封印が開き、

無限の愛を持てますように。

世界のすべてが、愛の光に満たされる、お手伝いができますように。



088.jpg


ちょくちょく、こんな写真が撮れます。

わたしの光。

(ティクセ僧院のちびっこ僧侶くんたちと一緒に。)



かなりひとりよがりな(笑)長い長い、回想記におつきあいありがとうございました。

も・ち・ろ・ん!!!!

日本も、愛・愛・愛・愛してますよ〜〜〜〜!!!

らぶ♡

(終わり)







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 《旅》インド・ネパール2014.4-6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

今日のお言葉(心を開いて)



決意を持って、宇宙の贈り物に心を開けば、

贈り物が届きます。

それが目に入らずに、

贈り物が通り過ぎてしまう場合もあります。

そうならないためにも、

いつでも心を開いて、

扉を開けた状態にしておくのです。

可能性やチャンスが到来したら、

感謝の気持ちで受け入れます。

これが大切です。

サットヴァを利用するというのは、

サットヴァの目的に達することです。


サティシュ・クマール


秋空 (2).jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

ヨーガ集中実践・研究連続講座


≪ヨーガ集中実践・研究連続講座のお知らせ≫


ご要望にお応えして、特別講座を開催することになりました。

今回は、ヨーガの指導者の養成コースではなく、個人が自己の霊性の向上のために、しっかりと実践、研究をしていくコースです。

ヨーガは、本を読んだり、話を聞いたり、頭で理解するだけでは本当の意味でヨーガを行っている事にはなりません。

その体と心で、実践をしていくことによって、真なるものが見えてきます。

集中して実践・研究をすることで、神聖な時と、想いを身につけ、

忙しい毎日を送るなかで、いつのまにか埋もれてしまったものをみつけ、さらに霊性に磨きをかけていくことができるでしょう。

実践と研究の中で、さまざまなプロセスを経て、確実に、魂の学びが深まることでしょう。

13回のインドでの霊性修行から、わたしの学びもどんどん深まり、知識も経験もますます増え、それをたくさんのかたとシェアしたいと、心から望んでいます。

どうぞ、どなたでもご参加くださいませ。

これが終了すると、またインドやアメリカへと旅立つ予定でいますので、この機会にぜひどうぞ。




≪概要≫

ヨーガ聖典研究、アーサナ実践、プラーナヤーマ実践、瞑想実践、基礎運動生理学・機能解剖学受講





≪対象者≫

わたし、ユキヨーガクラスに何度も参加したことがあるかた。

ヨーガスタイルは講師によって様々ですので、しばらくの間、一緒に時間を過ごすにあたり、心が通った師弟関係を作るために、この条件とさせていただきます。 お会いしたことがない方は、まず一度、お教室に来ていただいて参加されてから、受講をご検討ください。

ヨーガ経験・男女・年齢・体の硬さはまったく問いませんので初心者でも大丈夫です。

そのた、なにか新しいことを始めたい方、自分を変えるきっかけが欲しかったかた、何か一つの事に集中したいと思っていたかた、などなど、どなたでもどうぞ。





≪講師≫

ヨーガマスター&スピリチュアルヒーラー  ユキ

プロフィールはHPをご覧ください。 http://yuksimyogaism.jimdo.com/




≪日程≫ 

(予定ですので多少変更の可能性があります。)

※お休みされる回は、他コースへ振り替え受講ができます。



<平日夜コース>

2014年

8/28(木)19:00〜21:45、 

9/4(木)19:00〜21:45、 9/11(木)19:00〜21:45、  

9/18(木)19:00〜21:45、  9/25(木)19:00〜21:45、

10/2(木)19:00〜21:45、  10/7(火)19:00〜21:45

10/9(木)19:00〜21:45、  10/14(火)19:00〜21:45、

10/16(木)19:00〜21:45、  10/23(木)19:00〜21:45、




<土日コース> (多少時間調整できますのでご相談ください)

2014年

8/31(日)17:00〜20:00

9/6(土)17:00〜20:00、  9/20(土)17:00〜20:00、  9/21(日)14:00〜17:00、

9/27(土)17:00〜20:00、  10/5(日)13:00〜16:00、 10/11(土)17:00〜20:00、  

10/13(月・祝)13:00〜16:00、  10/18(土)17:00〜20:00、  10/25(土)17:00〜20:00、  


 


会場:山梨県中央市 または 甲府市



※なお、天空の森アシュラムにて宿泊滞在もできますので、遠方からの方もどうぞご受講ください。(2名まで。女性限定)



●費用:全コース受講 50,000円 (ヨーガ養成講座修了生は45,000円)※分割払い可能
    一回単発受講 一回5,500円 (ヨーガ養成講座修了生は5,000円)


費用は、会場費、資料作成代、講義代、備品購入代、作成資料関連消費用、外部講師講義代&交通費、を含む。

別途、参考書籍代がかかります。もし、お持ちのものでしたら免除になります。お問い合わせください




★振替について
欠席される場合は、昼コース、土日コースに振替できます。内容がまったく同じではないこともありますのでご了承くださいませ。
  

                          

お申込期限: 2014年8月21日 (各コース3名以上のお申込みで開講となります)                 

(※施設予約、資料・備品注文の為、できるだけお早めにお申し込み下さい!)  

アーサナ.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ・スピリチュアル関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド・ネパール2014.4-6 回想記その31(ティクセ最高!)


≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫


滞在していた、ティクセ僧院の宿坊。

ラダックの僧院は、たいてい、小高い丘の上に建っています。

最高に最高に、景色がよいのです。


ティクセ11.jpg



朝は、朝日が大地から登り、

夕方は、夕陽が大地に沈む。


ティクセ6.jpg



なにもかもが、絵になるのです。

ティクセ12.jpg



夜は、満天の星空。

宿泊した部屋の、大きな窓から一晩中、星空浴ができます。

ティクセ20.jpg



流れ星どころか、UFOも見えちゃいます。

ティクセ17.jpg



毎日、このストゥーパから、夕陽を拝んでいました。

ティクセ19.jpg


5エレメンツを象徴する旗が、強風にバタバタはためく映像が、まだ目を閉じると思いだせます。

あのときの、ストールを奪い去るかのような風の強さや、肌から熱をどんどん奪っていく感じ、

刻一刻と、色が変わっていく世界。




最高です。

幸せすぎて、ジャンプしちゃいます!


ティクセ8.jpg



早朝。

屋上で、長ーい楽器を吹く僧侶たち。

この地球に、低く鳴り響き、バイブレーションが広がっていきます。

素晴らしい、神聖な時。


ティクセ24.jpg


すべてが、すべて、完璧です。

本当に、心から感謝しています。

ティクセ21.jpg

(つづく)
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 《旅》インド・ネパール2014.4-6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のお言葉(強さともろさ)



大いなるワンネスに融輪するためには

ひとは強くなると同時に、

無防備なもろさをも併せ持っていなければなりません。

なぜならそれこそが、

最も強い力を生み出す

源でもあるからです。


ジュード・カリヴァン


平和の木3.jpg


posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

お盆の想いで

お盆の想いで。

親戚のおばちゃんの背中に抱きつく。

親戚のおじちゃんの腕にぶら下がる。

父方のいとこたち。

母方のいとこたち。

トランプゲーム。スピード、大貧民(大富豪)、ババヌキ、神経衰弱、七並べ。

大好きなおじいちゃんとサイクリング。

甲府の動物園。遊亀公園。紙芝居。型抜き。水飴。影ふみ。ひとりダンス。木登り。

愛犬ロッキーを抱き締めて、もみくちゃにして可愛がってあげるときの、ロッキーの体温。

大好きなロッキーにそれを毎日する、専用の、汚れても臭くなってもOKの紺色のジャージ。

真っ青な空。白い雲。宇宙。宇宙船。

田んぼの道路の、コンクリートの上に寝転んで、温かい石の上からみる、夕暮れのピンク空。

はしゃいでまたいだ、迎え火。

茄子の牛と、キュウリの馬。

母が毎日、一杯のコーヒーを飲むのを我慢して、貯めた小銭で買ってくれた、ピンクのサンダル。

目が悪いおばあちゃんの足の爪を、代わりに切ってあげる、日溜まりの縁側。

兄がお年玉で買った、庭の卓球台。

黄色いローラースケート。

軽トラの荷台に乗って、サーフィンごっこ。

母がホースで庭の花壇に、大きく水をまくときの、ワクワク感。

父が私の足をもって、ブンブン振り回してくれる。はしゃぐ私。

鳥かごの中の喋る鳥に、「大好きだよ」を教える私。

早朝のクワガタとり。土の臭い。木の幹の感触。

死にかけた雀を拾ってきた。手のひらの上で、一声鳴いて、死んでしまった。号泣のわたし。

寄りかかって、体ごと倒れて泣いた、居間の網戸。

セミは一週間の命だと聞いて、ワンワン泣いた、わたし。

幸せな幼少期。

大家族の中の、元気一杯の、わたし。

胸が切なくなる、想いで。

抱き締めたい。












posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心あったかもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のお言葉(力を抜いて)


肩の力を抜いてごらんなさい。

あなた方の世界に

「やらなければならないこと」

など、何もないのです。
 
 


                          天使より

伊勢81−1





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

インド・ネパール2014.4-6 回想記その30(パンゴン湖)



≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫

何時間、ジープに揺られていただろう?

崖のような道を、グワングワン、振り回されながらの旅。

川のような場所をザブザブ横切ったり、

途中、突然、タイヤがパンクしたり、

たいへん、スリリング。



パンゴン湖が近付いてきた。


パンゴンツォ13.jpg


遠くから見ても、青い。

パンゴンツォ12.jpg



近づいてみると、さらに青い。

パンゴンツォ16.jpg


パンゴンツォ17.jpg


パンゴンツォ18.jpg



ペロリとなめてみると、塩辛い味がした。

パンゴンツォ19.jpg


ヒマラヤはかつて、海だったという。

その証拠だね。

パンゴンツォ20.jpg


標高が高い。4500m。

ので、とても疲れる、とても眠い。


パンゴンツォ3.jpg



湖は、とても透明。

パンゴンツォ22.jpg



色が、幻想的すぎる。

パンゴンツォ24.jpg



なんて、素晴らしい世界。

パンゴンツォ21.jpg



地球は、なんて美しんだろう。


パンゴンツォ23.jpg


愛しています、地球。

パンゴンツォ30.jpg



下山したときの夕陽が、胸に沁みる。

パンゴンツォ31.jpg


こうして、この素晴らしい世界に生まれたことに、感謝。

こうして、ご縁のあった愛する人々と、一緒にヒマラヤに来れたことに、感謝。

太陽の光に、感謝。

胸がいっぱいになって、涙が出た。

最高の、旅だ。

2か月の旅の最後を飾る、素晴らしい経験だった。

(つづく)







posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 《旅》インド・ネパール2014.4-6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

丸裸の森



我が天空の森の裏山にて。

洋服を脱いで、下着も脱いで、

ユキというラベルも脱いで、

「社会」を全部、脱ぎ捨てて、

真っ裸で森と調和しました。


10568938_10204390016380222_6302494876363368362_n[1].jpg



全裸のわたし。

ただの、わたし。

地球の中の、ちっぽけな一部。

地球に心を開くと、優しく迎え入れてくれました。




自然に、周波数を合わせます。

「人間の私モード」では、感じられないことが、とても感動的に感じます。

木の葉が自然に舞い落ちる、小さな音と、かすかな空気の揺れ。

虫の羽音が波うつ、波動。

木漏れ日がユラユラと模様を変えていく、土と落ち葉。

よく目を凝らすと、実に無数の虫たちが生きている、大地。

土のにおい、木の幹の匂い、虫の死骸の匂い、わたしの肌の匂い。

小川のせせらぎが、コソコソ内緒話してるみたいに、わたしの耳までやってくる。

わたしは、地球。

私がどんどん広がっていく。

手放せば、手放すほど、

わたしは、すべてを手にしている。




カリンバも弾いてみた。

音が、まるで音符になって、あちこち飛び回っているようだった。

隣の栗の木が、いまにも、くねくね、ダンスをしそう。

山が楽しそうにしていた。


10610927_10204390015060189_8945848212909116015_n[1].jpg



ここまで来た、森を振り返ってみた。

森の木々の向こうには、我が家がある。

木々の隙間からは、もう、建物は見えないけれど、人間が住む気配はわかる。

丸裸の私がここで。

森の中にひとり立ち、人間界の様子を窺っている。

野生のシカや、猪たちも、こんなふうに、わたしが住む、すぐ裏山で、わたしの生活を窺っているのだろうか。

野生の動物に周波数を合わせてみる。

胸が、わくわくした。

人間って、窮屈だ、と思った。



不思議なことに、

裸だと蚊に刺されないけれど、服を着た途端、蚊が寄ってきたよ。

自然と同化していたんだね。

洋服は「社会」だね。

不自然。

脱ぎすてると、なんて気持ちがいいんだろう。

自然は、なんて居心地がいいんだろう。


10603486_10204390015260194_5881581734954404315_n[1].jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分の感性とのデート☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

瞑想会の感想


スーパームーンの満月瞑想会に参加してくださいましたかたが、
Facbookで感想を書いてくださいました。

ありがとうございました。

******************




山梨県で瞑想会に参加しました

広い芝生の大地を裸足で歩く

ちくちくとした芝生の感触を

足の裏で感じ大地を踏みしめる

そしてその下の地面を感じ

そして地球を感じる

深くゆっくり呼吸をする

心地よい風が吹き

キャンドルの炎がゆらゆら揺れる

風が強く吹きキャンドルの炎が消えた

深くゆっくり呼吸をする

私という種を地面へ埋める

私という種は地中に深く根をのばし

地球の中心としっかりと繋がる

私はもうぐらつかない

私という種は芽を出し

大きな木になりドンドンのびて行く

宇宙と繋がり光の柱をたてる

エネルギーが体の中を循環する

深くゆっくり呼吸をする

宇宙からプラーナが頭を通り

ハートの中いっぱいにひろがる

地球から骨盤を通りプラーナが

ハートの中にいっぱいひろがる

スーパームーンが雲の間から出てきて

美しい光りを放つ

物凄いパワーに感謝する

深くゆっくり呼吸をする

風か心地よい

私はただ在る

ここに在るだけで しあわせ

シンキングボールの音が歌い出す

シンキングボールの音に

合わせYukiさんと声を出す

Yukiさんの声と私の声がハモり出す

私がシンキングボールを鳴らし

宇宙語を話し出す

Yukiさんが続いて宇宙語を話し出す

同じ宇宙語で、会話が始まる

「あなたに逢えて嬉しいです」

私たちは同じ惑星から来たんだね

心地よい会話が、弾む

円になりみんなで繋がり

スーパームーンのエネルギーを感じる

Yukiさんが流れるように風と戯れ舞う

豊かな時間が流れる

私たちはただここに

在るだけで しあわせ

愛がハートを満たす

地球に生まれて来た

ことに感謝する 2014.8.11碧光るハート
posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 皆様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパームーン瞑想会報告


スーパームーン満月瞑想会報告。

一昨日の夜。

月が地球に近づくスーパームーン。

月明かりに照らされ、夜風を感じながら、森羅万象とつながり、祈りとともに瞑想しました。

スーパームーンのパワフルなエネルギーに満たされました。



瞑想を始めたときは、少し肌寒いくらい、風が強く、

灯したキャンドルも、ガラスホルダーの中でも、すべてあっというまに消えてしまうほどでした。

裸足で芝生の上を歩き、地球とともに呼吸をし、地球と周波数を合わせ、プラーナ管を開くワークが終わった直後、

それまで、まったく姿を見せていなかった、お月様が、

虹色のような輝きとともに、ピッカリと現れました。

図ったかのような絶妙なタイミング。



まっすぐに広がる月明かりを浴びながら、

チャクラづたいに、調和と変容のエネルギーをガイドして促していきました。

月の光は、途中で、虹色のように変化していったり、

雲とのダンスを踊りながら、

いろいろな表情を見せてくれました。

わたしのガイドが終了したのと同時に、

いままで、ビュウビュウと吹いていた風がピタリとやみ、

静けさがやってきて、

静寂の中、皆さん、思い思いに瞑想をされていました。

これも、素晴らしいタイミング。

天からの、祝福です。



わたしは、皆様から湧きあがってくるもの・・・・、闇も光も・・・・・、切るも繋ぐも・・・・・、を受け取り、

それを癒し、浄化し、整えて、活性化するため、

月明かりの中、舞いました。

素晴らしいご縁で繋がった、ご参加の皆さまに心から感謝いたします。

合掌


20140811_213636_resized_1.jpg




posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

インド・ネパール2014.4-6 回想記その29(ヒマラヤ標高5300m)


≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫


2か月の旅の最後。

ヒマラヤの中にある、湖へと日帰りで行ってきました。

標高5300mの場所を通って、4500mの位置にあるパンゴン湖へ。

とにかく、とにかく、とにかく、

景色が、素晴らしすぎます。


パンゴンツォ9.jpg


パンゴンツォ10.jpg


猿の惑星の、世界。

ドラゴンクエスト、の世界。

偉大なる地球。

宇宙空間の中の惑星。


パンゴンツォ11.jpg


パンゴンツォ14.jpg


「すごーい!すごーい!」

と連発して、夢中で、シャッターを押し続けました。


パンゴンツォ4.jpg



パンゴンツォ5.jpg


ここは、標高5300m付近。

人間が車で行ける場所の中で、世界で二番目に高い場所。

ちなみに、一番目に高い場所もインドのヒマラヤだそう。


パンゴンツォ6.jpg


パンゴンツォ1.jpg


パンゴンツォ7.jpg


パンゴンツォ28.jpg


パンゴンツォ8.jpg



こんなところに!?

羊の群れや、馬がいたりました。

草などないというのに、頑張って生きているんだなぁ。

生命って、すごいなぁ。


パンゴンツォ27.jpg


地球は、こんなにも大きく

自然は、こんなにも偉大。


パンゴンツォ25.jpg



人間は、自然に背き、文明を発達させることで、地球を破壊し、神を超えようとしているのかもしれない。


パンゴンツォ29.jpg


世の中が便利になればなるほど、失うものが大きい。

失ったことにさえ、人間は気付いていない。


パンゴンツォ26.jpg


母なる地球。

愛しています。

ありがとう。


(つづく)










posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 《旅》インド・ネパール2014.4-6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

インド・ネパール2014.4-6 回想記その28(チベット暦のブッダ生誕祭)


≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫


大好きなティクセ僧院。

ここの御堂の波動は、まさに宇宙です。

訪れたときが、ちょうど、チベットカレンダーでのお釈迦様の生誕祭の期間でした。

僧侶たちは、サンドマンダラを作っていました。


ティクセ13」.jpg


砂を、とても繊細に落として行って、敷いて行って、曼荼羅を描きます。

息を止めて、見入ってしまいました。

素晴らしい集中力と、芸術性です。


ティクセ14.jpg


滞在しているときは、8日間、毎日、朝から夕方まで、止まることなくお経を読み続けるセレモニーをしていました。


ティクセ10.jpg


滞在するうちに、僧侶の方々とも仲良くなり、働くスタッフの方々とも仲良くなり、

本当に、本当に、満たされた日々を送らせていただきました。


ティクセ15.jpg



大好きなこの景色。


ティクセ16.jpg


感謝の日々。

ティクセ7.jpg





ティクセ18.jpg


(つづく)





posted by ユキ ラクシュミナラヤニ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 《旅》インド・ネパール2014.4-6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする