2019年01月18日

ムーブメントメディスン変容の炎 in ウィーン



昨日は、オーストリア・ウィーンでのムーブメントメディスンナイト。


ウィーンMM3.jpg



@私たちの生きるエネルギーは意図と意識が向く方向に流れていく。

A私たちが持つ古いパターンや心の癖は、繰り返し繰り返し起こっている。

B人生の「筋書き」や「流れ」は、自分の気づきと意志で、創造することができる。



ウィーンMM1.jpg



目覚めた火のスピリッツとの素晴らしいトランスフォーメーション・変容の時間でした。

愛のあるパワフルなMMティーチャーのDavidをアシストさせていただいた、素敵なご縁に心から感謝いたします。

そして、オープンハートなウィーンの人々と、命の炎をシェアした時間、本当に素晴らしかった。

合掌

ウィーンMM2.jpg






【関連する記事】
posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 21:57| ムーブメントメディスン・シャーマニックダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

準備その7 Beyond3ヒーリングルームinミュンヘン「プレオープンセレモニー」



(NEWヒーリングルームの準備 その7)



なんとか、お部屋はできました。

まだ、いくつも家具が足りていないのですが、明日から同僚がこの部屋を使用するので、それまでにギリギリセーフで、なんとかセッションができる形になりました。



beyond3準備27.jpg



実際に私が本格的にここでセッションを始めるのは3月からとなりますが、共同で使っていくことになった同僚のための、ひとまずの、プレオープンです。

たくさんのシンギングボウルとヨーガの道具を収納する棚は今月末に、カーペットは2月下旬に届くはず、

そして、11月に日本から(船便で)送ったいくつかの段ボールの中(まだ届いてない!)にも、ここに置くものが入っているので、それらを設置したらバランスを見てまたインテリアを考えようと思っています。



山梨のわたしの愛するヒーリングスぺース・天空の森から持ってきた愛する石たち。

わたしが聖地に仕上げたあの場所での癒しのエネルギーをたくさん蓄えているこの子たち。


beyond3準備31.jpg



インド・マドゥライのお気に入りの寺院から持ち帰ったガネーシャ。

これも、天空の森の祭壇の壁につけていたものです。覚えている方もいらっしゃいますね、きっと。

毎日、瞑想とお祈りをした波動が浸み込んでいます。


beyond3準備29.jpg



クリソコラは、わたしの人生の中のある時期、一番のお気に入りの石だった。

大好きな「地球」をイメージさせる、愛の石。

以前、ご縁がつながったかたがプレゼントしてくださったこの想い出の石を、インドネシアの自然の木でアレンジ。

変容の渦が、愛と共に在る・・・・・ まさに、わたしの個性であるエネルギーの現れだ。


beyond3準備30.jpg




11月に西表島で、祈りを捧げた海岸から持ってきた、Siva Eyesの貝たち。

それを、インドヒスイで囲い、フラワーオブライフのご縁でつながった大切な友人から、数年前に誕生日プレゼントでいただいた幾何学オブジェクトで、グリットを作りました。

どうぞ、地球の水が、浄化されますように。


beyond3準備32.jpg



た〜〜〜くさんあった、スピリチュアル・ヒーリングに関わる置物やオブジェクトたちは、ほとんど、ご縁の深い生徒さん・クライアントさんたちに差し上げてしまったので、以前のようにあまりたくさんはないのですが、でも、少しだけでも残しておいてよかった。





作業の合間、ひと休みのご褒美ランチは、人生でナンバーワンの美味しさの、ビーガンピザ屋さんを新しく開拓。

ビックリするほど美味しかった。ビーガンのピザが食べられるのは本当にありがたい。


Beyond3準備33.jpg




ひとまず、プレオープンまでに仕上げるべきことがすべて終わったあと、

セッションルーム2つ、控室、ロビー、トイレ、洗面所、などのすべてのお部屋のエネルギー的な浄化とお祈りをしました。

そして、

新しいわたしの祭壇。

これもまだ、発展途上で、これから、よりしっくりくる形に整えていきます。

この祭壇のものも、本当に、想い出深い石たちばかり。

わたしのスピリチュアル的なサポートをしてくれる、とても働き者の子達ばかりです。

魂の故郷・ラダックから持ち帰ってきたホワイトターラーのタンカは、額縁をゴールドに変えて、新たにここに鎮座しました。

マニ車は、山梨での愛車「フォレストエルフ(森の妖精)」の中でクルクル回っていたものです。覚えている方もいますよね。




この祭壇の前に、ドラムを持って座り、この土地と、この場所に関わるすべての人々、スピリットたちに、ご挨拶のお祈りをしました。



beyond3準備28.jpg




わたしは地球とのコネクションがとても強いので、いつでも必要な土地に、自然な流れで導かれていきます。

そして、大抵は、旅の中で導かれて行き、その土地と歴史と波動と交流して、癒しや浄化をしているのですが、

こうして、旅を経て、ある土地に「根を張る」ご縁がつながることは、相当な強い導きのもとに起こります。

わたしは、この、以前はまったく興味のなかったドイツという国、ミュンヘンという土地に導かれてやってきて、

そして、とてもスムーズな形でここに「私の祈りの場所」を持つことになりました。

すべては、神聖なる力・宇宙の采配であらゆるものが与えられています。

誠実に、誠実に、わたしはわたしのやるべきことを、ここでやっていくのみです。



このドラムセレモニーには、パートナーも一緒に同席してくれました。

新しい土地に暮らすこと、自分のヒーリングルームをオープンさせること、この土地で活動すること、すべてのご縁をつないでくれたのは、パートナーです。

彼とのスピリチュアルコネクションに、心から感謝をしています。



プチセレモニーのあと、たくさんの言葉がわたしの口から出てきました。スピリットからの言葉でした。

わたしは、山梨・天空の森ヒーリングスペースでの山の上での暮らしが、とても恋しい、寂しいと感じている。

6年間という期間。

激動の波乱万丈のわたしの人生の中で、ターニングポイントである15歳以降、6年間という期間は、一番長く、ひとつの場所に住居を構えた経験でもあります。

その、運命の土地であった「天空の森」から持ってきた品物を見ると、あそこでのエネルギーや、山の動物たちの声、空の広さ、朝日と夕陽の神々しさ、夜の森の静けさ、祈りの生活として完璧に聖地に作り上げたあの場所で、訪れてくださった本当にた〜〜〜〜くさんの愛すべき人々との、かけがえのないすべての瞬間が思い出されて、ことあるごとに涙が出て仕方がない。

いつでも、天空から、下界の街へ、祈りを送っていた日々。

そして、今回は、ミュンヘンの街中にヒーリングルームを持つことになって、多少の抵抗感があることも、口から言葉として現れてきました。

わたしは、自然の中にいることが好きだし、人間の波動がたくさん入り乱れているところに長く滞在するのは、これまで、とてもエネルギー的に邪魔される思いをすることが多かった。

旅をしているのならば、いくら人間だらけでもよいのだけれど、そこに「根を張る」となるとやはり、人里離れたところが気持ちが良いのも事実。

でも、

信じられないくらいのスムーズな流れで、新しくここに根を張ることになり、そして、それを選択したのはわたし自身だ。

だから、疑いようもなく、わたしは、すべての最善へ導かれている。

故郷・山梨の天空の森ヒーリングスペースでの、6年間の自然との暮らしを経て、きっと、私自身がすでに「自然界の波動」に転写されているのだと感じている。

だから、この街中に導かれてきて、人々に、わたしの「自然界の波動」をシェアして行くのだと思う。

山を下りてきて、よかったのだ、と感じている。

今年の6月に、ものすごい葛藤の末、号泣しながら手放すことにした「天空の森」の愛する我が家だった。

でも、それもすべて必然で、さらなる輪を広げていくためのきっかけとして、山を下りてくる、最高で最善の機会だったのだと思う。

そして、山の上から行きついたのがミュンヘン・・・・というのも、おもしろい流れであり必然の導きなのだが、

これから、このミュンヘンを「ホーム」として、私の持つ「自然界の波動」とさらに「日本の禅スピリット」を、ヨーロッパにシェアしていきたい。

そのためには、私自身が人間的な側面でのプロセスだけに囚われず、いつでも高次のわたしに「開かれている・繋がっている」ことが必要だ。

それを、忘れずにいよう。

わたしは、本当に「瞑想の中に生きる」ことが、しっくりくる。

わたしの瞑想は、座って目を閉じていることだけではなく、生活の中で「常に気づいていること」。

大笑いして冗談を言っていても、号泣していても、落ち込んでいても、怒っていても、ワクワクしていても、どんなときでも、

「常に自分をみつめていること」。

そして、いつでも、自分自身のこれまでの人生で刷り込まれてきたことに、人間であるわたしの「いま・ここ」の感情は影響されている、ということに気づいていること、

そして、真実であるスピリットの声を信頼すること、ハイアーセルフ・宇宙との繋がりに開いていること。

そして、それらの経験を、ご縁のある方々にシェアして、サポートをしていくこと・・・・。

正直なところ、お料理をしたり、お掃除をしたり、家庭のあれこれをしたり、主婦をしたりするのは、わたしの人生の本当にお役目ではない。

それは、いまのわたしにとって、結構楽しいし、生活への感謝の気持ちから進んでやっているけれど、でも、これは居心地がよい環境づくりのため。

わたしには、この人生での役目があって、「自分が何者か・Who I am」が、見えている。

だから、わたしは自分の生まれ持ったギフトであるパワーをきちんと発揮できる環境で、自分の役割を持って世界に貢献していきたい。

この、「Beyond3ヒーリングルーム」を持つことによって、さらに、わたしの叡智が発揮できることを、本当に光栄に感じているし、

そして、この流れになりご縁と機会をいただく幸運を、とても幸福に感じ、感謝でいっぱいだ。



そんなことを、ただただ、口から出るままに喋っていました。

それを、愛のこもった眼差しで、ただ静かにパートナーは聞いてくれていました。

静かな夜、石造りのこの部屋にわたしの声が響き、すべての石たち、すべての神聖なる存在も、聞いてくれていました

まだ、新鮮なペンキの匂いがするこの真新しい部屋の空気を、一息深く、吸い込み、そして、ゆっくりと吐き出しました。

そして、未来へのドアが開かれました。











2019年01月10日

今日のお言葉(真実を見る目を持つ)



物事そのもの(の真実)を見ることを妨げているのは、それに「なれ親しんでいる」という状態である。

我々は物事自体をみる代わりに、それがなんであるか、という観念を投影しているにすぎない。

だが、意識を現在について集中させると、物事に出会うとき、一つ一つの物事のあるがままを体験する。

樹を見ても、「樹なるものを見る」のではなく、

生きて震えている一つの現実、概念や過去の(記憶の)選り好みでフィルターにかけられていない体験する。

一つ一つの物事に、その現実性を損ねるイメージを持たずに出会うのである。

スティーブン・レヴァイン


ミュンヘン5.jpg





posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 19:36| ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

(1/8更新)ミュンヘンで・魂を癒すインサイトヨーガ&対面ヒーリングセッションのご案内&ご予約可能日程



≪ドイツ・ミュンヘンにお住いのかたに向けてのご案内です≫




ミュンヘンでのヨーガ日程・ヒーリング創造療法カウンセリングご予約可能日程をお知らせします




(1/8更新)



1月のヨーガサークル日程


最大4名までのセミプライベートクラスで、たっぷりと贅沢な時間をお過ごしください。


@1/7火曜19:00〜シヴァナンダヨーガ
A1/10木曜15:00〜インサイトヨーガ 
B1/29火曜19:00〜シヴァナンダヨーガ 
C1/31木曜15:00〜インサイトヨーガ 

場所:Sendlinger Tor駅徒歩7〜8分(お問い合わせください)

※ご予約制となっております。


ヨーガクラスについての詳細はこのページ下段をご覧ください。



****************************:



1月のヒーリング創造療法カウンセリング対面セッションご予約可能日程

(1/8更新)

1/28 月曜 10:00〜20:00の間
1/30 水曜 10:00〜20:00の間
1/31 木曜 17:30



場所:Sendlinger Tor駅徒歩7〜8分(お問い合わせください)

※ご予約制となっております。




ミュンヘンでのセッション内容は、このページの下段をご覧ください。


お問い合わせ・お申し込みはHPよりお願いいたします。
http://yukismyogaism.jimdo.com/



ご縁のあるかたのお役に立てますように。
合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ



ミュンヘン予約可能日程.jpg



*************************




「魂を癒すインサイトヨーガ&瞑想」



インターナショナルヨーガマスター・スピリチュアルヒーラー ラクシュミナラヤニ ユキの特別クラス。


2017.7.png




きめ細やかな日本人のための、日本語でのヨーガと瞑想で、心と体を整えます。(参加者によって英語と日本語のミックスになるときもあります)

身体の不調、精神の不安定は、エネルギーのアンバランスと、氣の乱れによって起こります。

ご自身の「身体」と「呼吸」いう、「一番身近な自然」にフォーカスをしてみることで、失ってしまっていた、自分らしい「自然なリズム」を取り戻していきます。

難しいポーズを行ったり、出来不出来を競ったり、自分を追いこんだりせずに、自分を労わり癒していくヨーガで、あなた本来の「自然な状態」をみつけて、バランスをとっていくことで、より満たされていきます。

日本人が持つ「繊細さ」を磨き、さらに「自分らしさ」を活用していくために、自分と向き合う時間をお楽しみください。

初心者のかた、経験者のかた、すべてのかたがご参加いただけます。身体が固くても大丈夫です。

女性だけではなく、お仕事をされている男性のかたがたにも、ぜひ、お勧めいたします。

ラクシュミナラヤニ ユキの長年の指導経験からくる調和されたヨーガを、この機会に、ぜひお試しください。

オリジナルヨーガについての記事はこちらです。よかったらご覧ください。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/451857242.html




場所:Sendlinger Tor 駅から徒歩7分のオフィス(お問い合わせください)


※4名様以上にて出張クラスも承っております。お気軽にお問い合わせください。




ミュンヘンヨーガs.jpg




超少人数制のラッキーなクラス。

セミプライベートヨーガですので、丁寧な時間をお過ごしいただけます。

毎回、参加者に合わせて進めていきますので、一回のみのご参加でも、続けてご参加でも、どちらでも楽しめます。

※そのかたに合わせたヨーガを提供させていただきますので、体が固くても、お身体に不具合があっても大丈夫です。

定員:各4名(最少催行人数2名)ご予約制

ドネーション: 1クラス 18ユーロ(2018年12月末までの特別価格)




※インド人たちの瞑想合宿でのヨーガ指導

ナグプール1.jpg



※インドにてインターナショナルヨーガデーのイベント講師としてのパフォーマンス

インターナショナルヨーガデー2016.jpg



※インドの自衛隊へのヨーガ指導

アーミー7.jpg





※インド・ネパール・ミャンマー・タイなどで子供たちへのボランティアでのヨーガ指導

ルンビニー47.jpg


ミャンマー119.jpg


2016.Jun.21s.jpg




*******************************





ミュンヘン限定・特別ヒーリングプライベートセッションのご案内


2017.8.22.jpg



@エナジーバランシングヒーリング 
2019年1月末までの特別価格 45分 50ユーロ



お体にフォーカスをして、手をかざす、または軽く触れるなどで、本来のエネルギーを活性化し、

瞑想的な美しい楽器や、シャーマニックドラムの波動を使って、ガイダンスと共に身体を自由にさせるムーブメントで滞っているエネルギーをスムーズに促して場rナンスを整えていきます。

クライアントさんがご希望されるようでしたら、筋肉へのアプローチであるパートナーストレッチをソフトに行い、固まった筋肉をほぐしていきながら、細胞レベル・エネルギーレベルでの癒しのヒーリングを行っていきます。

エネルギーだけで施術するよりも、実際に肉体へのアプローチも加えていきますので、受けられている方には体と心の変化がわかりやすいようです。

※カウンセリングは含まず、施術のみとなります。




>Aヒーリングカウンセリング & 創造療法 
2019年1月末までの特別価格 90分 90ユーロ



お話をお聞きしながら魂レベルでのヒーリングが含まれます。

描画などの創造療法〜セルフクリエイティブセラピー〜で、無意識層で絡まっている問題にフォーカスしてのヒーリングを行うことで、癒しの現実化が早くなっていきます。

カウンセリングで気持ちを整理したい、いまの現状をどうしたらいいのか悩んでいる、人間関係で困っている、パートナーシップの苦しい問題、スピリチュアル的なヒーリング・魂の向上へのアプローチを期待される方は、こちらのセッションをお受けいただくとよいです。

詳細は、全般へのヒーリングセッションのご案内をご覧ください。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html



場所:
Sendlinger Tor 駅から徒歩7分のオフィス(お問い合わせください)




講師:ラクシュミナラヤニ ユキ



PhotoGrid_1482314438500s.png



身体に関わる指導1997年にスタート・ヨーガ指導スタート2001年
インターナショナルヨーガマスター・スピリチュアルマスターヒーラー・高次元エネルギーワーカー

日本国内・世界各国でヨーガ・瞑想指導・祈りの舞パフォーマンスを行っている。2008年から海外と日本の懸け橋となって、「ピースメッセンジャー」として、愛と祈りを世界各国の様々な土地にお届けしている。ヨーガスタイルは、体だけではなく、心と魂と全体との調和を図る瞑想的なヨーガを、経験からのシェアリングを通して伝えることで、よりバランスの取れた人生をサポートしていくことを望んでいる。

さらに詳細なプロフィールはHPをご覧くださいませ。

お申込み・お問い合わせはHPのお問合せフォームからお願いします。
HPはこちら。 http://yukismyogaism.jimdo.com/





準備その6 Beyond3ヒーリングルームinミュンヘン「控室・ペンキ屋さん」



(NEWヒーリングルームの準備 その6)



ひとまず、

控室の棚は3つともすべて仕上げました。

こちらは、説明書には「作業時間90分」と書いてありましたが、二人がかりで3時間以上かかりましたよ。


beyond3準備22.jpg



そして、この2mくらいの棚を、ベルトを使いながら、二人でよいしょ!と持ち上げて控室に移動するのですが、

「これは絶対に女の仕事じゃない!」と私は苦情を言いながらも・・・・(笑)

でも、ベルトを使うと意外にできちゃいまして、とても頑丈な自分の身体、すごいなあと改めて、女子なのに強く逞しい自分の肉体に驚きました。

これまでガンガン、道なき道を切り拓いて、ジャングルのような人生の中に、自らの足で道を作って来たもんねぇ、わたし。逞しくなるはずよね。



この棚、開くとこんな感じです。

beyond3準備23.jpg



これで、控室は完成しました。

まだゴチャゴチャしていましたので、今度、もうちょっとキレイにしたところで写真を撮ろう。



そして、問題の例のペンキ屋さん。

やはり、土曜の夜までに終わらせる、という契約は守れずに・・・・

日曜日の夜になっても、終わる気配がなく・・・・そして、あと2日くらいはかかるそう。なにぃー!?

とはいえ、組み立ててた家具などは、もう一つのセッションルームに保管していたのですが、そのセッションルームが月曜からお仕事が始まってしまうので、どうしても、ペンキを塗っている部屋にその家具を移動しなければならない。

約束では、土曜の夜までに終わっているはずなのに!

「できませんでした」と、普通に言ってしまうドイツ人に、ポカーンとしてしまいました。

日本の仕事の感覚とは、違うんだなぁ、ドイツ。

インドだったら、あり得るからわかるけれど、まさかドイツでもそうなのか〜、このオーガナイズ力の欠如と仕事への責任感の少なさ。

わたしはドイツ語できないのと、ペンキ屋さんは英語が話せないので、わたしのパートナーがすべて交渉してくれているのですが、さすがの彼も約束が違うじゃないか!・・・と少し怒っていましたが、もう翌日から仕事が始まってしまうので、片づけなくてはどうしようもない状況。

とにかく、家具の置き場所がないので、ペンキを塗っている部屋の片隅にまとめて置くことになりました。


beyond3準備24.jpg


サロンの中庭の景色。

リスや小鳥たちがたまに遊びに来ます。

beyond3準備26.jpg










posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 00:13| 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

(1/14更新)オンライン・お電話セッションご予約可能枠



≪オンライン・お電話でのセッション≫


(1/14更新)

1月の
スカイプ・お電話でのセッションのご予約可能枠をおしらせします。



(下記は、日本時間となります。他の国にお住まいのかたは、時差によりスケジュールが変わりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください)


1/25(金)@16:00〜
1/27(日)@16:00〜
1/28(月)@17:00〜 A19:00〜 B21:00〜
1/29(火)@17:00〜 A19:00〜 B21:00〜
1/30(水)@17:00〜 A19:00〜 
1/31(木)@17:00〜 A19:00〜 



(お時間の微調整可能です。ご相談ください)


の枠で、オンライン・お電話でのセッションのご予約を承っております。

※これ以降の日程は、お問い合わせくださいませ。



ヒーリングセッションにつきましては、こちらの記事をご覧になってください。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html



「スカイプ・お電話 プライベートヒーリングヨーガセッション」
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/439826067.html



お申込はHPのお問合せフォームからお願いいたします。
また、お申込にあたりましてHPの「ご利用案内」も合わせてご覧くださいませ。
https://yukismyogaism.jimdo.com/

※いただきましたご連絡に返信しましても、メールが戻ってきてしまうことがあります。ご利用のメールアドレスがgmailまたはyahooメールを受信できる設定になっているかどうかご確認くださいませ。




必要なかたのお役に立てますように。
ありがとうございます。

合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ


13327368_10153677695957076_1853049112049265276_ns.jpg




2019年01月06日

シャドーダンスヒーリング&聖なる性の癒しと開花のワーク



「シャドーダンスヒーリング&聖なる性の癒しと開花のワーク」



シャドウダンスヒーリング.jpg



あなたの魂レベルでの癒しと浄化、能力開花のエネルギーワークができました。



あなたの「シャドー・影・闇」を、空っぽになったわたし、ラクシュミナラヤニ ユキがまとって、

あなたの前でそれを、舞い踊ります。

舞っているわたしを、視覚で感知し、身体と心とエネルギーで感じ取ったあなたは、

これまで自分では気づくことすらできなかった「シャドー」からのもがきや、「影・闇」からの自分の傾向・心の癖を、

ハートで学び、エネルギーで感じ、それが、どのように自分に染みついているのかを見ることで、

そこから癒されて行く方向を感じ取り、解放に向かう道をみつめ、

そして、それをこれからの「人生の糧」にしていく方向へと進んでいく勇気を持つ。

そんなサポートをさせていただきたいという、わたしの願いからの新しいワークです。

言葉では現れにくいものを、実際に目で見て感じていただくことで、

頭(マインド)に邪魔されることが少なく、頭(マインド)ではない部分で、きちんと受け取っていただくことができます。



私たちの生き方を不自由にしているものの中には、

「社会の教え」や「これまでの人生でのトラウマ」が深く刷り込まれて自分の中に創りあげられている、

「こうなのだ」「これが善いであろう」「こうあるべきだ」と思いこんで、信じて疑わないものからの影響があり、

そして、

かつて「自分を守っていた考え方・観念」または「トラウマからの恐れ」に、頑なにしがみついて、もはや自分の一部になってしまっているという側面もあります。

そうなってくると、気づくことすら難しく、同じようなパターンで繰り返し人生の随所でやってくる「なんでいつもこうなんだろう」に、ただただ、出口が見えず彷徨ってしまうことがあります。

パターンを作っているそれらは、もともとの「ワタシ」ではない知識と観念であり、

それらを、舞いの中で、まるで、影絵を見るように、ひとつのドラマとして見つめたその先には、

まるでピカピカのクリスタルのように、美しく、優美に、艶やかに輝く、あなたそのものが発する光を信じることができる。

あるがままを歓迎すると、同じものを見たとしても、これまでと少し違った目玉で見ている感覚になる。

「美しさ」という観念さえも、そして、「善い・悪い」というすべての観念さえも、もともとの「わたし」ではなかったということ。



「聖なる性の癒し・開花」は、

人間としての命を尊重し、「ワタシ」として生きることへの敬意と、「ワタシ」として存在していることへの尊厳。

あなただけではなく、先祖から引き継いでいるカルマと、そこから働いているいまのあなたの存在にも働きかけます。

ひとつの命である「ワタシ」の中にある、女性のワタシ、男性のワタシが、みなそれぞれの過程で統合に向かっていくうえでのプロセスで、

周りの人間関係(パートナーシップ、家族関係、親子関係、仕事の人間関係、友人との関係など)から、

さらなる気づきが増えていき、自分にとって本当に必要で大切な人間関係の在り方を知るための気づきとなり、

社会の中で、自分を守りながらにして他者との善い関係性を保つことができる、「ワタシの中心」に繋がりやすくなるお手伝いとなります。

そして、

命が誕生する最大であり神聖なる「創造エネルギー」の「聖なる性(セクシャリティ)」は、

あなたが子供を持っていても、持っていなくても、常に、「子供(命)」という存在とつながっていますから、

あなたの「聖なる性」が癒されることで、すべての子供の存在が癒されて行くと信じています。


※女性・男性、どちらにもワークを行うことができます。


あなたという命に、そして、これからの地球を支えるすべての命に、
心からの愛と敬意をこめて。
合掌
ラクシュミナラヤニ ゆき






@シャドーダンスヒーリング&聖なる性(セクシャリティー)の癒し 
オンライン20,000円、対面25,000円(本当に必要だと感じますのでライトワーク価格で提供させていただきます)


ご自身のシャドーを踊るわたしをみることによって、スピリチュアル的に縛られていたものを、視覚的に、エネルギー的に感じることができ、これまで気づくことができなかった「もつれ」がほどけていくお手伝いとなります。
「気づき」=「癒されていく始まり」です。
聖なる性の癒しのワークは、完全遠隔で行われ、今世と先祖から引き継いできている性に関わることと異性との関係性に関わる様々なトラウマの癒しとなり、本来の魅力開花に繋がるきっかけとなります。

※能力開発ワークは含まれません。ゆっくり進みたい方はこちらのワークをお選びください。

(ワークの流れ)
ご入金後 → 開始日時とセッションの日時を決定 → 5日間の完全遠隔聖なる性の癒し → シャドーダンス&創造療法・オンラインセッション60分または対面セッション90分
※最終のセッションでは、創造療法の技術を使って進めていきます。そして、あなたのエネルギーを纏ってラクシュミナラヤニ ユキがシャドーダンスをあなたの前で舞い、ヒーリング・浄化のサポートとさせていただきます。




Aシャドーダンスヒーリング&聖なる性(セクシャリティー)の癒しと開花能力開発ワーク 
オンライン30,000円、対面35,000円(本当に必要だと感じますのでライトワーク価格で提供させていただきます)


上記の@のワークに加えた能力開発ワークです。
個人の中の男性性と女性性が統合されることで、本能であるところの「自然な直観力」と「自然な生命力」さらに「自然な創造性」を覚醒していくお手伝いです。
人生のすべての側面において反映される「創造性(クリエイティビティー)=聖なる性(セクシャリティ)」を、ご自分だけのオリジナルな魅力開花として開発ワークをしていき、どんな環境にいてもご自身の中の「愛という中心」に結びつくことをサポートさせていただきます。
自分の今の環境がどのようであっても、居心地の良さが変わってきて、そして、「自分の存在」への祝福へとつながることで、人生の意義を見出すお手伝いとなります。

さらには、わたしラクシュミナラヤニ ユキが経験したこれまでの学び、培ってきた叡智もエネルギーでシェアさせていただきますので、学びが深く、受け取るものが大きいワークとなります。
こちらは上記の@のワークも含みます。
@を受けたあとに、追加で受けることも可能です。

※いまが変化のときだ!と感じている方は、こちらのワークをお選びください。


(ワークの流れ)
ご入金後→ 開始日時とセッションの日時を決定 → 3日間の完全遠隔準備ワーク→ オンライン・お電話セッション30分→ 5日間の完全遠隔による聖なる性のヒーリング→ シャドーダンス&創造療法・オンラインセッション60分または対面セッション90
※最終のセッションでは、創造療法の技術を使って進めていきます。そして、あなたのエネルギーを纏ってラクシュミナラヤニ ユキがシャドーダンスをあなたの前で舞い、ヒーリング・能力開発・浄化・縁繋ぎ・ブロック解放・浄霊のサポートとさせていただきます。



≪おまけです≫

わたしが、自分自身のシャドー(インナーチャイルドの痛みから来る男性との関係性に関わる闇)を、自分のための癒しに舞った画像です。
よかったら。






キーワード:

人間関係のストレス・悩み
家族関係のストレス・悩み
親子関係のストレス・悩み
創造性・セクシャリティの解放
パートナーシップの悩み
子宮への癒し
男性性・女性性についての悩み
性的トラブルの悩み
異性に対しての恐れ・嫌悪
私なんて消えてしまえばいい感
無気力感・鬱感
満たされない感・自己否定感
なにをやってもうまくいかない感
過度なコンプレックス(特に体や見た目に関して)
将来への漠然とした不安・このままでいいのか?
私はもっとできるはずなのに、なぜか報われない
シンプルにパートナーが欲しい!
でも、怖い!
タイトルやこのページのエネルギーにピンときた!
特に自分に問題があるとは思えないけど、やってみたい気持ちがマンマン!
など




細胞が安らぐボディバランシング・オンラインセッション




「細胞が安らぐボディバランシング・オンラインセッション」




細胞が安らぐボディバランシング・オンライン.jpg



身体はわたしたちの人生での出来事をすべて記憶しています。

喜びも、そして、苦しみも。

喜びと悦びは、わたしたちの身体に安心感と幸福感を与え、

苦しみや悲しみや怒りは、わたしたちの身体に緊張感と閉塞感を与えます。

そして、わたしたちは誰しも人生の中で、

つねに、喜びもあり、苦しみもあり、その両方を経験しています。

身体は、すべてを記憶していますから、当然、安心も知り、緊張も知っています。

そして、マインドも記憶しているうちは、その感情が繰り返し繰り返し思い出されます。

もちろん、幸せで満たされた記憶もわたしたちはたくさん持っているのですが、

ネガティブでショッキングな記憶はとてもインパクトが強く、得てして、繰り返し感情が上がってきやすいものです。

思い出された怒りや苦しみなどの強い感情は、また身体の細胞レベルで記憶されていきますので、

自分自身の感情に、身体が怯えて緊張しこわばり続けている・・・という状態が続いてしまうこともあります。



このセッションでは、

身体の深部に記憶されている「緊張や感情のかたまり」みたいなものを、

オンラインでのガイドで身体をマッサージしながら丁寧に動きと流れを与えていくことで、

もともと身体が記憶している「安心」の方向へと戻していくお手伝いをさせていただきます。



セッションはオンラインの画面と音声を使用して行います。

シャーマニックヒーラーであるわたしラクシュミナラヤニ ユキが、

あなたの身体とつながって、あなたの身体を感じさせていただきながら、

手の置き方、マッサージの向き、力の具合、呼吸への意識、身体へのフォーカスの仕方などを丁寧にガイドさせていただき、

あなたはご自身の手を使って、ご自分の身体に触れて、わたしのガイドの元にご自分の身体をマッサージしていきます。

ご自宅の安心できる場所で、自分の存在とふたりっきりの時間に、ゆったりとリラックスできる特別な時間です。

自分だけでマッサージやストレッチをするのでは得られない、「委ねる安らぎ」とともに、シャーマニックヒーラーであるわたしからのヒーリングもお受け取りいただけます。



スピリチュアルな部分だけではなく、そして、エネルギーや心理的なものだけではなく、

「肉体」へのフォーカスは、わたしにとっても、とても重要なポイントです。

私自身、ただただ、身体の細胞を安らげることだけで、得られることがたくさんあります。

ですので「身体を安心させる」ことの重要さを、とてもよく理解していますし、

それがとても必要だと感じますので、緊急企画としてこのセッションをお勧めさせていただきます。

そして、必要な方へ受け取っていただきやすいように、とてもお受けいただきやすいお値段にしました。

どうぞ、ご活用くださいませ。

心からの愛を込めて。

合掌

ラクシュミナラヤニ ユキ



≪時間≫
1回およそ30〜40分
※カウンセリングは含みませんのでマッサージガイドのみとなります。お話をするタイプのセッションをご希望のかたはヒーリングカウンセリング・創造療法セッションをお申し込みくださいませ。


≪料金≫ ※愛からのライトワーク(ご奉仕)価格です
3回セッション 12,000円(有効期限3か月)
お試し1回のみ 5,000円 
(お試し1回のセッションは何回でもお受けいただけます)



≪セッション環境≫
オンライン(zoom、またはスカイプ)で画像が映る状態でお受けいただきます。
横になっていただくのが望ましいですので、マイク付きのイヤホンを利用するとやりやすいです。(100円均一で売ってます)



≪お申込み≫
HPのお問い合わせフォームよりお申し込みください。
http://yukismyogaism.jimdo.com/





オンライン・ムーブメントメディスン・プライベート「命の木」



「オンライン・ムーブメントメディスン・プライベート『命の木』」



MM命の木.jpg



大好評をいただきましたムーブメントメディスンを、自宅で個人的に、あなただけのために行う、

なんとも贅沢なプライベートセッションを始めます。

日本で行ったクラスで体験されたかたはムーブメントメディスンの素晴らしさを感じてくださったと思います。

どうぞ、引き続き、オンラインをご利用になって、さらに深めてみてください。

そして、まだ体験されてない方は、ぜひ、オンラインでのセッションで感じてみてください。



今回のテーマは「命の木」。

身体の細胞ひとつひとつに記憶された「ワタシ」という存在のすべてを、内側から、等身大で、拡大した意識で、

動きとハートでじっくりと感じていきますことで、「生命の歓び」を全身全霊で感じます。

今回は5回続きのセッションで提供させていただきますが、お試しで1回目だけお受けいただくことも可能です。



@1回目・・・「表面のこわばりを緩める・鎧を脱ぐ・ウロコを落とす」
A2回目・・・「大地と繋がる・「いま・ここ」の精度を上げる・サポートを受け取る」
B3回目・・・「中心と繋がる・バンダリを強くする・揺るぎない軸を作る」
C4回目・・・「水に流す・滞りを循環させる・負のエネルギーのリサイクル」
D5回目・・・「ワタシという命の木への祝福・これからの自分への懸け橋を作る」

※上記の内容はざっくりと決めておきますが、そのかたの「いま」の状況に合わせて提供させていただきますので、技術の詳細はその都度、そのかたによって変わってきます。これも、自分だけのオリジナル感で、贅沢ですね!



≪ムーブメントメディスンについて≫
動きの瞑想であるムーブメントメディスンは、
動きながら身体と心の声を聴き、身体と心に「自由」を与えることで、
意識を「今・ここ・わたし」に繋げて本来の自分に戻っていく素晴らしい旅です。
自分のコアとの繋がりの経験を通じて、
いまの自分に必要な癒し(メディスン)を自分自身で感じ取り、
そして受け取ることで、
身体と心が解放されていきます。
老若男女初めての方も、
ルールも型もない感じるままに動くフリースタイルムーブメントですので、どなたでも楽しめます。
ムーブメントメディスンは、イギリス人の創始者が30年かけて培い、研究して実践している素晴らしいテクニックであり、心・身体・スピリットの調和を促します。



≪時間≫
各回およそ60分
各回のあいだには1日間〜10日間の間隔を空けてご予約ください。



≪料金≫ ※スタートモニター価格です
5回セッション 35,000円
お試し1回のみ 8,000円 
(お試し1回のセッションは何回でもお受けいただけます。ただし、連続してお受けくださるときよりも個人のプロセスが違いますので、何度目にお受けいただいても@の回のみの技術と内容となります)



≪セッション環境≫
オンライン(zoom、またはスカイプ)で画像が映る状態でお受けいただきます。
2〜3m離れてもこちらの声がスピーカーから聞こえる環境が望ましいです。
少し体を動かしますので、お部屋を片付けていただいて、畳2〜4畳(それ以上でもよいです)くらいのスペースを作ってください。



≪お申込み≫
HPのお問い合わせフォームよりお申し込みください。
http://yukismyogaism.jimdo.com/



≪ムーブメントメディスンをお受けくださった方の感想の一部≫

最初はどう動いていいのかも分からないし、ダンス?もやったことがなかったので戸惑いで始まりました。でもユキさんのガイドと音楽とで次第に解放されていくのを感じました。そう、解放という言葉が私には一番ぴったりくる言葉でした。それからはユキさんがガイドしてくれる言葉を聞きながらその時の自然と自分の身体と自分の内側から出てくるものを織り成して動いているだけというか…。だから本当に楽しかったです。私の身体はこんなにも動くのかと自分自身少し驚いた感じもありましたが自分の身体は本当に軽やかでした。そう、身体はちゃんと分かっていました。そして力強いエネルギーがどんどん内側から溢れ出てくるのが分かりました。歓びとともに。初めて感じる力強さでした。でもその力強いエネルギーだけに支配されるのではなくそれがあるから更に柔らかい優しいエネルギーもより感じることが出来ました。両方どちらもあってどちらもあるからこその私。

*****

何とも言えない気持ち良さでした。途中で悲しいような苦しいような感情が出ましたがしばらくしたらなくなって暖かい気持ちになり不思議な感覚でした
ありがとうございました

*****

知らなくて見えていなかった、もういっぽ奥の自分
そこに入っていけて
内側の広がりとサポートが見えました。
でもそこに没頭し過ぎず
出たり入ったり
拡大したり戻ったりして
内と外
自分と人とのバランス
そのままで人と繋がれることも教わりました。
ありがとうございました。

*****


座る瞑想は安らぎを感じたり内心の気づきだっり、とても落ち着きます。
動く瞑想も同じように気づきがあり、身体を自由に動かすことで縛られることなく解放され、心も体も満たされていきます。
それと「座る・動く」両方とも自然を感じ受けとめることができますが「動く」ことで他者とコミュニケーションが生まれます。
相手を尊重し、共有する時間がたっぷりとれて終わった後は部活動を共にしたような一体感を感じました


*****


昨日は本当にありがとうございました

娘はミュージカルが大好きなのですが
決まった振り付けを覚えるのとは
別の次元で、身体から湧いてくる
命の躍動みたいなものを
体験させたい!!

娘にも…って思いますが

でも、まずは、わたしがダンスなどへの
変な劣等感もぜんぶ捨てて

昨日みたいに自由に踊る!こと
毎日の生活に取り入れたいです!


********


ムーブメントメディスン
とても気持ちいいですね
ゆるゆる解れて、体が喜びます
心が柔らかくなり
私と繋がる喜びが涙となり溢れてきます
自由に体を感じる
幸せはいつもここにあるのだ




2019年01月05日

準備その5 Beyond3ヒーリングルームinミュンヘン「棚・ペンキ屋さんとの合わせ鏡」


(NEWヒーリングルームの準備 その5)


そんなわけで〜、

前回の記事にも書きましたように、毎日毎日、病院に行っては入院中の近しい親族のお世話をしています。

そして、その合間を縫って、オフィスに行って、コツコツとNEWヒーリングルームの準備を進めています。

私が使わない日には、ほかのセラピストさんに貸すことにしていますので、そのかたの希望で、どうしても1月中旬までにひとまず部屋が使えるようにしておかなければならない!・・・・ということで、

少し、急がなければならない状況。

病院との行ったり来たりの中で、かなり緊張状態が続いていますが、それも味わいながら、

ひとつひとつの出来事と、一足ごとのステップと、すべてのプロセスを、

「自分という中心」から感じている、(大変だけど)よい学びとなっています。



さて、

昨日は、この棚を3つ、組み立てました。


beyond3準備17.jpg



2mあるこの棚は、部屋の角に置くことになります。

これを仕上げるのに、半日がかりでした。



そして、今日は、昨日組み立てたこの棚に扉をつけましたよ。


beyond3準備20.jpg



簡単そうにみえますが、この2個の扉をつけるだけでも、相当時間がかかった。

うまくいかなくて、何度かやり直したりして。初心者なので。




そして、控室の棚は入り組んでいてプロ級なので、もっと難解でかなり時間がかかるので、今日はここまで。

beyond3準備18.jpg




3日前からペンキ屋さんが来ているのですが、仕事がスーパー遅くて遅くて・・・・!

ペンキを塗る前の下準備(床にビニールを張ったり、ドアのノブに紙テープを張ってカバーしたり)するだけで、2日もかかっていて・・・!(たった2部屋なのに!)

3日目の今日にやっと、チョイチョイっと、ペンキっぽいものを準備し始めたなぁ・・・・と思ったら、

20歳くらいの孫娘さんが訪ねてきて(わたしのオフィスなのに!)、そして、娘とサンドイッチを食べながら小一時間くらい談笑が始まる・・・・という・・・・。

その娘さんも、ペンキ塗りのお手伝いにきたらしいのですが、喋ってばかりで働かないっていうのは、なんなんだ!?

日本人ならきっと、パパっと1〜2日で終わる仕事なのになぁ・・・・と、改めて、日本人の勤勉さは素晴らしいな、と思ったりしました。

わたしは、無駄にしゃべらず黙々と仕事をする派の日本人なので(もちろん!)、やるべきことを淡々と片づけているのですが、

そのわたしの目の前でも、リラックスしてコーヒーとサンドイッチで談笑しているこのおじいちゃんと孫娘は、わたしの存在はまったく気にしていない様子。(時々、視線でアピールしてるのに!(笑))

この状況でプレッシャーや、自分たちだけ休んでて悪いな、って感じるのは、日本の文化だけなんだろうな。

日本人のペンキ屋さんなら、わたしを気にして仕事に取り掛かるだろうに・・・・ということは、ドイツという国では、このマイペースが普通なんだな、きっと。

ほんと、「自分」が主体だよな〜。文化の違いだよな〜。日本文化は「相手が主体」だもんな〜。

このドイツ人のペンキ屋さんは、まったく気にせず、まったく悪びれていないから、ドイツではこれで良いのだろうな。(日本ではあり得ないけど!)

(とはいえ、ペンキは明日の夕方までには全部終わっててもらう約束・契約なのだけれど、果たして、終わるのか? ペンキが終わらないと家具の取り付けができないから、仕事が進まない!)



「わたしの尺度」である「こうあるべき!」という目線で見て、「ちょっと!仕事遅すぎ!もっとちゃんと仕事して!」って思っている自分を発見したことで、

そして、イライラも、フラストレーションも、自分の中の「こうあるべき!」というものに沿わない何かに対して、自分の中から発生してきていることも発見。

この国ではこれが普通なのだとしたら、きっとドイツ人なら「こうあるべき!」というのが私と違うから、この状況ではイライラしないのだろう。

だとしたら、自分の気持ちを居心地悪くしているものは、このペンキ屋さんではなくて、私の中にある「こうあるべき!・観念」だということ。

ははは、

現行犯逮捕的に、自分を不自由にする「観念」を捕まえた気分、なるほど、まったく、世界は自分の内面の合わせ鏡だ。

誰も悪くないね、不幸せとフラストレーションは、他人の言動に対して、「なんで!?」って感じる「自分の尺度」の罠だね。

ははは、

力んでも仕方がないんだ。

脱力、脱力。

こうして、「気づき」もコツコツと積み重ねていくことで、本当の意味で自分を不自由にしているものは、自分自身の中の「観念」なのだ、ということが、どんどん確かになっていく。

それが、確信されて行くことで、一個一個の気づきから、コツコツとそれらの「観念」を手放していく。

そして、本当の意味で「自由」になっていくのだな。



毎日、毎瞬間、気づきと学びは、意識次第でどこにでも存在する。

人生は素晴らしい、成長の種であり、開花の希望的プロセスだ。



beyond3準備21.jpg



慣れない作業をがんばった、ご褒美ランチに、新しいカフェを開拓。

ヨーロッパはビーガンやベジタリアンのメニューが大抵のカフェにあるからとても助かる。













posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 15:53| 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

2019年・明けましておめでとうございます



明けましておめでとうございます。

2019年ですね。

毎年、年末年始は、いつもどこか違う国で過ごしています。

今年は、新しく「わが街」となった、ドイツ・ミュンヘンで過ごしています。



実は、昨年のクリスマス後すぐに、近しい親族が脳梗塞になり、深夜に電話がなって、慌てて救急車を呼び、大急ぎで着替えて駆け付ける、という騒動がありました。

本当に、緊張しました。

一週間以上経ちましたが、まだ、緊張状態は続いています。

そんな理由があり、年末年始の予定をすべてキャンセルして、いまは毎日、病院に通ってお世話をしています。



今回の出来事で、

人生とは、本当に脆いものだ・・・・一瞬たりとも見逃さず、味わい尽くさねば・・・と、しみじみと感じました。

死に対してのわたしの考え方は、悲しいものだけに限られたものではありません。

人間は肉体を持って「独り」として生まれてきて、そして、誰しも必ず、独りで肉体を去るとき(死)がやってきます。

「わたし」という人生に生まれた瞬間から、ゴール(死)に向かって命の時間は止まることなく進んで行きますから、

死は、人生の上では、「生まれた」ことと同様に、当然のことで、ごく自然のことです。

目に見える三次元世界に不死の肉体はどこにも存在しない。

だからこそ、

限られたこの時間のなかで、ご縁があって結ばれた、今世でのこの肉体と人生に関わる環境・関係から、

余すことなく学び尽くし、人生ゲームの中の酸いも甘いも楽しみ尽くして、全うしていくことが、私の目的。

私は常に「自分の肉体の死」を意識して生きていますが、それは恐れでは決してなく、

確実に終わりのある人生だからこそ、ポジティブに「いま・ここ・わたし」を、めいっぱい生きることができます。



とはいえ、人間としての感情である「失う」ということへの恐れと痛みは、人間の部分のわたしから、もちろん感じますので、

愛する人を失うこと、または、失う可能性を感じることは、

愛着をもつ人間部分のわたしは、激しい痛みを感じるのも、とても自然なこととして見つめています。




自分自身の人生については、いつ終わってもよいように、精一杯生きる・・・・というのがわたしの信条であり、

本当に、もしも明日死んだとしても満足できるよう、毎日を大切に生きようと心がけています。

自分自身の命だけではなく、周りの愛するかた、ご縁のあるかたも、いつ去ってしまうかわからないのだから、

会いたい人に会って、この世界に伝えたいことをきちんと伝えて、

自分の人生の闇も光も両方とも大事にしっかり見つめて、そこから学んで、自分の命と使命を理解して、

愛を周りにシェアして、周りから上手に受け取る方法を培って、

私の持つ知識、経験、智慧、技術、愛、エネルギー、過去世から引き継ぐものも、今世で磨いたものも、すべてを使って貢献していきたい。

この地球の様々な土地を訪れ、土地を浄化し、歴史を癒やし、「種」を撒いて、

たくさんの人々に出会って、接して、そのハートに「カギ」を渡していきたい。

命の炎を、無駄なく、大切に使っていきたい。

改めて、そう、強く心に感じました。

そして、自分の強さと弱さの両方を愛する。 そして、信じる。



2016年からドイツに導かれてやってきて、少しずつ基盤を作り始め、そして、少しずつ日本とインドから移行していき、

幸運なことに、新年2019年から自分のヒーリングルームを持つことになり、

このミュンヘンという新たな土地を私の「拠点」としていくことが確定したことで、

私にとっての大きな打破と開拓を通して、さらに、私の命の炎は強く逞しく洗練されて行くのだと感じます。

ますます、この「人生というゲーム」を、しなやかに舞い続けたい。

緩やかに優雅に揺れる柳の木のように、暴風もそよ風も、あらゆる風とともに軽やかに踊り抜けよう。

そして、

愛のある強いバンダリをさらに磨いて、自分の中心に立ち、逞しい根を張って、天に向かって広々と枝を伸ばしていこう。

丁寧に、丁寧に・・・・

一瞬一瞬を、丁寧に、味わって生きること・・・・

を、心底、心がけよう、と思う、2019年の始まりです。

堅くなってしまいましたが・・・

今年も踊って、歌って、愛し合って、生きていくのです。

笑い飛ばしてスキップして、人生の旅を楽しみ味わいハートオープンで生きます。

どうぞ皆様、

ますます変容していく私を、これからも応援してくださいませ。

あなたとの繋がりに感謝いたします。

合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ



48239712_10156031829337076_8059870309810962432_n.jpg






posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 23:05| 今日の感謝☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

ダライ・ラマのお言葉



人生の重荷を背負って死の扉の向こうに行く時が来たら、

人は、親類も友人も召使も財産も持っていくことはできない。

執着する心は動物の心である。

執着を捨てなさい。



この世の幻想の頂点で、どんな激しい喜びを体験しようとも、

再び無明の車輪の上できりきり舞いし、避難場所もなく、苦しみに落ちるであろう。

貪欲を捨てなさい。



我々を取り巻く無限の存在者たち、われわれを親切に育んでくれた親たちは、

ただ幸福だけを求める存在者である。

冷酷な心を捨てなさい。



五官に現れてくる一切は、究極的には無である。

にもかかわらず、われわれは、偽りと惑わしの表象の中で、心理をつかもうと追い求め続けている。

自己呪縛を捨てなさい。



死の瞬間がやってきたときは、心を混乱・怖れ・迷信から引き離しなさい。

偽りの希望やもろもろの恐怖を避けなさい・・・・・

肉体の微細なエネルギーが次第に溶けて行った後に、死の霊妙な心が現れる。

それを清らかな光の道の神髄に変え、そこに微動だににせずに留まりなさい。


ダライ・ラマ



ダライラマ.jpg



posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 21:34| ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

準備その4 Beyond3ヒーリングルームinミュンヘン「机・椅子・棚」


(NEWヒーリングルームの準備 その4)



引き続き・・・・

大きなアクシデントが続いている日常ですが、

できることをコツコツと、少しずつByond3ヒーリングルームの準備を進めております。

昨日は、椅子を2脚と、机を組み立てました。

こ〜んな感じで、ヒーリングカウンセリング・創造療法しますよ。


beyond3準備10.jpg




描画や粘土など、創造療法で行うアートセラピーがしやすいように、大きめの机を選びました。

そして、この三角形のような、丸のような形もお気に入り。

わたしのテーマは「感性を自由にさせる」なので、できるだけ四角でカクカクしてないもので、なおかつ、丸に収まっていないものを探していて、さんざん探しまくって、やっとぴったりのものを見つけました。

床の感じともあっていて、持ち運べる重さなので、ヨガをするときには移動することもできて、とても気に入っています。



そして、椅子もミュンヘン中の家具屋さんに行きまくって、片っ端から座りまくって、決めた椅子。

特に、高さ!

ドイツの椅子は、ドイツ人の身体に合わせてあるから、どれもこれも、わたしにはちょっと高すぎるのです。

ドイツ人は身長も大きいし(女性でもとても大きい)、足も長いから、私(身長160cm)が座るとつま先だけ床について足がブラブラしちゃって、足の裏の全体が、きちんとぴったり床につく椅子が、ほとんどみつからなかったのです。

なおかつ、わたしの好きな感じの色とデザインのもの・・・・となると、とても難しかった。

いろんな経緯があって、この椅子になりましたが、家具屋さんで座った時に、お!これだ!と、ちょうどよい高さで買いました。

そして、裏話があって・・・・

オフィスで組み立ててみて、そして座ってみたら、なんと、足の裏がちゃんとと床につかないのです!

ショック!だからこれにしたのに!おかしいな!なんでお店の時と高さが違うの!?

これ、不良品だ!お店に置いてある奴と、高さが違う!!

・・・・・と、不満で、でも、またイチから探すのは本当に大変だし、日本人サイズのわたしにぴったりあう高さの椅子はめったにないので、どうしよう・・・・なんでだろう・・・・あーあ、やっと見つけたと思っていたのにな、と、落ち込んでいました。

きっと、この一個は不良品に違いない!・・・・と2個目の椅子も組み立ててみましたが、同じようにちょっと高すぎる。

うーーーーん、なんなんだ!?なんの魔法がかかっているんだ!?

しばらく落ち込んで、どうしようかなぁ・・・・・、とがっかりして、違うものを組み立てていたりしましたが、突然、はっ!と気づきました!

そうだ、お店で椅子に座った時は、わたしはブーツを履いていた!あのブーツはスノーブーツなので靴底が厚いやつだった!!だから、足の裏が床についたんだ!いま、部屋の中でスリッパだから、だから、つかないんだ!

謎が解明。

ということで、部屋で履く自分用のシューズをすこし靴底が厚いものを買いました。

よかった、無事解決。あはは。

右がわたしのシューズ、底が厚いやつ。左がクライアントさん用、平らなやつ。

ドイツ人の男性はとても足が大きいので(30cmとか普通)、特大のスリッパを買いました。

私自身はあまりドイツ人の男性のクライアントさんはまだいないですが、わたしが使わない時に部屋を貸し出すことにしている同僚はドイツ人なので、男性クライアントもいるそうなので、その配慮。

これも、両方ともウール100%。 とても暖かくて、抜群です。

わたし「居心地」にとことん、こだわります。


beyond3準備16.jpg





そして、先日、ご紹介した羊の毛を、こんなふうに椅子の上に置いて使用します。気持ちいい!


beyond3準備13.jpg




そして、この棚も組み立てました。

壁にかける棚で、これは、わたしの良きサポーターであるクリスタルたちの陳列とお花台になります。


beyond3準備11.jpg




まだ、前の人の家具や絵がまだ残っているのですが、明日にでも全部、移動するそう。

その後、この部屋の壁をペンキ屋さんが塗ってくれるので、そのあと、年明けたあとに、本格的に家具の設置に入ります。


beyond3準備15.jpg




そして、先日、控室の棚を除去してしまった後に、釘で穴が開いた壁に、代わりのものをを塗り込んで塞いで、紙やすりでキレイに平らにならしました。

あとは、この控室の壁も、ペンキ屋さんが塗ってくれることになっているので、それを待って、引き続き、棚の作業に入ります。

ペンキの前に、終わらせるべきことが、すべて終わって、間に合ってよかった!


beyond3準備14.jpg



そのペンキ屋さん・・・・・今日、連絡があって、手をけがしたとのことで、もしかしたら年明けの約束の日に作業ができないかもしれない、とのこと。えー、困る〜。

すったもんだの準備編ですが、いろんなハプニングも楽しんでいます。

このオフィスは2部屋あって、別室にすべて荷物を移しましたので、いまカオス状態(笑)

これが、きちんと収まって、素敵なお部屋ができあがっていくのが楽しみです。

年明けのペンキが完了するまで、準備はしばし保留。


beyond3準備12.jpg



posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 16:59| 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

今日のお言葉(他人を見る時)




他人を見るときは、

その人の高さを見るように。

その人の低劣な面や

表面上のことばかりが見えるのなら、

自分がとてもよくない状況に、

なっている証拠だ。

それは、誰かの低さばかり

見ることによって、

自分が愚かで努力しないことに目をつむり、

自分はああいう人間よりは高いのだと

思いたがっている事になるからだ。



ニーチェ



グアテマラ26.jpg


posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートに共鳴する「お言葉集」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

準備その3 Beyond3ヒーリングルームinミュンヘン「リノベーション1 控室」


(NEWヒーリングルームの準備 その3)


クリスマス休暇が明けて、これまで使っていたかたが、徐々に家具や荷物を運び出して部屋を空けてくれつつあるので、

徐々に、お部屋作りに入っています。

今日は、冷蔵庫やティーセットなどが置いてある、控室のリノベーションをはじめました。



こんな感じだったのです。

beyond3準備8.jpg


ごちゃごちゃしてて、あまり落ち着かなったので、ここも、全改装することにしました。



棚のものを全部出して、


Beyond3準備5.jpg


さらに、その棚を全部、取ってしまいました。

ねじを回す機械を、生まれて初めて持ちました。

ちゃんとまっすぐ向けて、力強く押さないとダメなのね。ふむ。

なかなか、面白かった。


beyond3準備6.jpg


集中できることって、楽しいですよね。

瞑想も、そうですよね。

そして、棚が全部、取れました〜


beyond3準備7.jpg



自分で組み立てるタイプの扉付きの棚も、到着。

これを運ぶのも、自分たちでやったのです。

わたしと、そして、共同でここを使うことになっている同僚と一緒に。

重かったぁ〜、ひー。


beyond3準備9.jpg



明日は、いくつか家具を組み立てます!

創造する・・・って、楽しいな〜






posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 06:17| 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

シンギングボウル・動画


メリークリスマス★

ショートビデオをシェアしますね。

シンギングボウル瞑想会のほんの少しだけの1コマ。

クリスマスイブに、プライベートグループへのヒーリングでした。

ここで繋がる皆さんにもプレゼント。

響きと倍音の間にある。静けさの美しさを感じてください。

寛いだ年末をお過ごしくださいませ。




posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 00:35| わたしについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

天からカギが降ってきてドアが開いた



ある日の、素敵な出来事をシェアしますね。



わたしは、ミュンヘンでもムーブメントメディスンのクラスを新たに開くために、その場所を探しているところです。

いまヨーガをしてる場所では、ムーブメントメディスンには少し狭すぎるので、もっと広くて安全に踊れるスペースが必要なのです。

とはいえ、ミュンヘンでは、

日本での活動に比べると、人とのコネクションもあまりたくさんなく、土地に詳しくないので情報も少なく、

本当に、「身を委ねて」あとは、「天に任せる」しかないなぁ、きっと、必然のタイミングでよいご縁がやってくるに違いない、

と、強く自分の存在とこれからの未来を信じるのみ。 そして、無駄な力を抜いているところです。



先日、エジプシャンダンスのクラスに参加してみました。

新しいことをすることに興味があったことと、そのスタジオが借りられたらいいな、ということと、知り合いがとてもお勧めしていたので参加してみようかな、と気持ちが向きました。

それと、わたしは踊るのが好きなので、いろいろなコミュニティーでいろいろなスタイルで踊ってみたい、という希望もありました。



メールで教えられたアドレスにgoogle mapのナビで向かって、たどり着いた場所には、スタジオの看板がなく・・・・。

おかしいな・・・?ともう一度、いただいたメールに書いてあった道案内をチェックしたら、場所は間違いないようでした。

きっと、看板は掲げてないのかな、と思い、入り口のドアを引きました。

・・・・・が、開かない。

あれ? なんでドア閉まっているんだろう? おかしいな。

ティーチャーに電話してみたのだけれど、電話に出ない・・・。

あれ〜?どうしよう。困ったな。

開始時間の10分前くらいだったから、そろそろ、生徒さんたちは中に入ってもいい頃じゃないのか?

他にも入り口があるのか? でも、地図でも道案内でも、ここで間違いないようだ。

小雨だった雨が、だんだん激しくなってきて、雨宿りする場所がなく、外で待つのは嫌になってきました。

でも、このまま、家に帰るのも嫌だ。せっかくはるばる来たし、踊る気満々だったから。



入り口のドアの横の壁には、ひとつだけベルがついていたけれど、それはダンススタジオに鳴らすベルではなくて、ほかの階を使っている人のオフィスのベルだった。

仕方がないよね、ベルが一個しかないんだもんね。

そう自分で自分に言い訳しながら、その、知らない人のオフィスのベルを鳴らした。

ビー ビー

ビルの4階の窓がガチャっと開いて、男性が頭を出して、なにやらドイツ語でわたしに叫んでる。

きっと、いま鳴らしたベルのオフィスの人だな、と想像した私は、

「ドアが閉まっているので開けてもらえませんか?」と英語で叫んだ。

彼はドイツ語でなにやら言っている。 わたしは、「3階のダンス教室に来たんですけど、ドアが開かないんです!」とまた4階の窓に向かって叫ぶ。

彼が叫んでいるいくつかの単語だけわかった「・・・鍵を・・・・あなたが・・・・オープン・・・」

「ダンスティーチャーに電話したんですけど出なかったんです、どうやったらドアは開けられますか?」と、わたしがまた叫んだら、

4階の窓から、彼はおもむろになにかをヒュルッ!と投げて、わたしの右足2mくらい離れたところに、それは、ガチャン、と落ちた。

うわっ! シンプルにびっくりした!

反射的に、ささっと、それを拾い上げると、白い布にくるまって、なかには、ジャラジャラと音がする金属のなにかが入っているのが感触で分かった。

あ! カギだ!

頭上からまた彼が言っているドイツ語のいくつかの単語がわかった「あなた・・・・・オープン・・・・持ってきて」

「このカギでドアを開けて、そのあと、4階のあなたに届けたらいいということですね!?」と、わたしはまた英語で聞き返した。

「ヤーヤー!」彼は、親指を立てて「YES」のジェスチャーをした。



わたし、感動しました。

なんて、親切なんだろう。

見ず知らずの人に、自分のビルのカギをわざわざ、布にくるんで投げてくれるなんて。

ドイツ語も喋れない、得体のしれない異国の女に、大事なカギを投げてくれるなんて!

わたしが、もしも悪い人だったらどうするんだろう。

いつも思うけれど、ドイツのお国柄は、困っている人に、とても優しい。

なんて、親切なんだぁ〜。

そして、

カギを出そうと、くるんであったその布を開いてみて、さらにビックリ。

なんとそれは、15〜20個くらいのカギが、ジャラジャラいっぱいついている、カギの束でした。

えええ〜〜〜〜〜!!! あの男性、自分が持っているすべてのカギを、わたしに投げてくれたの〜〜!!??

彼の人生の、「カギをかけておくべき大切なもの」をすべて開けることのできる「大事なカギの束」を、全部、わたしに貸してくれたの〜!?

なんて、親切なんだ、親切すぎないか? 大丈夫なのか?

わたしを信じてくれた・・・・ってことだよね、本当にありがたいなぁ。

でも、大丈夫なのか? 家族や親友にするならわかるけど、言葉の通じない、この得体のしれないわたしに・・・・。

なんだか・・・・感動だ・・・・。




それらのたくさんのカギの中で、どれが、エントランスのカギかわからなかったので、「おっし、じゃあ、片っ端から試してみるしかない!」と、腹をくくっていたのですが、

なんと、2個めのカギで、正解のカギにヒットしました。

そして、ドアが開き・・・・・・、閉まっているドアは、ご縁のあるかたのサポートのおかげで、自分の手で開くことができた。



*************



なんて、メッセージ的な出来事。素晴らしい。

「サポートが必要」と行動にして声を発すると、必ず、手が差し伸べられる。

自分がしたいことを誠実に声と行動に出すと、共感され信頼してくれ、そして、助けが与えられる。

天から、カギの束が降ってきた。

そのカギの束には、たくさんのカギがついていて、いろんな「ドア」を開くことができる。そして、どのドアを開くかは自分の選択。 カギの束は、すでに手の中にあるのだ。

そして、開きたいドアも、迷わなくても、実はすでに目の前にあるのだ。

ドアは、誰かがやってきて開けてくれるのではないし、中から勝手に空いてくれるのではなく、自分の手で開く。 でも、自分で開くためのサポートは必要で、それは、言動にするといつでも与えられる。

ドアは、こじあけようとしたり、力づくで開けようとしなくても、必ず、然るべきときに、開く。 諦めて、帰らないで正解だった。



ミュンヘン5.jpg

※写真はそのビルではありません。










posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 02:04| 今日の感謝☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

クリスマス直前のミュンヘン



とても華やかなクリスマス直前。

みんなとても忙しそう。

なにに、そんなに忙しいんだろう?

買い物が、ものすごい賑わっている。

そんなに、なにを買うんだろう?



ミュンヘン3.jpg




わたしは、「自分のリズム」をキープしよう。

周りに揺るがされず、振り回されず、急かされず、影響されない、

「わたしのオリジナルなリズム」を保っていこう。



ミュンヘン4.jpg







posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 23:11| 美しき季節感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

スカラベ・いつでも「開いてる」こと



おもしろいオジサンに会いました。



昨日、新しいサロンに置くものを探しに、大〜きなフェスに行きまして(広大な敷地にたーくさんのお店が出店している催し)、



Tollwood.jpg



ある、変な?波動の石屋さんでわたしは立ち止まりました。

ヨーロッパの石屋さんは、大抵、きれいに陳列して、ライトアップや陳列棚がとても美しいのですが、

その出店は、乱雑にごちゃごちゃ置かれている感じが、ヨーロッパ風ではなくて、

それがわたしにとっては興味をそそられ、そのごちゃごちゃの中から、自分にしっくりくるものを探し出すのが面白そうで、

かなりの時間をかけて石たちに触ったり、みつめあったりして、向き合っていました。

ああ〜、わたしは、本当に「大地」と繋がるんだな〜と実感。

石たちに囲まれていると、本当に本当に、心地が良いですし、

石たちとの会話が本当におもしろい。



とにかく、わたしはクリスタルが大好き。

人によっては、植物とつながるひとや、お料理で自分のスピリチュアリティを表現する人などいるけれど、

わたしは、石・大地と繋がる人。

植物はとても好きだけれど、野菜を料理することには、あまり大きな興味がない。

でも、石とは会話ができる。

心を通わせることができる。

みんな役割分担で、得意分野があるんだよな。



わたしが、かなり長くじっくり石とのコネクションを楽しんでいたので、「お、こいつ、なんかちょっと違うぞ」と感じたのであろうお店のオジサンが、わたしに近づいてきました。

最初は、わたしも「売りつけられるのやだなあ」と警戒していて、あまり話を聞かなかったのですが、

彼が、わたしに「これはどうだ、これもみてごらん」って、持ってくる石が、とても質の良い石ばかりだったので、

徐々に、興味を持ち始めて、彼のいう「石は向こうのほうから語り掛けてくるんだよ。だから、人に決めてもらっちゃいけない。自分で感じるんだ。」という言葉も、まったく私の意見と同じだったので、

なんだか、このオジサン、話がわかるなぁ、と、わたしはだんだん、彼に向き合っていきました。

わたしは一人で見ていたのですが、頼んでもないのに何度か、「これはどうだ?」と石を見せてくれて、

それは今まさにわたしが見つめていた石と同じ種類の、より質の良いものをその都度、持ってきてくれました。



そのオジサン、急にまたやってきて、握りこぶしを私の前に出して

「みたいか?ふふふ」と、いたずらっぽく微笑んでいました。

どうやら、手の中に石を隠して、もったいぶってじらしている様子。

あはは、面白いなこのオジサン。「イエス、見たいです」

「ほら、見てごらんこれ、シトリン。スーパーよい波動で、質がよいんだよ」

うん、確かに、とても美しくて、しかもファントムが2重になってる! すっごい!

「これは、ヒーリング用なんだよ、誰かをヒーリングするときに使うやつなんだよ。」とオジサン。

わ〜〜〜〜、すごいな、いいな、欲しいな〜〜〜〜〜!!

「ふふん」と唇で笑って、オジサンはそのクリスタルを自分のポケットにしまった。

「ええ〜〜〜!おじさん、自分のポケットに入れているの!?」

「そうだよ、俺だって、質の良い石が好きだから、これは自分用なんだ、ふふん」

あははは〜〜〜、売る気じゃなかったのか、おもしろいな〜、ただ自慢したかっただけなのね。



そして、今度は私が丸い球の石を見ていたら、またオジサンが近寄ってきて・・・

さっきと反対のポケットに手を突っ込んで、ザザッと、何かを握りしめて出してきた。

「オジサン、何個、ポケットに入れてキープしてるの!?」わたしはおもしろくなって突っ込んだ。

「ほ〜ら、これみせてやるよ。みたいだろ。この透明感、この光具合。」

オジサンがポケットから出したのは、大きな丸い透明で美しい水晶だった。

「こうやってライトを当てると・・・・ほら見えるだろうここにライトの集中したところが、ここからヒーリングできるんだ」

ほほぅ〜〜、とてもきれい。いいないいな〜〜〜〜

そしてまたオジサンは、ふふん、と笑って、それをポケットに戻した。

あはははは〜〜〜、やっぱり、また自慢したかっただけなんだ〜〜〜。おもしろいなこのオジサン」

「あなた、おもしろいね。石も好きだけど、あなたに興味があるよ。どこから来たの?どこに住んでるの?」

興味を持ったわたしは、オジサンにいろいろ個人情報を聞いた。

彼は、アメリカとフランスに半分ずつ住んでいるらしく、石の研磨・加工・販売をしていて、ネックレスなどのアートジュエリーを作っているのだそう。

どうりで、手と指が、まるでグローブみたいに分厚くて黒くて、職人の手だ。

でも、英語がアメリカなまりでも、フランスなまりでもない、私よりもきっと英語のボキャブラリー少なそう。

一体、本当はどこの生まれなんだろう??

聞いたのだけれど、なまりが強すぎて、何度聞き返しても、彼の言っていることが理解できない。

わたしはかなりたくさんの国の人と関わってきたから、大抵のなまりは大丈夫なんだけど、このなまりは初めて聞く感じ。

南米のほうの感じの顔つき? アラブっぽくはないんだよな。

または、アメリカ原住民、ネイティブインディアン系?



わたしは、ラブライドライド2個、マラカイト&アズライトの原石、ターコイズ、フローライトを、厳選した。

すごく波動が、わたしとピッタリはまる子たち。

「連れてって!」って言っている子たちばかり。

ヒーリングルームのお部屋の波動を守るためのインテリア用と、ヒーリングセッションの時に使うヒーリング用に。

石をオジサンに持って行って「ディスカウントしてね〜!」とお願いした。

オジサンはあっさり、

「いいよ、じゃあ、これは、〇〇ユーロにして、これは、〇〇ユーロにして、これは、〇〇ユーロにしてあげる、だから合計〇〇ユーロだ。安いだろう?」

最初に行っていた値段よりも30%も安くしてくれました。

とはいえ、最初に提示した値段も、オジサンの気分で決まってた感じなので、本当に安いかはわかりませんが(笑)

でも、わたしは大喜びでその値段で承諾!

そして、実は、目をつけていたセレナイトの石があったので、それはもともと5ユーロ(650円くらい)と安かったから、

「オジサン、このセレナイトも欲しいんだけど、おまけにつけてくれない?」

と聞いてみたら、

「あっはは、いいよ、クリスマスプレゼントだ!好きなの選びなよ」とあっさり。

わたしが、また石一つ一つ、触って感じて厳選した後に、

「オジサン、わたし、2個欲しい石があったんだけど、2個でもいいかな?」と、聞いてみる。

「あはは、まあ、いいよ、持ってきな!」

わーーーおぅ、なんて気前がいいんだ。 思わず

「わーお、オジサン、愛してるよ〜!」と口走ったら、オジサンも、

「あはは、俺も〜」と。

楽しかったな〜、力が抜けてて、好きだなあ〜、こういうオジサン。



そして、オジサンも私に興味を持って少し質問してきた。

「キミは何やっている人なの?」

「わたしは、実はヒーラーなんですよ」

「なんのヒーラー?石?」

「うん、石も使うけれど、でもメインはエナジー、それとボディワーク」

「なーんだ、じゃあ、ここにいーっぱいヒーリングストーンがあるじゃないか、もっと買えばいいのに!使えばいいのに!」

「そうなのよ、わたしももっとたくさん買いたいの!でも、まだミュンヘンに来たばかりで、これから本格的に活動をスタートするの。だから、今はまだ、たくさん買えないんだよ」

「いや、だって、そんなに高くないだろう、安い値段にしているよ、うちは」

「わかってる、でもいまの私のお財布には、いいなって思う質の良い石は、まだちょっと高いのよ」

「なるほど、わかった。理解したよ。じゃあ、ちょっとこっちにおいで、見せたいものがある」

そして、オジサンは、わたしにとっておきのやつを見せてくれた。



スカラベ。



スカラベ.jpg



これは、エジプトで神格化された昆虫で、太陽の神の象徴。



「キミが新しく仕事をここで始めるのに、これを持っていると絶対にサポートになるよ。これには、『ドアを開く』という力があるからね。石は自分で選んで、俺が加工して作ってあげるよ。これは、ちょっと高いけれど、でも、一回買ってしまえば一生、キミのサポートになるからね。」

わたしは、本当に腑に落ちたし、エジプトにはご縁があるので、神様がこの人を通してメッセージを届けてくれているんだな、と受け取った。

値段を聞いたわたし。 払えるけれど、勇気がいる額。 それをオジサンに伝えると

「もちろん、今じゃなくてもいいさ。 少し経って、お金を稼いだ後でいいさ。 俺は、売るために言っているんじゃなくて、キミの将来のために言ってるんだからね。いまだ!手に入れるぞ!というときがきたら、そのときがキミのタイミングなんだよ。 」

うん、その通りだ。

わたしは、この出会いから、もうすでに、これから始まるわたしの未来に、とても希望を感じた。

このオジサンから、このスカラベを買う、買わない、はもう、どちらでもよいと思った。

どこかほかで違うスカラベに出会うかもしれないし、または、実際にエジプトに行くことになるかもしれない、または、ひょんなことから手に入るかもしれない。



この人は、わたしにメッセージを届けてくれた。

それは、私だけにわかるメッセージ。だからいまはまだ人には言わない。

人との出会いは、いつでもすべて、意味がある。

それが、好意を持つ人でも、嫌気を持つ人でも、どちらも出会いには意味がある。

いつでも、「開いている」状態でいることが、すべてのメッセージと意味のある出会いを、

受け取る最善の準備だな、としみじみ、思った。

つねに、スピリットと「つながった」状態でいること・・・それを保つこと。

目の前のあれこれや、未来の不安にあたふた、振り回されて、「つながり」を失わないこと。

それが大事だな、いつでも目を開いて。

本気で、心がけよう。





posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 03:15| 自分の感性とのデート☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

準備その2 Beyond3ヒーリングルームinミュンヘン「ランプ・カーペット」


(NEWヒーリングルームの準備 その2)


ランプを買いました。

ひとめぼれの、螺旋のランプ。

ゴージャス! ヒューー!!


ランプ2.jpg



螺旋エネルギー好きにはたまらない〜。

クンダリーニ、陰陽、タントラ。ヒュー!

自宅で灯して

「5スターホテルのラウンジみたい〜〜〜」

と一人ではしゃいでいます。

ありがたいことに、こちらもパートナーのお父様がプレゼントしてくださいました。

実の親からちゃんとした高価なプレゼントなんて、もらったことが、これまでの人生あまりないので、

わたしのインナーチャイルドは申し訳ない気持ち・半分、そして、嬉しい気持ち・半分。

ぐちゃぐちゃなミックスの感情で、本気で号泣しました。

ありがたい、申し訳ない、嬉しい、ごめんなさい、本当にいいのかな?、なにかお返ししなきゃ、こんなに優しくされて困る、でもありがたい、

などなど・・・・・ミックス・ミックス・ミックス。号泣。

複雑なわたしの子供時代からの親に対する遠慮や独立心、インナーチャイルドの繊細な心境を、垣間見れた、自己理解へのよい学びの機会でした。




そして、

こちらはもうひとつ、ランプ。


ランプ1.jpg



ヒマラヤの岩塩でできたこのランプは、10月に訪れたイタリア・ガルダ湖の近くでみつけて、

これもひとめぼれして買いました。(自腹で!)

やっぱり、わたしのヒーリングルームには、ヒマラヤのものを置かなきゃ!

これも同じく、螺旋のエネルギーを感じます。

ちなみに、実はふたつ、いい感じのがあって、一個は女性性、もう一個は男性性の螺旋エネルギーを感じていたんです。

両方欲しかったけれど・・・お部屋のバランス的に一個のほうがいいなぁ、と厳選して、

男性性のエネルギーのほうを、わたしのサロンにお迎えすることに決めました。

わたしが女性ですので、バランスをとって!





そして、

難関のカーペット。

そのうえでヨーガをしたり、ボディワークをしたり、裸足で歩いたりするので、

絶対に絶対に! オーガニックのウール100%のものがよくて(ポリエステルは絶対に無理、混ざっているだけでも嫌)、

オーダーメイドで作ってもらうことにしたので、買う前に手に取ってみることができない・・・。

そして、家具や椅子などもまだ手元にないので、部屋の雰囲気がわからず、イチかバチかで色とガラを決めてオーダーするしかない。

カーペットは注文から納品まで、2か月かかるそうなのでね。 少し急がなければいけない。

ということで、

運を天に任せて、とにかく、わたしがピンときた色の2色で作ってもらいました。


カーペット1.jpg



カーペット2.jpg



お値段、高かった〜〜〜。

ものすごい、葛藤しました。

でも、質の良いもの・波動の良いものとともにヨーガをしたいし、気持ちの良いものに囲まれて過ごしたいから、思い切りました。

できあがってくるのが、楽しみだな〜








posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 03:27| 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする