2014年07月23日

闇から光へ


ひとり、森へ。

突然、鷹が飛び上がり、目の前の枝にとまった。

わたしは、胸が踊った。




昨日、

わたしは鷹になり、崖の上からすべてを見ていた。

鷹はわたしになり、崖のしたからすべてを見ていた。

天に暗雲がかかり、闇の世界がやって来たあと、

空にポッカリとシルバーの光が現れ、わたしは、胸が震えて涙が出た。

右掌を天に突き上げ、光を発射すると、

シルバーの楕円の光の中心から、

天はバリバリと裂け、

隙間から青空がこぼれてきた。

そして、平安がやって来て、

私は白龍に乗って空を舞い、

世界のあらゆる場所に、光を振りまいた。




いま、目の前を鷹が横切る。

二度めの挨拶に来て、去っていった。

セミの声と、虫たちの気配の中、

私は、宇宙を確信する。

すぐそこでは、キツツキが、リズムを作り出している。

わたしは、ここで、すべてを知っている。

深く、深く、

広がっていく。


10570412_10204236707987608_6035605149453587052_n[1].jpg


posted by ユキ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド・ネパール2014.4-6 回想記その20(ガンゴートリ)



≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫


聖なる川 ガンジス川の源流 ガンゴートリ。

ずっと、まえから訪れたかった地。


ガンゴートリ4.jpg


今回、夢がかなって、こちらに行けることになり、ほんとうに本当に感謝です。


ガンゴートリ3.jpg


ここは、標高3500mくらい。

お水も、空気も、食料も、とても貴重です。

ガンゴートリ10.jpg


あらゆるところに、神聖なるパワーを感じます。

ガンゴートリ17.jpg


ガンゴートリ寺で、朝晩のお祈り。

ガンゴートリ5.jpg


この感覚は、言葉にならないのです。

伝えるのが、難しい。ガンゴートリ9.jpg


(つづく)








2014年07月22日

<時間をはずした日一斉ワーク>無限に広がるアセンションサポートワーク


<時間を外した日一斉ワーク> 無限に広がるアセンションサポートワーク



急なご連絡で申し訳ありません。

「時間を外した日」とされるこの特別な日に、あなたの魂の向上をサポートする一斉ワークを行います。

このワークは「生きて行くこと」を享受し、「アセンション」をサポートするワーク。

あなたの生命の在り様を変え、無限に、どこまでも果てしなく自由に広がる龍のパワフルなエネルギー、すなわち有限ではなく無限であり、永遠の生命の形態をイニシエイトします。

それは、死なないというわけではなくて、「今」というときが「無限」であるように、生命のありようを変える。肉体、精神のありようを変えるということ。

繰り返しパターンに悩んでいらっしゃる方は、それに向き合い乗り越えていくサポートにもなり、自分に何が起こっているのか、生きている本質をきちんとみつけていくお手伝いとなります。

ライトワーカーさんには、手放すことへの抵抗をなくし、力が抜けます。受け入れることがとてもラクなります。



アセンションとは、次元をアップしていくこと。

地球や宇宙のアセンションの時期に生まれたわたしたち。

ともにアップしていく、肉体と魂の両方からのアセンションをサポートします。



このワークはそのかたの状態によって効果、結果が変わります。

可能であれば、御家族みんなでアセンションしていくことをお勧めします。



・自分にしっかりと向き合い理解できる
・無限に広がることへの恐れを手放す
・執着がなくなる
・アセンションによって起こる変化を受け入れやすく柔軟に変化できる礎を作る
・創造的になる、直観力が働く
・無駄、無理な力が抜ける 楽になる 
・心の中の囚われから自由になる
・アセンションという言葉にワクワクするひとに
・直感でピンときた!かたに

など


カルマに苦悩する人生から、カルマを受け入れ楽しむ人生へとシフトしていくお手伝いとなります。

※一度お受けになった方も、一斉ワークになりますとまた学びが大きいですので、何度でもお受けになってみてください。



●一斉ワーク実施日: 時間を外した日 7/25(金)0:01〜23:59

●申し込み締め切り: 7/24(木)18:00まで 

●ドネーション:5400円(税込)

●申し込み先 : 締め切りまでにメールにて、または、HPのお問い合わせフォーム、または、このブログ記事のコメント欄(承認制にしてありまので他の方には見えません)から。
お名前フルネーム、生年月日、メールアドレスをお知らせください。生年月日をお知らせしていただくことで、より確実に最善にワークを行うことができます。
(お電話では受け付けておりません)
追って、事務局よりご案内メールが届きます。(yahooメールで届きますので設定をお願いします。お返事が届かない場合はご連絡ください。)  

●終了後:感想などをいただけましたら、今後の励みになります。宜しくお願い致します。



・御家族の方へのワークは御本人様の承諾が必要となります。が、難しいようでしたら御相談くださいませ。

・お子様、胎児、妊娠中のかたにもお勧めです。

・ペットにもワーク可能です。御相談くださいませ。(2160円)

・フォローセッション :「森羅万象の舞のワーク」「ワンネス 解放のワーク」
詳細はHPをご覧ください。 http://yukismyogaism.jimdo.com/


いただきました個人情報は、絶対に他には他言しませんし、ご希望でしたら、受け取った後、メールを削除させていただきますので、その旨お知らせくださいませ。


なお、恐れ入りますが、この一斉ヒーリングについての質問などは、メールや直接、どちらも受け付けておりません。ご縁のある方は、きっと、思考ではない部分で引き寄せられるのだと思います。


個人的な問題については、別途、ヒーリングカウンセリング、ドラゴンマスターヒーリングなど、をお受けいただくことをお勧めします。

この愛の遠隔エネルギーワークは、あなたの体調を悪くさせたり、悪い出来事を起こしたりするものではありません。


あなたの魂にとって、なにか悪い変化が起こることはありません。


また、心を開いていただくと、より受け取りやすくなります。

100%の善意と、愛をこめて、行わせていただきます。


※ご質問メールへの返信はできないかもしれませんが、当日はきちんと高次元ワークをさせていただいていますので、どうぞ楽しんでお受け取りくださいね。


ご縁のあるかたと、繋がりますように〜ハート


10482831_10204153672511773_1313489308760449963_n[1].jpg










2014年07月21日

7月のスケジュール

● 山梨・神奈川・東京 ヨーガ通常個人教室&天空の森教室スケジュール ●


誰でも参加できる個人教室とサークルのみです。
グループサークルやスポーツクラブ、プライベートセッションは記載されていません。



下記スケジュールは変更の可能性もありますので、ご参加前に再度ご確認ください。




≪7月≫ (下記日程以外にも個人セッションのご予約はご相談ください) 



23(水)10:00〜20:00 個人セッション受付中(天空の森)

  
24(木)10:00〜20:00 個人セッション受付中(天空の森)

     
25(金)9:00〜11:00 個人セッション受付中(天空の森)
    19:30~20:45 シヴァナンダヨーガ(韮崎市 大蓮寺)



26(土)9:00〜10:15 癒しのヨーガ (山梨県中央市 田富総合会館)
    10:30〜11:45 シヴァナンダヨーガ (山梨県中央市 田富総合会館)
    <連続講座>19:30〜21:45 クリスタル基礎知識講座&チャクラバランシングヨーガ(甲府市 KCジョーンズ)



27(日)9:00〜11:00 個人セッション受付中 (東京近郊個人宅訪問)
    13:00〜14:15 癒しのヨーガ (川崎市)
    14:30〜16:00 シヴァナンダヨーガ (川崎市) 
    16:15〜16:40 瞑想


28(月)19:30〜22:00 レイキサードA伝授講座


29(火)10:00〜20:00 個人セッション受付中(天空の森)


30(水)10:00〜14:00 個人セッション受付中(天空の森)


31(木)10:00〜20:00 個人セッション受付中(天空の森)


(スケジュールは変更になる可能性もありますので、ご確認ください。これ以降は、決まり次第アップします。)

 



     

     

     

     








posted by ユキ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒーリングイベントの感想


先日行いました、ヒーリング&ヨーガイベントの嬉しい感想をいただきました。

FACEBOOKの記事より、御本人の許可を得て転載させていただきます。

ありがとうございました。 

*********************

(参加者のKさんより)

車で、くねくねと 緑のトンネルを登って、今にも雲にとどきそうな、ユキ先生の天空の森アシュラムへ。

「癒しと解放のドラゴンワーク&光と調和のヨーガ」

120分たっぷりと癒されました〜♡

アシュラムの 心地よいインテリアと小物たちに囲まれて♡
ヨガにシンギングボール 美しい歌 マントラ 異国の香りのミストにフェイスオイル 大好きな瞑想(^^)
風の音 鳥のさえずり 草の香り …しあわせ♡

「地球にも 宇宙にも 愛されていて、何にも心配いらないよ」と…
涙もあふれて出てきましたよぉ
ありがとう でいっぱい

お返ししよう…みなさまに

P.S
あれ⁈そういえば
ひどい肩こりと腰痛が消えた(O_O)体が軽い
心が癒されると ホントに 体も癒されるんだなあ(^^)
posted by ユキ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 皆様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山寺ヨーガ合宿2014御案内

「山寺ヨーガ合宿2014」


千葉県大多喜町の山の中にありますお寺さんをお借りして、ヨーガ合宿を行います。

山の中の静かなお寺で、たっぷりヨーガを楽しみましょう。

本当に、山しか見えない景色の中、薪でお風呂を沸かしたり、静寂のご本堂で瞑想をしたり、森林に包まれてヨーガをしたり、キャンプファイヤーをして瞑想をしたり、素晴らしいロケーションに疲れた体がほどけていきます。

日常を離れ、静かに、ゆるやかに流れる時間の中に、ゆったりと身を委ね、心身を浄めましょう。

お食事は、玄米菜食の健康食です。体が喜ぶのがわかりますよ。

お子様もご参加可能ですので、ご家族、ご友人を誘って、ぜひご参加ください。

新宿からバスで送迎しますので、東京からも、山梨からも、交通が便利です。

今回も、ギリギリのリーズナブルなお値段で、あの素晴らしい空間をたくさんのかたに体験していただきたいと思っています。 二度とやってこない今年の夏は、ヨーガでデトックスしましょう。


プログラムスケジュールについては、HPのページをご覧ください。
http://yukismyogaism.jimdo.com/


日程: 9/13(土)〜9/15(祝・月)

場所: 千葉県大多喜 妙厳寺   http://myogonji.jp/

料金: おひとり  34,000円

(料金には、玄米菜食食事代、野外炊飯材料代、キャンプファイヤー材料代、竹箸工作代、ヨーガ・ウォーキング・瞑想クラス参加費、写経用資料代、施設利用料、施設お布施代、謝礼代、新宿からのバス送迎代、Tシャツ代、を含みます)

最少催行人数 : 10名      

定員    : 16名 (残席4名)





2011年開催のブログ記事はこちら
http://yukismyogaism.seesaa.net/category/22083360-1.html


2012年開催のブログ記事はこちら
http://yukismyogaism.seesaa.net/category/22083361-1.html


2013年開催のブログ記事はこちら
http://yukismyogaism.seesaa.net/category/22083362-1.html


合宿開催にあたって。こちらも
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/387534497.html



山寺合宿2013-19.jpg




posted by ユキ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のお言葉(時間の針)




ここにはまるで別な天体であるかのような透明な空間の広がりと

キラキラした時間の流れがある。

私はすでに直観しているのだが、それはこの旅行の結論として発見した、

というよりも、のっぴきならない実体として、体の幅全体で受け止めたもの。



私の予想しなかった、人間の生き方の肌理(キメ)。

現代生活のカレンダーによって画一化され、コマ切れにされた時間とその連続。

自然に対する畏怖と歓喜を失って、無感動に測られる空間。



このめまぐるしさはどうしたものだろう。

文明開化以来、西欧から入ってきて頭からすっぽりはめ込まれた近代、

その時計の針に一生懸命追いつこうとした後進国意識、

その焦りが身についてしまったのではないか、どうも本当の生き方ではない。


生命のリズムと時計の針との違和感。


というよりも、生命自体が画一化しているということだ。

ただ空しく一方的時間にのまれてしまっては、生きてる甲斐がない。



岡本太郎

バリ26





posted by ユキ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お言葉 (人生、こころ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

今朝の夢 胸を開く


今朝の夢。

「あなたは、胸の中に、異物がありますから、胸を切り開いて取りだす手術をしましょう。」

そう、お医者さん(多分)に言われたようです。

わたしは、ショックで、ボーっとしていました。

それを言われたのが、ヨーガクラスの直前だったので、まもなく生徒さんが集まってこられました。

3〜4名の生徒さんと一緒に、集合場所から少し離れたところに移動しました。

なぜか、窓からそとにでたり、人の家の庭を通ったり、フェンスをよじのぼったりしながら、移動しました。

覚えているだけで、Nさんと、Wさんが、いました。

わたしは、胸を開く手術のことを、ふたりに話しました。

おふたりは、聞いてくださいましたが、相槌もなく、なにも言いませんでした。

わたしは、「異物を取り除く」というポジティブな結果よりも、「胸を開く」って痛そうだ、とネガティブなほうばかりが気になっていました。

そう、考えただけで、鳥肌が立って、胸がジクジク痛くなりました。


************


そんな、夢を見ました。

数日前から、ずっと、胸にあるひっかかりがあります。

またわたしは、人を傷つけてしまったかなぁ、ととても悲しくなっていました。

いつも、誠実に生きようと、心がけて、そして、実践しています。

そのとき「必要だ」と思うことだけを、言ったり、行ったりしています。

ときに、それは、他の人には重すぎたり、きつすぎたりするのかもしれません。

すると、あとでそれに気付きます。

そして、悲しくなります。

悲しくなる必要は、ないのだと思います。

夢の中の「異物」は、これですね。

その囚われから、解放されるときなのですね。

心をこめてお祈りして、あのかたに、わたしの真意が届きますように。









posted by ユキ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分とのデート☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド・ネパール2014.4-6 回想記その19(ジープでヒマラヤを行く)


≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫


シャンティなウッタラカシを後に、

さらに、ガンジス川の上流へと移動しました。

山道1.jpg


いつもなら、独り旅なので、だいたいバスでの移動が多いのですが、今回は、全部で4人ですので、ジープをお願いしました。

ジープで、どんどん、登っていきます。

日本人の意識では考えられないほど、道が悪い。

悪いっていう言葉では、片づけられないほど、すごいです。

ここ、道じゃないよね〜、みたいなとこを走るときもあります。

道、っていうか、崖(笑)

あと、

道、っていうか、川(笑)

そして、ガタガタ、っていう表現では物足りず、グワングワン、車に揺られて、

頭を天井やらガラスやらにガンガン打ちつけながらの、7〜8時間の移動でした。

いやー、いい経験でした。


山道2.jpg


景色、最高。

山道4.jpg


この写真は、標高3000mくらいでしょうか。


山道3.jpg


ひとやすみして、チャイをいただきました。


山道5.jpg


爽快です。

山道6.jpg


良い波動を感じます。



ヒンズーの小さな祠にも寄りました。

この写真は、シヴァ神。

破壊と創造の神。

山道9.jpg


古い流れを破壊し、新しい流れを想像する。

まさに、いまのわたしたち人類に必要です。


山道7.jpg


ヒマラヤ、最高。

山道8.jpg


(つづく)








2014年07月18日

詩 「完璧であり、無」

「完璧であり、無」




日没近くを待たずに、ヒグラシが鳴きはじめた。

曇り空が、山の空気を、一気に冷たくしていく。

わたしはテラスに座り、虫たちの羽音を聞いていた。





ここのところずっと、

心が、静けさの中にいる。

なにかが生まれる、前兆の静けさ。

完璧であり、無。

強さであり、潔さでもある。

この静けさを邪魔するものは、中に入れない、覚悟がある。





表現者として。

私が見るこの世界の、表現者として。

降り注ぐ光を、両腕を開いて受け止めている。






魂が、とても、静かな場所にいるようだ。

言語ではない情報が、溢れている。

わたしは、静かに耳を傾けている。

そっと、目を閉じる。 

再び、開けるのを躊躇するくらい、心地がよい。

柔らかな風が、旋律を奏でる。

輝きが、キラキラと瞬いている。





昨夜、白い小さな蛾がやってきた。

頭上を、螺旋を描いて飛んでいた。

わたしは、ゴロンと仰向けになり

螺旋から生まれる細かい光の粒を見ていた。

そこには、深い宇宙があった。




空の雲が晴れ、太陽が少しあたりを明るくしてきた。

ヒグラシは鳴くのをやめ、アブラゼミが代わりを務めている。

この世界は完璧であり、無。

わたしは目を閉じて、わたしを、ただ感じている。

「わたし」は 静かに消えてゆく。


20140711_173522_resized.jpg


posted by ユキ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド・ネパール2014.4-6 回想記その18(ウッタラカシでの祈り)



≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫


ウッタラカシでは、本当に、素晴らしい日々でした。

言葉では表現できない宝物をたくさんいただきました。

もっと、写真もアップしたいけれど、個人情報的なものはアップできなくて残念。



沐浴。

ウッタラカシ11.jpg


わたしが世界の平和に貢献できるために、悪いカルマを清めたまえ。

ウッタラカシ15.jpg



そして、森の精霊と舞う。

ウッタラカシ10.jpg


最高の時。

インドを、愛しています。

聖なる地を、川を、愛しています。



どうか、あなたが、いつでも平和でいられますように。

ウッタラカシ29.jpg



どうか、日本が、目を覚まし、地球を愛し、地球を尊重して、謙虚な心で生き、

日本のすべてに幸福が訪れますように。

ウッタラカシ30.jpg


どうか、世界がひとつになり、ワンネスの波動が、ここ、ガンジス川から、広がりますように。

ウッタラカシ21.jpg


このヒンズー寺院のスワミから、ありがたいオファーをいただきました。

「来年、ここで、国境を超え、宗教を超え、年齢やすべてのボーダー(境界線)を越えた、儀式をしないか?」

なんて、素晴らしいことなんでしょう。

それが、実現するように、宇宙にお祈りしよう。

わたしにできることを、心をこめて、行います。

(つづく)










2014年07月17日

映画「大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院」



「大いなる沈黙へ グランドシャルトルーズ修道院」
 
BGMもナレーションもなく、照明を使わず自然光で撮影されたドキュメンタリー。

限りなく美しく、限りなく善。

「主よ あなたはわたしを誘惑した。わたしは身を委ねた」

東京 神保町 岩波ホールにて8/22までロードショー。


下記、フライヤーより転載。

「大いなる沈黙へ」は構想から21年の歳月を費やして制作され、長らく日本公開が待たれていた異色のドキュメンタリーである。フランスアルプス山脈に建つグランド・シャルトルーズ修道院は、カトリック教会の中でも厳しい戒律で知られるカルトジオ会の男子修道院である。修道士たちは、毎日を祈りに捧げ、一生を清貧のうちに生きる。自給自足、藁のベッドとストーブのある小さな房で過ごし、小さなブリキの箱が唯一の持ち物だ。会話は日曜の昼食後、散歩の時間にだけ許され、俗世間から完全に隔絶された孤独の中、何世紀にもわたって変わらない決められた生活を送る−−−−−−これまで内部が明かされたことはなかった。
ドイツ人監督、フィリップ・グレーニングは1984年に撮影を申し込み、ひたすら返答を待つ。そして、16年後のある日、突然、扉が開かれた。彼は修道会との約束に従い、礼拝の聖歌のほかに音楽をつけず、ナレーションもつけず、照明も使わず、ただ一人カメラを携えて6ヶ月間を修道士とともに暮らした。なにも加えることなく、あるがままを移すことにより、自然光だけで撮影された美しい映像がより深く心に沁み入り、道なる時間、清澄な空気が心も体も包み込む。


10377008_10204188955233819_7595902949820017595_n[1].jpg



posted by ユキ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山寺で心身を浄める 山寺ヨーガ合宿2014


詳細は、HPの「山寺ヨーガ合宿」のページをご覧くださいませ。
http://yukismyogaism.jimdo.com/


ずっと、「アシュラム」のような場所を作ることが夢でした。

本来「アシュラム」とは、修行をするヨーガ道場・・・というような意味ですが、現代の日本に合わせて、私の中では、社会で闘い、たくさん傷ついて疲れた方々が、静かにエネルギーを充電していく場所・・・・という感じで考えています。

知らず知らずに、慌ただしく過ごしている毎日の中で、埋もれてしまっている自分自身を癒して、リセットしていただく・・・・という場所。

そんな夢に一歩近づくような気がする、9月13〜15日の「山寺ヨーガ合宿」です。

二泊三日の合宿は、静けさが取り囲む山の中の素敵なお寺、妙厳寺さんをお借りします。

ご住職も、お寺の僧侶の方々もとても気さくで温かくて、いつでも笑いが絶えないお寺さんです。

ご住職の寛容なご配慮で、その格式高いお寺を一軒丸ごとお借りして、毎年行っております。

なんと、ありがたいことでしょうか。 そして、ヨーガがこのようにして信頼されていることにも、とても感銘を受けます。

025s.jpg

こちらのお寺さんは、毎年二回、子供たちに「山寺留学」という合宿を行っているところです。

子供たちはお寺の生活を通して清らかな心を培い、山での自然のお仕事を通して地球と触れ合うことで、豊かな感性を養う合宿です。

立案者のご住職は、本も出版され、何度も表彰されている素晴らしいおかたです。

そのご住職、今回のわたしの「山寺ヨーガ合宿」に好感を持ってくださり、恐れ多くもご法話もしてくださるそうです。 本当にありがたいことです。

044s.jpg


自由参加の早朝ウォーキングは、歩いて20〜30分のところにある平沢ダムというところまで行きます。

この、「瞑想ウォーキング」は、わたしがインドのアシュラムでご修行させていただいていたときに、週に2回、日の出の時刻と、日の入りの時刻に行っていたものです。

インドでは、朝日が上がる前に出発し瞑想しながらウォーキングをしました。

瞬きをするごとに周りの明るさが変わっていき、ひと呼吸するごとに、どんどん、景色が輝いて行きます。 

徐々に明るくなる清々しい空気の中、まるで、自分の体が溶けてしまうかのような、何とも言えない崇高な気持ちになるのです。

ゴール地点では、朝日が昇ってくるのを水辺でじっと座って待ちながら、静かに自分自身と向き合いました。

山の稜線が徐々にくっきりとしてきて、山々から少しずつ顔を出してくる太陽をじっとみつめていると、涙が出そうになるほど感動的でした。

あの素晴らしい感動を、ぜひ日本の皆様にも体験していただきたくて、今回、プログラムにも組み込んであります。

030s.jpg


プログラムは少し多めに組んでありますが、すべて強制参加ではなく、もちろん、お休みしたいときにはご自身の判断でお休みしていただいても結構です。

あの神聖な山々に囲まれた場所で、ゴロン、と横になっているだけでも、力強い地球からエネルギーチャージできます。



夜は、静寂の広がるご本堂で静かに瞑想をしたり、火を焚いて瞑想をし、これまでのご自分の様々なものの浄化をしたりし、聖なる場所でどんどん身も心も清らかになっていきます。

穏やかで、安らいだ、優しい時間を過ごせます。

一生を通して、記憶に残る、とても貴重な時間となるでしょう。



お食事は、もちろん、玄米菜食。

お肉やお魚は使わずに、身体が喜ぶ健康料理を担当してくださるのは、今回、ご厚意でお手伝いをしてくださる僧侶の方とボランティアのかたがたです。 どうもありがとうございます。

もともと菜食でないかたは、驚かれると思います。 お野菜のお料理って、想像以上においしいんですよ〜〜。

こーんな釜戸で、薪でご飯を炊いちゃいます。 楽しそう、おいしそうですね!

049s.jpg

いつもわたしのクラスにご参加の皆様にはお分かりになると思いますが、ヨーガ(アーサナ)は、いつものように、のんびりとご自分のペースに合わせていただけるものですのでご安心ください。

初心者でもお子様でもご参加できますよ。 ぜひご家族をお誘いください。



交通は、新宿まで来ていただければ、あとはバスで現地まで行きます。 帰りも、新宿までバスで帰ってきますので楽ですね。

わたしが山梨と東京で活動していることから、どちらからでも参加できるように時間を考えました。

山梨から電車や高速バスで来ても、ラクラク参加できる時間にしましたよ。 ぜひどうぞ。

034s.jpg


わたしは、ヨーガにかかわるお仕事は「奉仕の心」で務めさせていただいていますので、本当に、ギリギリのお値段に抑えました。

内容が、とても濃いです。

お食事や送迎やこのプログラム内容でのお値段としては、本当にお得だと思います。

たくさんのかたに喜んでいただきたいと心から願っております。

まだ、少しお席が空いていますので、お気軽にご質問くださいね。

詳細は、HPの「山寺ヨーガ合宿」のページをご覧くださいませ。
http://yukismyogaism.jimdo.com/

ご縁があって、素晴らしい時間を一緒に共有できることを願っております。

合掌



2014年07月16日

北杜市 shikandai ギャラリー



ドアを開けた瞬間、わたしはふんわりと微笑んだ。

「待ってたよ」と、天使がお出迎えしてくれたようだ。

北杜市 shikandai ギャラリー

紫紺大先生が描き出す世界は、まさに、宇宙の息吹。

素晴らしいのひとことにつきる。


10511364_10204174633235778_1703306473734487510_n[1].jpg



天使の作品。

太陽の作品。

龍の作品。

わたしとバッチリ繋がった。



はっ、、、、と、引き留められた気がした作品の前で、釘付けになった。

それは、まっすぐに、天に向かって上昇する、昇り龍だった。

「これは、ちょうど昨日、先生が描き終えた作品なんです」

と、案内人のかたが教えてくださった。

なるほど。 わたしがこの日に、ここに引き寄せられて訪れた、意味がわかった。

しばし、向い合わせで、昇り龍と会話を交わした。



作品の写真はマナーとしてアップできませんが、パワフルで素晴らしい品々です。

ぜひ、行ってみてください。

検索すれば出てくると思います。



よい波動。

心地よいときを、ありがとうございました。


posted by ユキ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド・ネパール2014.4-6 回想記その17(ウッタラカシの人々・子供たち)


≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫


ウッタラカシのヒンズー寺院には、毎日、子供たちが来ます。

午後になると、子供の国語の授業をここで行っているようです。

ウッタラカシ23.jpg


ヒンディー語を習っているのですね。

ウッタラカシ24.jpg


13回もインドに行っていながら、ヒンディーを喋れないわたし。

英語が喋れれば、通じちゃうから、なかなか、ヒンディーを習う意欲がわかなかったのです。

わたしも、子供たちと一緒に参加したかったわ〜。




このヒンズー寺院で働いてらっしゃる方の息子さんと、毎日、遊びました。

朝のお祈りの後、サッカー。

ウッタラカシ20.jpg


サッカーなんて、子供のころぶりだ〜。





そして、

空手を、見よう見まねで。

ウッタラカシ26.jpg


かわいすぎます。

ウッタラカシ28.jpg


かわいすぎ!

ウッタラカシ27.jpg




近所のみなさんも、とても親切で、朗らかです。

ウッタラカシ8.jpg


珍しい日本人に、照れてしまっていたかたも。 

カメラを向けると嬉しそうでした。

ウッタラカシ7.jpg


純粋で、かわいいですね。

(つづく)


2014年07月15日

満月クリスタル瞑想会

一昨日の満月。

グルプールニマの日。

数か月ぶりの、満月クリスタル瞑想会を開催しました。

森羅万象の力を借り、愛と感謝の瞑想を通して、みなさん整っていきました。

お集まりのメンバーの皆さまのお持ちのエネルギーのおかげか、

はたまた、わたしが、舞を行って、あれこれを調整させていただいたからか、

今までで一番、爽やかでスッキリとした余韻の、清々しい瞑想の集いでした。

回をますごとに、変化し、深まっていると感じます。

お月様、集まってくださった皆様、ありがとうございました。

そして、スペシャルサンクスは、KCジョーンズさん。

いつも、本当にありがとうございます。合掌

来月8/10(日)は、満月瞑想会&森羅万象の祈りの舞を、イベントで行います。

公園の芝生の上で、実際に満月の光を浴びながら、

皆さんの乱れたリズムや、失ったバランスを整える、

森羅万象の祈りの舞を、ヒーリングワークとともに行います。

もう少ししましたら、HPにアップしますが、

ぜひ、8/10は空けておいてくださいませ。


10368485_10204165319242934_2394400071550035535_n[1].jpg



posted by ユキ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

インド・ネパール2014.4-6 回想記その16(ウッタラカシのヒンズー寺院)


≪2014.4〜6のインド・ネパールの滞在のレポートです≫



ウッタラカシでの滞在は、知り合いのゲストハウスと、

ヒンズー教の寺院の宿坊にお世話になりました。

この寺院は、ガンジス川の女神様を崇めている、小さな寺院です。

ウッタラカシ13.jpg


スワミは女性の方で、凛としていてとても素敵なかたです。

こちらで、寝食を供にさせていただき、満たされた祈りの時を過ごしました。

ウッタラカシ16.jpg


毎日の、朝夕のお祈りが大好きです。

お祈りに毎日参加する、近所の子供たちも、とてもとてもかわゆい。

ウッタラカシ25.jpg



ある日の早朝。

ウッタラカシ9.jpg


ガンジス河沿いで、呼吸法の実践をしているときに、あるビジョンが見えました。

いろいろ、たくさん見えましたが、最後には、虹色の龍になりました。

龍は楽しそうに、私たちの周りを旋回していました。



その日の夕方、

夕方のお祈りが終了してガンジス川を見ると、あたり一面が、朱色でした。

ウッタラカシ18.jpg


まるで、朱色の海底の中に、紛れ込んだかのよう。

まったりと、赤が体にまとわりつくよう。

なんて、素敵、幻想的。 うっとりとしました。

思わず、駆け出しました。

日が沈む西の方角を見ると、もう、本当に、神の仕業としか言いようのない色。

神々しすぎて、素晴らしすぎて、涙がでました。

ウッタラカシ17.jpg




「あ!レインボー!」

誰かが叫びました。

振り返ると

ウッタラカシ12.jpg



端から端まで、しっかりとブリッジになったフルのレインボーが、背後、空高いところにありました。

平和の架け橋。

ウッタラカシ19.jpg


宗教を超え、国籍を超え、年齢を超えて、わたしたちは、ひとつになっていく。

わたしは、日本とインドの架け橋。

まさに、その日の朝、虹色の龍が出た日に、平和の虹を神様は見せてくれました。

インド人も日本人も、ヒンズーも仏教も、無宗教も、ヨーガも、愛も、無関心も、光も、闇も、地球も、宇宙も、すべてがすべて、朱色と虹に、包まれました。

ありがたくて、合掌した手をなかなか下ろせませんでした。

なんという素晴らしい、瞬間。

(つづく)




2014年07月13日

時間変更! クリスタル基礎知識講座&チャクラバランシングヨーガ


中途半端な時間で、参加できない!!! というかたのために、

土曜日のコースの時間を、19:30〜に変更しました!

どうぞ、みなさま、ご参加くださいませ〜。

本当に、面白くて、スピリチュアルなこの講座です。

一回目開催の反響がすごかったので、アンコール開催です。

しかも、前回よりも内容を濃く、変化させて行いますので、

リピーターのかたも、絶対に飽きません!

初めての方でももちろんご参加いただけます。


◆平日 昼のコース 7/18, 25, 8/1, 8, 15(金)13:00〜15:30くらい
◆土曜 夜のコース 7/19, 26, 8/2, 9, 16(土)19:30〜21:45くらい


********




◆ 7/19, 26, 8/ 9, 16,30(土)19:30〜21:45くらい
「クリスタル基礎知識講座&チャクラバランシングヨーガ」


私たちは、目に見える部分で構成されている肉体と、目には見えないエネルギー体があります。
ヨーガでは、エネルギー体(アストラル体)の部分に7つのエネルギーセンターがあり、あなたが生きていく、エネルギー(プラーナ)をそれぞれが司っています。


クリスタルは地球の一部であり、そして、何千年も昔からずっと、クリスタルは生き続けています。そして、わたしたちのそのエネルギーの部分でのバランスを整える働きを持っているのです。


この「クリスタル基礎知識講座&チャクラバランシングヨーガ」は、各回ごとに様々なクリスタルについての基礎知識を学び、実際にそのクリスタルにふれあって、クリスタルのエネルギーを感じながら、ヒーリングや瞑想を行います。

そして、そのクリスタルが大きく働きかけるチャクラにフォーカスをしたプラナヤマ(呼吸法)とアーサナ(ポーズ)、を行うことによって、チャクラの活性化を目指し、乱れたバランスを取り戻し、あなた本来の光を輝かせていくサポートとなるでしょう。


今回は、クリスタルショップのこだわりベテランオーナー様と、ヨーガ講師でありスピリチュアルヒーラーであるわたしだからこそできる、スペシャルな講座です。

相当、スピリチュアルで濃い内容です。スピリチュアル好きのかた、パワーストーン好きのかた、また、一歩、前進したい瞑想好き、ヨーガ好きのかたなどにおススメです!


クリスタル基礎知識講座担当者KCジョーンズさんからひとこと:

今回の講座では、わたしがクリスタルを25年扱ってきて感じたことや基本的な知識のシェアをさせていただきます。
クリスタルとは何なのか、クリスタルはどうやって出来るか。
クリスタルをどう使うか、人間とクリスタルの歴史というような事から、
クリスタルのエネルギーを使って、人間のバランスを整えていく、クリスタルヒーリングの基礎のお話しをいたいと思います。
実際にヒーリングで使っている、エネルギーの強いたくさんのクリスタルを皆さんに持って頂いて、感じること、感じ方などを、前回とは又違った角度からをお話しさせていただきます。



5回のワークショップとなりますが、スポット参加(一回だけ)も大丈夫ですので、お忙しいかたも、どうぞお楽しみください。(尚、5回連続受講のかたが優先となります)



東京・神奈川・静岡・長野、そのた遠方からのご参加も、歓迎いたします。
遠方からの方は宿泊もできます。(女性2名まで。お一人1500円)
電車や高速バスを使ってお越しのかたは、甲府駅まで迎えに行きますので、前もってお知らせください。(ガソリン代別途)


<内容>

★=クリスタル基礎知識講座
▽=チャクラバランシングヨーガ


○1回目 ★この25年の日本でのクリスタル
     ▽「ムーラダーラ、スヴァディシターナ(根っこ、土台、存在)」
       プロテクション、グラウンディング、クンダリーニについて
       (下半身、下腹部、脚、お尻、股関節、骨盤周辺)

○2回目 ★クリスタルとはどんな物か創造性、感情の浄化
     ▽「マニプーラ(活力、浄化、前進、循環、感情、エゴ)」
       創造性、感情の浄化
      (お腹、腰背部、体幹部周辺)

○3回目 ★現代文明に中のクリスタルの役割
     ▽「アナハタ(慈愛、慈悲、許し、愛、自分を受け入れる)」
       愛(ハートの聖なる空間)
      (胸、背中、肩甲骨、お腹、肋骨周辺)


○4回目 ★クリスタルの螺旋エネルギー
     ▽「ヴィッシュダ(自己表現、変化、解放)」
     自己表現 (首、肩関節、肩甲骨、喉、背中周辺)


○5回目 ★クリスタルからのメッセージ
     ▽「アジュナ、サハスラーラ(霊性の目、直観力、宇宙、覚醒)」
       ビジョンを見るには、宇宙と繋がるには
       (眉間、額、頭部、そして全身、背骨)


日時: 
◆ 7/19, 26, 8/ 9, 16,30(土)19:30〜21:45くらい



場所:KCジョーンズ クリスタルショップ(甲府市山宮)
    HPはこちら → http://www.kcjones.co.jp/


参加費:5回連続参加 17000円、  1回スポット参加 4000円
           
持ち物 :ヨガマット、動きやすい服装、筆記用具など

定員   :各回 8名(3名以上で開催です)


お申し込みは、HPから。
http://yukismyogaism.jimdo.com/

20130531_161256.jpg






posted by ユキ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のお言葉(ハートを発見)



私たちはこの人生を、いったんページを開いたら、最後まで読みとおさなければならない読書のように考えています。

閉じてはいけない本を開いてしまって、死ぬまでノンストップで読み続けなければならないと思っています。

でも、そんなことはありません。

全部が自分の許容範囲であって、その人生は自分でなければいけない理由があって、

その本でなければいけない理由があります。

自分のペースで読み進めていって、

途中途中で閉じるのはアリだと知っていると、

人生は結構怖いものなしになります。

そうして、ハートは傷つくことがないことを知りながら。

恐れずに進んでいくと、ハートを発見することが起きます。

人生とは、ハートを発見することです。


Kan.


新緑2.jpg
posted by ユキ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お言葉 (自己探求) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

白龍



昨日の空は、印象的だった。

見上げるたびに、さまざまなものが見えた。

宇宙が、ダイナミックに動いていた。



今日は、グルプールニマ。

グル(師)に、祈りをささげる日。

ヨーガではグルのことを、「暗闇を照らす光」と比喩されています。

グルがいなければ、霊性の向上は、ありえない。

今日という、かけがえのない日を、感謝と共に過ごします。


写真は、昨日の空の、一瞬。

輝く頭を持つ白い龍。

10482831_10204153672511773_1313489308760449963_n[1].jpg


posted by ユキ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し〜ヒーリング〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする