(3/20更新)ミュンヘンで・魂を癒すインサイトヨーガ&対面ヒーリングセッションのご案内&ご予約可能日程



≪ドイツ・ミュンヘンにお住いのかたに向けてのご案内です≫




ミュンヘンでのヨーガ日程・ヒーリング創造療法カウンセリングご予約可能日程をお知らせします




(3/20更新)



3月4月のヨーガサークル日程


最大4名までのセミプライベートクラスで、たっぷりと贅沢な時間をお過ごしください。


3/25(月)10:00 シヴァナンダヨーガ
3/27(水)19:00 インサイトヨーガ
3/31(日)10:00 ディープヒーリング陰ヨガ
4/10(水)19:00 インサイトヨーガ
4/15(月)14:00 ディープヒーリング陰ヨガ
4/17(水)19:00 インサイトヨーガ
4/22(月)10:00 シヴァナンダヨーガ
4/24(水)19:00 インサイトヨーガ


場所:Sendlinger Tor駅徒歩7〜8分(お問い合わせください)

※ご予約制となっております。


ヨーガクラスについての詳細はこのページ下段をご覧ください。



****************************:



3月4月の対面セッション(創造療法・エナジーバランシングご予約可能日程

(3/20更新)

3/25(月)@14:00 A19:00
3/27(水)@10:00 A15:00 
3/31(日)@14:00
4/10(水)@10:00 A15:00
4/15(月)@10:00 A19:00
4/17(水)@10:00 A15:00
4/22(月)@14:00 A19:00
4/24(水)@10:00 A15:00

※お時間の調整可能です。前後30分〜1時間の変更が可能な場合がありますのでお気軽にお問い合わせください。

場所:Sendlinger Tor駅徒歩7〜8分(お問い合わせください)

※ご予約制となっております。




ミュンヘンでのセッション内容は、このページの下段をご覧ください。


お問い合わせ・お申し込みはHPよりお願いいたします。
http://yukismyogaism.jimdo.com/



ご縁のあるかたのお役に立てますように。
合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ



ミュンヘン予約可能日程.jpg



*************************




「魂を癒すインサイトヨーガ&瞑想」



インターナショナルヨーガマスター・スピリチュアルヒーラー ラクシュミナラヤニ ユキの特別クラス。


2017.7.png




きめ細やかな日本人のための、日本語でのヨーガと瞑想で、心と体を整えます。(参加者によって英語と日本語のミックスになるときもあります)

身体の不調、精神の不安定は、エネルギーのアンバランスと、氣の乱れによって起こります。

ご自身の「身体」と「呼吸」いう、「一番身近な自然」にフォーカスをしてみることで、失ってしまっていた、自分らしい「自然なリズム」を取り戻していきます。

難しいポーズを行ったり、出来不出来を競ったり、自分を追いこんだりせずに、自分を労わり癒していくヨーガで、あなた本来の「自然な状態」をみつけて、バランスをとっていくことで、より満たされていきます。

日本人が持つ「繊細さ」を磨き、さらに「自分らしさ」を活用していくために、自分と向き合う時間をお楽しみください。

初心者のかた、経験者のかた、すべてのかたがご参加いただけます。身体が固くても大丈夫です。

女性だけではなく、お仕事をされている男性のかたがたにも、ぜひ、お勧めいたします。

ラクシュミナラヤニ ユキの長年の指導経験からくる調和されたヨーガを、この機会に、ぜひお試しください。

オリジナルヨーガについての記事はこちらです。よかったらご覧ください。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/451857242.html




場所:Sendlinger Tor 駅から徒歩7分のオフィス(お問い合わせください)


※4名様以上にて出張クラスも承っております。お気軽にお問い合わせください。




ミュンヘンヨーガs.jpg




超少人数制のラッキーなクラス。

セミプライベートヨーガですので、丁寧な時間をお過ごしいただけます。

毎回、参加者に合わせて進めていきますので、一回のみのご参加でも、続けてご参加でも、どちらでも楽しめます。

※そのかたに合わせたヨーガを提供させていただきますので、体が固くても、お身体に不具合があっても大丈夫です。

定員:各4名(最少催行人数2名)ご予約制

参加費: 1クラス 20ユーロ




※インド人たちの瞑想合宿でのヨーガ指導

ナグプール1.jpg



※インドにてインターナショナルヨーガデーのイベント講師としてのパフォーマンス

インターナショナルヨーガデー2016.jpg



※インドの自衛隊へのヨーガ指導

アーミー7.jpg





※インド・ネパール・ミャンマー・タイなどで子供たちへのボランティアでのヨーガ指導

ルンビニー47.jpg


ミャンマー119.jpg


2016.Jun.21s.jpg




*******************************





ミュンヘン限定・特別ヒーリングプライベートセッションのご案内


2017.8.22.jpg



@エナジーバランシングヒーリング 
60分 80ユーロ



お体にフォーカスをして、手をかざす、または軽く触れるなどで、滞っているあなた本来のエネルギーを活性化し、

クリスタルでのヒーリングに加え、シンギングボウルの波動や、瞑想的な美しい楽器や、シャーマニックドラムの波動を使って、音のバイブレーションとヒーリングエネルギーで、身体細胞を活性化し、同時に、チャクラバランスを促していきます。

ときにより、ガイダンスと共に身体を自由にさせるムーブメントで滞っているエネルギーをスムーズに促して、身体・心・スピリットのバランスを整えていきます。

また、お身体から受け取ったメッセージをお伝えすることもあります。

ヒーリングセッションなどがまったく初めてのかたは、こちらのセッションから体験されるとよいと思います。

※カウンセリングは含まず、施術のみとなります。




>Aヒーリングカウンセリング & 創造療法〜セルフクリエイティブセラピー 
 90〜120分 130ユーロ



お話をお聞きしながら魂レベルでのヒーリングが含まれます。

描画などの創造療法〜セルフクリエイティブセラピー〜で、無意識層で絡まっている問題にフォーカスしてのヒーリングを行うことで、癒しの現実化が早くなっていきます。

誰かのアドバイスに頼るのではなく、自分自身の内側からの声を信頼し、現実に顕現化していく、創造的で意味のある時間です。

助言を求めるだけの魂リーディングと違い、自分の中から創造するこの独特なワークでは、ご自分の意志と力で感じて現実社会に創造として表していくことで、さらに高次元でのエネルギーが、より宇宙的に最善の方向へと向いていきます。

いま転機だと感じる、新しいなにかが始まるときのような気がする、言葉にして気持ちを整理したい、人間関係やパートナーシップの問題と向き合っている、家族の関係を円滑にしたい、人生の意義を感じたい、スピリチュアル的なヒーリング・魂の向上へのアプローチを期待される方は、こちらのセッションをお受けいただくとよいです。

詳細は、全般へのヒーリングセッションのご案内をご覧ください。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html



場所:
Sendlinger Tor 駅から徒歩7分のオフィス(お問い合わせください)




講師:ラクシュミナラヤニ ユキ



PhotoGrid_1482314438500s.png



身体に関わる指導1997年にスタート・ヨーガ指導スタート2001年
インターナショナルヨーガマスター・スピリチュアルマスターヒーラー・高次元エネルギーワーカー

日本国内・世界各国でヨーガ・瞑想指導・祈りの舞パフォーマンスを行っている。2008年から海外と日本の懸け橋となって、「ピースメッセンジャー」として、愛と祈りを世界各国の様々な土地にお届けしている。ヨーガスタイルは、体だけではなく、心と魂と全体との調和を図る瞑想的なヨーガを、経験からのシェアリングを通して伝えることで、よりバランスの取れた人生をサポートしていくことを望んでいる。

さらに詳細なプロフィールはHPをご覧くださいませ。

お申込み・お問い合わせはHPのお問合せフォームからお願いします。
HPはこちら。 http://yukismyogaism.jimdo.com/





2019年03月20日

(3/20更新)オンライン・お電話セッションご予約可能枠



≪オンライン・お電話でのセッション≫


(3/20更新)

3月4月の
スカイプ・お電話でのセッションのご予約可能枠をおしらせします。



(下記は、日本時間となります。他の国にお住まいのかたは、時差によりスケジュールが変わりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください)


3/25(月)@21:00〜
3/26(火)@17:00〜 A19:00〜 B21:00〜
3/27(水)@17:00〜 A19:00〜 B21:00〜
3/28(木)@17:00〜 A19:00〜 B21:00〜
4/9(火)@17:00〜 A19:00〜 B21:00〜
4/10(水)@17:00〜 A19:00〜 B21:00〜


(お時間の微調整可能です。ご相談ください)


の枠で、オンライン・お電話でのセッションのご予約を承っております。

※これ以降の日程は、お問い合わせくださいませ。



ヒーリングセッションにつきましては、こちらの記事をご覧になってください。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html



「スカイプ・お電話 プライベートヒーリングヨーガセッション」
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/439826067.html



お申込はHPのお問合せフォームからお願いいたします。
また、お申込にあたりましてHPの「ご利用案内」も合わせてご覧くださいませ。
https://yukismyogaism.jimdo.com/

※いただきましたご連絡に返信しましても、メールが戻ってきてしまうことがあります。ご利用のメールアドレスがgmailまたはyahooメールを受信できる設定になっているかどうかご確認くださいませ。




必要なかたのお役に立てますように。
ありがとうございます。

合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ


13327368_10153677695957076_1853049112049265276_ns.jpg




多摩川でのミラクル


今回の日本滞在は12日間。

その最終日。

魔法が起こり、星の導きでピタリとコンタクトして、わたしはなぜか東京に流れる多摩川の川岸に座っていた。



多摩川ドラミング.jpg




ドラムを奏で、愛・人生・宇宙軸・内なる静けさ・陰と陽・天の流れの完璧性を自然と愛とともに語りあった。

わたしは、現れ出る「相対の神秘」とその美しさに、瞬間ごとに大きく感動させられていた。

二つの流れが、反対側の軌道を通って、逆からたどり着く奇跡的な調和。

どこにも、裁きや自己肯定・他者否定が存在しない、あるがままで完全であるカタチに大きく納得した。

頭上を通り過ぎる2本の電車ラインの、現実社会の人間爆弾的な音と、川の流れと水面の揺らぎの自然へのゆだね。

そして、

ホームレスのカオス的な村を通り抜けると、子供たちが駆け回るブランコ広場にでた。

相対のバランスは、地球の呼吸そのものだった。

旅人・地球巡礼者としての教訓は、

プランなどという不自然なものは、存在しないほうが、天のシナリオの流れにうまく乗れる。

起こるすべてが完璧であり、祝福に満ちていた。

多摩川沿いでの祈り・・・、その深い意味に気づいたのは翌朝だった。

ふと思い立ち、地図で多摩川の源流を追っていくと、シャーマン・霊能者であったわたしの祖父が生まれ育った村のほど近いところへと繋がっていた。

そこを源流として・・・生まれ、育ち、流れ、変容し、引き継いでいるラインが、羽田空港脇から大海へとひとつになっている・・・。

ここで明るみに出たのは、紛れもない、わたしのいまの非凡なる生き様と、先祖からの継承。

数ヶ月前、わたしは、なぜ私がいま、ヨーロッパに住み、私の叡智をそこで種蒔きしているのか・・・を、自分の今世での先祖たちに説明した。

彼らはそのとき、(島国の日本人なので)なかなか理解を示してくれなかった感じがした。

でも、今回、きちんと日本の土地の上に立って、さらにその先のことを伝えたのだと感じる。

先祖たちが達成し得なかったことを、わたしは望んでいるのだ。

だからわたしは「かつての型」を離れて、伝統を重んじながらにして近代になじむよう変容させるという、さらなる進化を促した。

先祖からのシャーマニズムの唯一の継承者であるわたしが、引き継いでいる叡智を、この現代社会に活用していく・・・

私自身、なかなか、受け入れられなかったこの決断に、「腹をくくる」という決心がついていることを、先祖に行動で伝えたことで、いま、やっと受け入れられたような気がする。

伝統は守る、でも、昔と同じやり方では現代社会では使えないんだ、ということを、時間をかけて説得したような気がする。

いまのわたしにとって、ヨーロッパでのこれからの活動に、日本サイドのご縁からのサポートがとても必要だ。

私がヨーロッパと他のアジアで、このジャパニズムの叡智をシェアしていくことで、日本はより一層、自覚を持って「日の本〜太陽の国」として目覚めていくと信じている。

今回の滞在も大きな学びと深い深い魂の癒しがたくさん起こった、奇跡の国、日本。

その最終日に、この、わたしの日本の祖先から続く多摩川の水の流れに座り、わたしは大海を渡っていく・・・、日本からと先祖からの叡智と愛を感じ、それをしっかりと受け取り、これから、世界に開いていこうと思う。

そして、

15年前から、わたしの魂の闇と光の学びのトリガー(引き金)である、イギリスで飛行機を乗り継ぎ、そして、ドイツに着陸した。

日本とイギリスとドイツを繋いだラインで戻ってきたことも、偶然でありながら、必然であった。

素晴らしい、流れとご縁。

すべては、大いなる采配に祝福されていると感じる。

感謝・感謝・感謝

合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ
posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 03:28| わたしについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

3/18メッセージ「命の炎」


感じること。

すべての瞬間に起こっている

内側の世界と外側の世界を。

それは

すべての瞬間で起こっている。



この「命の炎」を

この世界でどう使うのか、

できることはなんなのか、

なにを与え、なにを受け取るのか。




「生きる」とは

「わたし」の「命の炎」を

どう活かしているか、という状態のことだ。

そして、その瞬間ごとの連続のスパーク。



「自由」とは

やりたいことをただ好きなようにやることではない。

社会に唾を吐いて生きることではない。

社会・コミュニティーという一見不自由な中で、いかに自分の「命の炎」に自由を与えて無限大に活かしていくか。




人の言葉に流されてはいけない。

人の炎ではなく、自分の炎を使うのだ。

人を操作しようとしてはいけない。

人の炎を信じて見守るのだ、私という炎として。




この肉体と知覚での命の時間は限られている。

間違えを恐れずに、「命の炎」を目覚めさせなさい。

もちろん間違えることもあるだろう。

時には、引き返す時間も必要かもしれない。

だから、少し急ぎなさい。

不本意なことに、時間を費やしている暇はない。

しっかり見つめてみなさい。

あなたの「命の炎」が輝き活かされることだけを行動しなさい。

そうじゃないことから、離れなさい。


2019.3.11-2.jpg


posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 23:40| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

2019.3.11の祈り


「3.11の祈り」

毎年、プライベートで慰霊の儀式をしています。震災の年、2011年には、何度も被災地に出向き、僧侶の元夫や知り合いの僧侶たちとともに、慰霊行脚や、ご供養、支援ボランティアをしました。

偶然にも、今年の3.11は、違う急用で、日本に突然、引きずり戻されて、ここにいます。

河口湖にて、富士山とともに大震災の慰霊のお祈りを行いました。

私の生き様は祈り。私の進化とともに、表現の仕方は変わるけれど、世界の平和への祈りを、行動で表して生きています。

世界の平和と、そして、ご縁のあるあなたの平安を心からお祈りしています。

私は世界の一部。世界への祈りは私個人への祈りも含むと信じている。


2019.3.11.jpg




posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 23:27| 癒し〜ヒーリング〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

(3/16更新)2019年3月 日本での活動スケジュール




「2019年3月 日本での活動スケジュール」




3月の日本での活動.jpg




(3/16更新)
すべてのクラス、セッションの受付を終了しました。
17日曜のクラスは事情により延期となりました。

ご検討くださったけれど参加できなかったかたがた、ぜひまた、次回、お会いしましょう❤
お気持ちを向けてくださってありがとう❤
ラクシュミナラヤニ ユキ


**************


急用がありまして、急遽、日本に戻りますので、3月、日本で少しイベントを開催いたします。

かなり間際でのご案内となりますが、日本にお住いのかたへ、

日本で対面にてラクシュミナラヤニ ユキのクラス・ワークが直に受けられるこのチャンスに、

ご都合がよろしければぜひお越しくださいませ。

「生」のユキからの、エネルギーをたくさんお受け取りくださいませね。

愛とともにお待ちしております。


*********************

≪ムーブメントメディスン・インサイトヨーガ グループクラス≫


@3/14(木)山梨県甲斐市
19:00〜21:00 ムーブメントメディスン「ニューサイクル」
キーワード:古きを脱ぎ新しきを迎える、自由、繰り返しパターン、概念/観念を手放す、新しいスタート、意図した未来
参加費:3000円 (できましたらお部屋代の寄付500円お願いします)
最少催行人数:3名様より

場所:スタジオ905
山梨県甲斐市西八幡1622
(アルプス通りローソンの道を挟んで向かいです。)


A3/16(土)山梨県中央市
9:00〜10:30 インサイトヨーガ
身体と心とスピリットを結ぶ、瞑想的なヨーガ
参加費:2000円


B3/16(土)山梨県中央市
10:45〜12:15 シヴァナンダヨーガ
秘めたるエネルギーを活性化し、チャクラのバランスを整える
参加費:2000円


C3/17(日)山梨県中央市 または甲斐市
18:00〜21:00 ムーブメントメディスン・ロング「レインボーラプソディー」
キーワード:5次元的な豊かさへ続く・視野が広がる・夢・目標・受け取る・無邪気さ・先に続く橋を架ける
参加費:特別ロングワーク 4000円(できましたらお部屋の寄付500円お願いします)
最少催行人数:3名様より


※詳しい内容、場所や持ち物などはお問い合わせください。

メール: ykyogaism★gmail.com ←★を@に変えてください。
HP: https://beyond3.jimdofree.com/


≪ムーブメントメディスンについて≫

動きの瞑想であるムーブメントメディスンは、動きながら身体と心の声を聴き、身体と心に「自由」を与えることで、意識を「今・ここ・わたし」に繋げて本来の自分に戻っていく素晴らしい旅です。

自分のコアとの繋がりの経験を通じて、いまの自分に必要な癒し(メディスン)を自分自身で感じ取り、そして受け取ることで、身体と心が解放されていきます。

老若男女初めての方も、ルールも型もない感じるままに動くフリースタイルムーブメントですので、どなたでも楽しめます。

ムーブメントメディスンは、イギリス人の創始者が30年以上かけて培い、研究して実践している素晴らしいテクニックであり、心・身体・スピリットの調和を促します。



***********************


≪対面プライベートセッションのスケジュール(創造療法・シャーマニックヒーリング・各種高次元伝授ワーク)≫


★メニュー★

◎「創造療法・ヒーリングカウンセリング・シャーマニックヒーリングなすがまますべてミックスセッション」
私の持つシャーマニックワークのすべてをなすがままに使用して行う通常のセッション。その時のあなたに、必要な癒しと解放のプロセスをお手伝いします。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/418246610.html


◎「創造療法」
ご参考までにこちらもどうぞ。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/411320156.html


◎「シャドーダンスヒーリング&聖なる性の癒しと開花のワーク」
あなたのエネルギーを纏ったラクシュミナラヤニ ユキが、あなたの前でシャーマニックダンスを踊る癒しと開花のワーク。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/463009814.html


◎「新サイキックプロテクション伝授講習」
悪い波動を遮断するのではなく、愛として相手に還っていき、そして、自分の宇宙的・霊的・人間的な成長につながる。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/409862235.html


◎「プラチナプロテクションシールド伝授講習」
エンパシックコネクションが強い方や、感受性が豊かすぎて周りの波動に振り回されやすいかたの、臨機応変のヘルプとして役に立ちます。
http://yukismyogaism.seesaa.net/article/435440307.html



(3/13更新)
※個人セッションのご予約は終了しました。
ご検討中だった方はまた次の機会にお受け下さいませ。



緊急の開催ではありますが、ご縁のあるかたとお会いできますように。
合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ

***********************

≪ナビゲイター紹介≫

ラクシュミナラヤニ ユキ(山梨出身・ドイツ在住・魂の故郷インド)
スピリチュアルヒーラー・インターナショナルヨーガマスター・シャーマニックダンサー
Ykyogaism&Beyond 3主宰・ムーブメントメディスンAPティーチャー



指導歴20年の豊富な知識と、様々な国での数々のトレーニングを通しての経験と、日本シャーマンの子孫として生まれ持った独特な感性を活かし、日本・アジア・ヨーロッパ世界各国にて、個性的なWS・イベントで活動中。
ヨーガ、座る瞑想・動きの瞑想、ムーブメントメディスン、スピリチュアルカウンセリング、エネルギーワークなどを通して、身体・マインド・魂の調和と、陰陽のバランスをサポートし、「ピースメッセンジャー」として世界中に愛を届けている。

(日本語)HP: https://beyond3.jimdofree.com/ 
     ブログ: http://yukismyogaism.seesaa.net/




posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 12:11| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

3/6 メッセージ「希望」


希望はどこからやってくるのか?


どこからでもない。


希望は実は常にあなたと共にここにある。


「恐れ」というベールに覆われているだけだ。


あなたそのものが本当は「希望のかたまり」なのだ。


信じる力を持つこと。


恐れに惑わされずに。


メッセージ3.6.jpg




posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 00:06| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

準備その8Beyond3ヒーリングルームinミュンヘン「あと少し!」




(NEWヒーリングルームの準備 その8)


あちこちでお仕事やトレーニングがありましたので、ミュンヘンにいないことが多いので、かなりゆっくりなペースでしたが、

やっとだいたい、わたしのやりたい活動が、できる形になってきましたよ。



beyond3準備36.jpg



大好きなガジュマルを見つけたので、ゲット。

シンギングボウルっぽい形の鉢を見つけました。やった。

beyond3準備34.jpg



そして、パキラも。

ガジュマルもパキラも、山梨の天空の森ヒーリングスペースに一緒に住んでいました。

同じ子達はミュンヘンには持ってこれなかったけれど、新たに同じ種類の木をゲットして、ミュンヘンでも共に過ごす仲間としてお迎えしました。


beyond3準備35.jpg



だんだん増えていくシンギングボウルたちは、専用の棚へ。

ここにいてくれるだけで、とても存在感があって落ち着くわ〜。

beyond3準備39.jpg


beyond3準備40.jpg



創造療法の箱庭もできあがりましたよ。

遊びで、禅ガーデン風にしてみましたが(笑)


beyond3準備41.jpg




そして、大好きないわさきちひろの絵も、こんな風に。

beyond3準備42.jpg




オープニングセレモニーで舞を踊ろうと思って、日本から友人にお願いして送ってもらった「神楽鈴」も、よく映えています。


beyond3準備37.jpg



予定では、3月の終わりにオープニングセレモニーをする予定でしたので、そのフライヤーづくりなどをがんばっていたのですが、

ちょっと緊急事態が発生中で、急遽、もうすぐ日本に帰ることになりましたので、ミュンヘンでのオープニングセレモニーは延期となります。

でも、必ず、開催したい、と。強く意図しています。


beyond3準備38.jpg



posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 18:59| 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ウィーンでのムーブメントメディスン2019年2月



数日前、

ウィーンにてムーブメントメディスンクラスをさせていただきました。

本当に、素晴らしかった!



ウィーンMM2019.3.jpg




いろんな国のそれぞれの個性があるので、リードするわたしもそれに合わせて臨機応変・柔軟に対応していくのが、とても面白い。

クラスもそれぞれの国の文化で、テイストが変わります。

ウィーンの人たちは、とても個性的で、友人いわく

「ウィーンの人たちは、いかに個性的に生きて、目立つか、を常に志にもって生きている」とのこと。

ほほう、「出る杭は打たれる、を怖がっている」日本人とは全然ちがうな。

そして、個性的な友人は

「音楽を愛するすべての日本人は、ウィーン(音楽の都)で活動することを夢見ているんだよ。ユキは、そうとも知らずに、やすやすとこのすべての音楽家のあこがれの地ウィーンで、音楽を使ってダンスさせて、人々を感動させたね〜〜。 あははは」

と、大笑いしてました。

ほんとだ、わたし、すごいことしたのかも。自覚ないけれど。それがまたよいのだろう。



ウィーンMM2019.3-2.jpg



居心地のよい素敵なスペースを提供してくださったイヴァとメラニーに感謝します。

本当に光栄な依頼をいただきました。そして、繋いでくれたシモーネ、満員御礼たくさんの方を集めてくれてすべてのオーガナイズをしてくださって本当に心から感謝します。

次回のウィーンでの私のクラスは4/18です。

ウィーンに在住・旅行中の日本人のかた、よかったらどうぞお越しください。

ハートがあったかい柔らかな方々ばかり。

私のエネルギーをここで発揮できることを光栄に思います。

合掌


posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 21:16| ムーブメントメディスン・シャーマニックダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(終了報告)無料上映会「The Price of Free」inミュンヘン



◎自主上映会「The Price of free」in ミュンヘン 
2/27(水)19:00




The price of free 日本語s.jpg





(3/3終了報告)

あまりたくさん宣伝をしていませんでしたので、少人数でしたが、無事に開催ができてよかったです。

とても意味のある時間となりました。

上映会後のシェアリングのときの、みなさんの目が、とても深く感じたのが印象的でした。

上映会の前のお茶会も、とてもリラックスして楽しかったなぁ〜。

これからも、ミュンヘンにて活動を続けていきます。

少しずつです、コツコツと、わたしの感じている「すべてがひとつである世界」を伝えていきたいです。

プロジェクターを借りて来てくださったかた、そして、それを仲介してくださったかた、ヘルプをどうもありがとうございました。

日本と海外のスピリチュアルな懸け橋として、お役目を楽しみながら進みます。

合掌

ラクシュミナラヤニ ユキ


上映会.jpg





*************************************




The Price of free」は、インドの強制労働をさせられている子供たちを救済する活動に生涯をかけている、ある一人の男性のドキュメンタリー映画です。

この映画を見たとき、改めて、この世界のあらゆる意味での「平和」というものを考えさせられ、そして、この男性の活動から、大きな刺激と勇気をいただきました。

「この世界の一員」として、わたしになにができるのか、そして、この奴隷の子供たちに、いまのわたしの日常の生活の中でできる、意識の小さな一歩をどう踏み出していくのか。

これからの「未来の種」である子供たちの自由に対して、とても、前向きな気持ちにさせられました。

とてもよい映画なので、ご縁のあるかたにもご紹介したいと思い、今回の自主上映会を開催させていただきます。

映画は英語ですが、日本語の字幕付きです。ドイツ人のかたもぜひお誘いくださいませ。

上映前のだいたい18:00くらいから軽いお茶会を開催予定です。

こちらは、皆さんで持ち寄りのスタイルとなりますので、何かお持ちいただけますか。みんなでシェアしましょう。

参加費は無料となっております。(インドの子供たちへのご寄付は歓迎いたします)

開場のスペースの関係で、定員10名様となります。(要申し込み)

もしも、参加ご希望が多数の場合は、追加上映も検討させていただきます。

この発案が世界の子供たちをサポートする、小さな光となりますように。

主催:ラクシュミナラヤニ ユキ



こちらは公式ウェブサイトから引用:

About the film

The Price of Free is a thrilling look at Kailash Satyarthi's inspiring efforts to free every child from slavery. The film won the 2018 U.S. Documentary Grand Jury Prize at the Sundance Film Festival.


I call on everyone to watch this film and work with us in creating a world where all children are free, healthy, safe and educated ? a world where every child is free to be a child. For if any child is not free then none of us are free.”
- Kailash Satyarthi


The official website
https://priceoffree.com/

posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 20:32| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

ムーブメントメディスン・プロフェッショナルトレーニング修了



先週、イギリスにて

ムーブメントメディスン・プロフェッショナルトレーニングコースのすべてのモジュールを修了しました。

本当に、長く深く濃く素晴らしくしっかりしたトレーニングでした。

2年以上かけての長い道のりでしたが、

とはいえ、まだ終わったわけではなく、モジュールは終了しましたが、ここから1年半〜5年かけて、本当の「卒業」に向けての活動が始まります。

本当に、ものすごい大変で、「狭き遠い門」だけれど、

それだけの、価値があります!!!



PT修了.jpg



すべてのワークショップやトレーニングは、目の玉(どころか胃や腸まで)が飛び出るくらい高額だったので、莫大なお金がかかりましたが(山梨のかつての愛する天空の森が買えたかもなあ)、

でも、わたしの直感は、いつでも本当に、常に正しいです!

私は、決めたら(長くは)迷わないたちなので、猛スピードで最短でここまで来ましたので、2年3か月でしたが、仲間の中には、10年かかった人もいました。すごいなあ!と感服します。(その人それぞれの、プロセスと速度ですので、なにが良いでも悪いでもなく、それぞれの良さがあります。)


その前から、わたしは、20年かけて「ボディ・マインド・スピリット」に関わるすべての経験を、人生の中でお仕事としてやってきました。

最初の始まりは「フィットネストレーナー」として、「ダンスインストラクター」として、「ヨーガの修行者」として、「瞑想実践者」として、「ショーダンサー」として、「ヒーラー」として、「スピリチュアルカウンセラー」として、「仏道の修行者」として、「陰陽師」として、「シャーマニックダンサー」として、「舞踏プラクティショナー」として、そして、「日本シャーマンの子孫」として、わたしが人生の中でずっと携わってきましたものがすべて発揮できるこの分野に、ごくナチュラルに導かれていきました。




ムーブメントメディスンは、心理療法・ゲシュタルト・運動にかかわる知識・トラウマ療法・音楽療法・シャーマニズム・スピリチュアリズム・宇宙レベルで、様々な方面からの知識と技術を、この現代社会にフィットするように、とても上手にアレンジされています。

創始者であるヤコブとスザナの30年以上にわたる研究の末の技術・・・・本当に素晴らしいです。

わたしの夢である、「非暴力・平和な地球」に、個人レベルの第一歩を踏み出す、素晴らしい気づきとなる技術です。

わたしは、ムーブメントメディスンに出会う前から、「動く瞑想」をクラスとして提供していました。

もともと、スピリットや宇宙からのメッセージをキャッチする能力がありますので、ムーブメントメディスンの技術を学ぶ前は、自身の感性に基づいて、自分なりに独自のクラスを提供していました。

驚いたことは、

わたしがこれまで独自に提供していたある技術と、ほとんど同じことをムーブメントメディスンの技術でも使っていたということ。それがいくつかありました。

ただ、その表現のしかたと提供の仕方がムーブメントメディスンでは、より社会に受け入れてもらいやすい形でしたので、そこを求めていたわたしは、ただ感動でした。

そして、自分の能力に、改めて驚き、やはり、わたしの「宇宙とのコネクション・繋がり」は間違いないな、と改めて認めたことと、

そのもともと持っている叡智をさらに磨かれた形で発揮することができるムーブメントメディスンでの学びとの出会いに、とても感謝しています。

わたしの望みは、とにかく、わたしの持っているもの(メディスン)を「オファーしたい・シェアしたい・提供したい」。

そして、きちんとそれを認めて、自分にできることをきちんと知っていて、それを、誠実に表現していくこと。
(日本文化である「謙虚・謙遜すぎる」のは、度を過ぎると「自分を小さくしてしまう」悪い習慣だと思う。自分を認めることは大事です。「自分を大きく見せること」ではなく、「自分を小さくしないこと」のために、自分をまっすぐに「等身大で」認めること。日本人には本当に大事なことです。)

こうして、2年以上かけて学び、日常の生活でもその叡智を実践してみて思うことは・・・・

チャネリングや宇宙エネルギーだけで提供するクラスでは、できなかったことを、たくさん手に入れ、それが、自分自身の「人間として」の実生活の中で、本当に役に立っているということ。

そして、クラスを提供するという目線で見ると、

とてもわかりやすいく整理整頓された技術のほうが、現代社会に生きる人たちに受け取ってもらえる、だから、その形で提供するほうが、より「社会に貢献」できるということ。

すごいじゃないか!

そして、

いつでも、子供のころから「一匹狼」で、「空高く飛ぶ鷹」であったわたし。 

絶対に!群れない!!という人生を歩んでいたわたし。

今まで、交わることが難しかった「社会性(コミュニティ)」というところにハートを開いていくことで、より自分の叡智が現代社会で発揮できるという気づきの大切さ・・・・。

資格を持つこと(そのための学び)は、本当に大事だ。




これほどまでに、「長く狭い門」をくぐり、深く濃いトレーニングを受ける、価値があったと思います。

信じられないくらいお金がかかったけれど、やはり、「金額」というのはそれ相応の価値があるのだと、納得しました。

これまでのわたしの人生の中で、数えきれないほどのたくさんの資格を得て(ボディ・マインド・スピリットに関わるもののみ)、ものすごい学んで(出費して)、深めてきました。

すべてが、わたしの糧となり、すべての知識と経験を、いま活用しています。





以前、わたしが日本で提供していた「動く瞑想・ムーブメントメディテーション」のクラスにご参加くださっていたかたも、いまの私のクラスでは、違う印象を持たれるでしょう。

以前も、良いものを提供させていただいていましたが、さらに、違う側面でのクオリティがものすごいあがっています。

でも、「わたしの個性」は失わず「わたしだけが与えられるエネルギー」でムーブメントメディスンを提供できます。

本当に、素晴らしいです。



日本にお住まいのかたへ、

当初の予定(9月)より早めに帰国することになりましたので(ちょっとしたトラブル発生で)、次の日本帰国の機会には、ぜひクラスを楽しみにしていてください。日程が決まりましたらご案内します。
(※クラス開催をお手伝いしてくださる方を募集中です(会場の確保、告知など)。日本全国、お声をいただけましたらどこでも飛んでいきます。ぜひ呼んでください。お気軽にご連絡くださいませ!)

ミュンヘンにお住いの日本人の方へ、

ミュンヘンにてクラスを開いていますので、ぜひ、身体に自由を与えるムーブメントメディスンを体験しに、お越しください。

ドイツ人のナビゲイトよりも、日本人特有の繊細さがともに共鳴して、身体もハートも、きっとしっくりくると思います!



今回の最後のモジュールでは、やっと、わたしはこのコミュニティーの一員になれた感じがします。

これまでの長い道のり、いつでも「よそ者、はぐれもの」のような気分でいました。

今回のモジュールでは、毎日、自分自身にチャレンジを課し(人から見たらなんてことないことだけれど、私にしたらとてもチャレンジ!なこと)、

自分自身のこれまでの枠を広げるべく、本当に、自分磨きを徹底しました。

本当に、実りある最後のモジュールでしたので、共に命のエッセンスを交わし合った仲間たちが、とても恋しいです。

私の内面とシャドーを映し出すミラーとなってくれた、愛する仲間たちに、無限の愛と感謝を届けたい。



濃くて深い、スピリチュアルであり、心理療法的なトレーニングの中で、

個人的な人間としての人生の学びがわんさかありましたが、ちらっと書くにはもったいなさすぎる、素晴らしい学びだったので、

また、別の機会に、きちんとした言語として降ろしてから、書くことにしたいと思います。




2週間のイギリス滞在からミュンヘンに戻ったお部屋には、パートナーからお祝いに、バラの花束のプレゼントがありました。



PT修了2.jpg



彼は、本当にすべてにおいて柔軟で、「こうあるべき」をお互いに、どんどんガラガラ崩し合える、素晴らしい理解者であり、わたしのサポーターです。

わたしの人生、その都度、そのときのわたしの魂の目標とその速度と方向に沿って、いつでも、その都度、最高のパートナーに恵まれます。

過去にも感謝。

いまにも感謝。

未来にも感謝。













posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 08:31| わたしについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

シェイプシフターMM inプリーン・キムゼー




ミュンヘンから電車で1時間半ほど離れたプリーンという場所にて、仲間が開催したムーブメントメディスンに参加しました。

今回は「シェイプシフター(自分の型を変える)」の企画。

本当に楽しくてハチャメチャ楽しんだファンタジーの世界でした。(特に黄色いビキニにタイツでパンダのお面は、大はしゃぎ!「こうあるべき!」に縛られまくっていた昔なら絶対できなかったこれ。new Yukiを見たね。ははは)

依然、イギリスでのMMの集中WSのときに同じような時間があり、その時は私は思春期の頃の恐怖体験が蘇って怖くて怖くて、衣装部屋の隅っこで隠れてずっとうずくまって泣き濡れていたことを思い出す(なぜかは一言では語れないので今度ゆっくりブログに書こう)と、今回はこんなにバカやってはじけて楽しんで、自分の強さと柔軟さの成長を見ました。

そして、まだまだ変われる自分の無限の可能性も見ました。

衣装によって自分のダンスが変わるのは本当に面白い自己発見で、環境にどれほど人間が影響されるか、を学びました。

開催してくれ招待してくれたAntjeに、この大事な気づきのきっかけを作ってくれ、そして安全に変容できる場所を提供してくれて心から感謝しています。


MMプリーン1.jpg


MMプリーン2.jpg


posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 21:16| ムーブメントメディスン・シャーマニックダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

ムーブメントメディスンinミュンヘン



Beyond3
ムーブメントメディスン・ライト
with ユキ


2019年2月25日月曜19:30〜20:30


場所:Sendlinger Tor駅近く

参加費:10ユーロ

残席1名

お申し込みはHPのお問い合わせフォームから
https://beyond3.jimdofree.com/


少人数制のショートバージョンのムーブメントメディスンです。
動く瞑想で、身体と心の活性化、自分の中の「命の木」を目覚めさせ、
「生きる意味」を身体から感じ取りましょう。
マインドに縛られている身体を、ハートからのムーブメントで自由に解放します!



2019.2.25MMinMunichs.jpg








posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 06:15| ムーブメントメディスン・シャーマニックダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

(終了報告)無料一斉ヒーリング「新しいドアを開く」


★(緊急開催)無料一斉ヒーリングセレモニー
「新しいドアを開く」2/20(水)19〜21時(日本時間)




(2/21終了報告)


とてもとても深いワークでした。

ご縁の繋がりましたみなさまのスピリットを、ミュンヘンのBeyond3ヒーリングルームにお呼びしまして、

シンギングボウル、シャーマニックドラム、バザードフェザー、ラケル、シャーマニックダンス、マントラ、音楽・・・・などを使って、なすがままにセレモニーは執り行われました。



セレモニーを開始してから、「これは長くなるな」と感じ、必然的に2ステージにわけて行いました。



ファーストステージは、ものすごい「抵抗」を感じていました。

これまでずっと拒否していた・・・または、見ないようにしていたそのドアを目の前にして、

「やっぱりやだ」「絶対無理だ!」「これはわたし用ではない」という、ものすごい抵抗感と否定感が沸き上がって、

そして、とはいえ、それが次の方向だということも、心の深いところでは承知の上なので、なんともいえない悲しみと葛藤が渦を巻き、

それを咀嚼して消化するのに、とにかく、とても時間が必要でした。

そして、静かで落ち着いた平和でいられる時間が、その葛藤と抵抗を変容してくれると感じました。

みなさま、葛藤しているうちは、どうぞ「静かな一人の時間」を大切にしてください。

周りから見たら「ほんのささいな小さなこと」だったとしても、自分にとってはものすごい勇気がいることです。

だから、他人の言動と自分を比べず、どうぞ、自分自身の良き理解者になって、「自分とふたりっきり」の時間を持ってください。

周りの人が親切でアドバイスしてくれることや、周り人たちのサクセスストーリーなどを見ると動揺したりすることがありますが、

自分が本当にどう感じているのか・・・というところを、大事に、大事に、してください。

ファーストステージが終了し、私の中から現れてきた創造エネルギーです。

これは、まだ途中な感じがしていましたが、お時間になりましたのでセレモニーはいったん、休憩しました。



2019.2.20セレモニー1.jpg



その後、図ったわけではないのですが、タイミングよくシャーマンであるスーパーバイザーとつながり、ひと段落した後に、セレモニーのセカンドステージを再開しました。

これは、告知していたワークの時間外に行った、追加のセカンドステージセレモニーです。



ゆっくりと・・・・そして、とても丁寧に・・・・心と身体の深すぎて見えないところにある闇を緩やかに動かして、強制せず、けしかけすぎず、「こうしなさい」と押し付けず、ただただ、すべてを尊重して、シャーマニックドラムを奏で、シャーマニックダンスを踊りました。

しばらくのあいだ、ただ無心に身体が動くままに舞い、おもむろに、わたしの身体はファーストステージで作った「創造」をガラガラと崩し始め、新しい「創造」を始めました。

セカンドセレモニーでの創造です。


2019.2.20セレモニー2.jpg



2019.2.20セレモニー3.jpg






※ここからは「わたし・私」をあなたの名前に当てはめて読んでください。

他人が持つわたしについての評価は、そのひとのフィルターを通してみている投影に過ぎないので、いただく言葉(良いも悪いも)や、私への印象など、まったく真実ではないということがわかります。

でも、みな、本来の私を見ているわけではなく、そのかたの投影をわたしに見ているわけですから、自分自身の持つ特性として、自分が、どんなふうに人から投影される特徴があるのか・・・・というのは、他者からのわたしに対する言葉で確認できます。

そして、周りの「あなたってこういう人よね」とか、「こういうときはこういうふうにするもの」とか、そういう、「自分の真実ではない情報」を繰り返し聞いていることで、それが知らないうちにどれだけ、「わたし」に影響しているのかもわかります。

それに加えて、

子供のころから教え込まれていることや、周りの人が当然のようにやっている行動や、社会的に適応するためのよい形など、どれだけ、知らないうちに自分が影響されて、本来の自分自身の心の声を見失っていたのか、ということに気づきます。

わたしたちは、「自由になりたい」ともがきながら、それと同時に「今までの箱の中」を安全だと感じています。

怖れというのは「まだ知らないなにか」に対して発生してきます。

ですので「ここにいたらだめだよなあ」と思っている、居心地の悪い箱の中だとしても、そこから外に飛び出していく世界=「まだ知らないなにか」に対して、巨大な恐れ(=幻=実態がない=真実ではない)が現れますから、

「やっぱ、ここにいよう・・・」と、自分を居心地よくする場所へと移動することを、しり込みして、居心地が悪いし自分にとって苦しい場所だけれど、あえてそこを選択してしまうことがあります。

そして、私をしり込みさせてしまう巨大な怖れとは、実体がない、幻のものであり、そんな不確かで真実ではないものに、いともたやすく、わたしの人生は振り回されてしまいます。

そしてそこに、

これまでの人生の中で「こうしちゃまずいだろ」とか、「こうあるべきだよね」とかの「観念」が絡みこんでくるので、

なおさら、すぐそこにあるドアを開けることに抵抗を感じるのでしょう。



「どんな生き方をしたいのか」を強く信じることで、そこに、宇宙のサポートが流れ込みます。

まずは、「いや、でもそんなのあり得ないし、人にどう思われるか・・・」と考えているその観念を壊すことです。

人がわたしを見てどう思うかは、その人の内側の投影であり、そのひとの学びなので、わたしの責任ではない、ということを信じること。




こちらが、すべてのセレモニーを終了して、最後に片づけをしているときの余韻で出来上がった「創造」です。


2019.2.20セレモニー4.jpg



言葉では表現しきれませんので、どうぞ、画像と動画からエネルギーを受け取ってください。



今回は、数名のヒーラーさんがお手伝いしてくださいました。

貴重なお時間、エネルギーを、地球のためにどうもありがとうございました。

そして、ワークにご参加のみなさんとのご縁に心から感謝いたします。

今回のワークはとても大きくてかなり集中力と体力を必要とするワークでしたし、無料ワークでしたので私自身を守るためにもかなり強力なプロテクションを作って行いました。

ですので、記事を見たのが遅くて、あとからFBにいいね!を押してくださった方や、参加表明はしていないけれど意識だけこちらに向けてくださった方は、セレモニーには入れないようにしてありましたことをご理解くださいませ。



◆感想のお願い:
今回は無料ワークでしたので、感想を文章でいただけますと、「与えて・与えられて」の循環が発生しますので、皆様の魂の学びが深まります。
言語化することで、ご自身のプロセスが深まりますのでよりご自分の人生への理解が深まりますし、私自身の学びにもなります。
感想の受付 → infoykyogaism★yahoo.co.jp(★を@に変えてください) または、この記事のコメント欄へ

よろしくお願いいたします。



そして、より深めたいかたは、どうぞ個人セッションをお受けくださいませ。

本当に、毎回毎回、感動的に、そのかたそれぞれにお役に立てるセッションを提供しています。
https://beyond3.jimdofree.com/

愛を込めて。
合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ









****************************************



一斉ワーク・新しいドアを開く.jpg







満月が近づくいま、地球で生きるわたしたちの人生の学びも深まっています。

今日までの2週間くらいは、宇宙からの影響をものすごい受けている時期だと感じますので、大きな葛藤の中でもがいている・・・というような状況の方が多くいらっしゃると思います。

これまでの「絶対無理!」と思っていたことを、どうしても受け入れなければいけない、「あり得ない!」と思っていた行動をしていく方向に向いている・・・、これまでの自分の観念を崩していかなければ前には進めない今の流れの中は、とても苦しく感じるでしょう。

今回のヒーリングセレモニーは、

ずっと前から知っていたけど少し不安があってなかなか使おうと思っていなかったドアを開く・・・

いつもと違う方法で先に進んでみる・・・・

これまで絶対に無理!と強く抵抗していたことに、するりと身を委ねてみる・・・・、

そんな、葛藤に勇気と信頼を与えるセレモニーとなります。

皆さんがそれぞれが、その新しいドアを持っていて、そこから向こうに進むことは、これまでよりもずっと、たくさんの人々からサポートが得られ、そして自分自身も広がり・深まり・成長することができるでしょう。



セレモニーは、ドイツ・ミュンヘンのBeyond3ヒーリングルームにて2/20水曜19:00〜21:00に行われます。

今回は、無料ワークとなりますので、とても緩やかにエネルギーが動いていくと思いますので、人によって感じることや、受け取るメッセージが違うと思います。

私自身、とても大きな変容を遂げて、「絶対に難しい」と思っていたドアを開けて、無限の祝福を受け取っている、いまこの瞬間でありますので、この強く美しいエネルギーをこの一斉ヒーリングを通じてご縁のあるかたにシェアできると思います。

とはいえ、私自身の課題として、バンダリ強化を実施しているところでもありますので、ご参加表明してくださったかたがたのみへのヒーリングとさせていただきたいです。

この記事のコメント欄にお名前・生年月日・市町村までのご住所を残して下さい。(コメント欄は非表示になっております)

または個人的にメールかメッセージを送ってくださいますことで、ご参加表明とさせていただきます。(こちらからはメッセージのお返事は差し上げませんことをご了承くださいませ)

こちらから、メールやメッセージを送ることはありませんので、ご安心ください。

終了報告は、この記事にアップさせていただきますので、どうぞあとでご覧下さいませ。



*****************



◆開催日時: 2019年2月20日水曜 19時〜21時(日本時間)

◆申し込み締め切り: 2/20 18:50まで(日本時間)

◆申し込み方法: この記事のコメント欄に名前・生年月日・市町村までのご住所を書いてください。または個人的にメッセージを送ってください。

◆参加方法: 
お時間内にわたしに意識を向けてください。お仕事やなにか作業をしながらでも結構です。
お時間に余裕がある方は瞑想や自然と関わる、お風呂やヨガなど、お好きによい時間を過ごしながらわたしに意識をつないでみてください。

◆ワークの効果:
感じさせていただきますと、恐らく、終了後から1〜2週間くらいのあいだに、心境の変化や環境の変化がみられるかと感じます。
でも、とても自然な流れでドアを開けていくので、気が付かない方も多いかもしれません。
どうぞ、意識的に、自分と自分の人生に興味を持ってお過ごしくださいませ。

◆感想のお願い:
のちほど、感想をいただけますと、嬉しいです。
言語化することで、ご自身のプロセスが深まりますのでよりご自分の人生への理解が深まりますし、私自身の学びにもなります。
感想の受付 → infoykyogaism★yahoo.co.jp(★を@に変えてください) または、この記事のコメント欄へ

よろしくお願いいたします。


愛と善意からの一斉ワークとなります。
どうぞ、愛と善意で受け取ってください。

必要な方のお役に立てますように。
合掌
ラクシュミナラヤニ ユキ



posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 19:19| Comment(0) | 一斉エネルギーワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

FIRE!


断食7日目の今日。

イギリスでのMMトレーニングにてセレモニーを行う。

断食(これは自主的にやってること)のおかげで意識がものすごいクリア。

体は浄化されてとても反応がわかりやすい。

そして、エネルギーを感じる感性も研ぎ澄まされていて、私になにが必要で、なにが不必要なのかが明確にハッキリクッキリわかる。

最高だ、ものすごいパワーを内から外から感じる。

今日はダンスセレモニー。

私のスピリチュアルな道への炎をさらに磨くための祈りの舞いとしよう。

この、磨かれた「強さ」を、この記事を通して皆さんにもシェアさせてください。


Fire.jpg



posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 17:56| 自分の感性とのデート☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

2/8 メッセージ



再びイギリス。

ムーブメントメディスンのプロフェッショナルトレーニングの最終回。

いま響いている降りてきたメッセージ。



「いろいろな人が様々なことを言い、あらゆる情報がごちゃ混ぜに溢れているこの世界。

みんなそれぞれの観念と概念を主張するけれどそれはあなたの真実ではなく、だれかの真実。

耳をふさいで避けることはできないけれど、「自分がなにを信じているのか・・・」にハートを開くことで、自分にとっての真実は見えてくる。

すると、人と接するのを恐れたり、人間関係に疲れたりしないでいられるはず。

自分のハートで生きること。

そこに真実をみる。」



私の真実は、他人は理解できないこともあるだろう。

だから、なんとかわかってもらおうと努力するのをやめて、

私は、ただ、ハートに響くことを、ただただ、行動にしていく。


パディントン.jpg





posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 07:27| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

若い会社員の女性との出会い・スロベニア




前回からの続きです。(前回→ http://yukismyogaism.seesaa.net/article/463864820.html )




帰りのチケットをキャンセルして、翌日向かった先は

スコティアン鍾乳洞。 世界遺産です。



とはいえ、アクセスがとても悪い上に、一日2回のタイミングしか開いていない。

インターネットで調べたシャトルバスの時刻表と、実際に行ってみた現地の時刻表はかなり違っていて、

結局、最寄駅からバスを2時間待ち・・・、宿を出てから4時間後にやっと、目的地の鍾乳洞にたどり着きました。

いろ〜〜〜〜んな、びっくり・すったもんだの経緯がありました(今回の記事の意図と違うので省略します。おもしろ珍道中だった!)。




鍾乳洞は素晴らしかったです。

前日に行った、ポストイナと全然違う波動の鍾乳洞でした。

こちらは、古い古い、遥か昔(アトランティスとか)の記憶が蘇ってくるような・・・・地球の地下にある世界の人たちと交流するような・・・・、(シャスタ山に行って、地下への扉を開く儀式をした時のことをとても強く思い出しました。 きっと地下の世界でつながっているのかもしれない。)

ポストイナのような、ガツンとくる衝撃とは違って、地球と人間が一体になるかのような感覚。

ポストイナは「地球の子宮」と感じたのですが、スコティアンは「地球の胃や腸や他の内臓」と感じました。

とにかく、流れているし、動いている。

壮大でした。素晴らしかったです。



これは出口の写真です。

中は写真撮影は禁止されていました。


スコティアン鍾乳洞.jpg





ここでは、スロベニアで初めて、日本人の旅行者に会いました。

その女性は一人旅で、とはいえ、「旅人」っぽいゆるさとオープンさがない、ごく普通の社会的な感じの女性でした。

わたしは声をかけ、そしてわたしたちは、鍾乳洞に入る前の1時間と、鍾乳洞後に首都リュブリャナに戻る電車の中までの2時間、お話をしました。(鍾乳洞の中では私は「自分モード」に入っていたので)




彼女は20代半ばの女性で、大学(院?)を卒業して、大手の外資系企業に就職した社会人になって一年目の女性でした。

社内の専属ドクターからストップがかかり、いま仕事を休職中だそう。 

とはいえ、本人は「まだ頑張れたんだけど」とのこと。

日本の大企業で働く生活・・・というものに興味があったので(私の生きる世界とはかなり違うところにあるので)、社会に出た若い女性の葛藤を、わたしは興味深く聞かせていただきました。

なんのために生きているのか、どうしてそんなに働かなければいけないのか、なんでみんな文句も言わず働いているのか、働くって何なのか、人生って会社のためにあるのか、休みたくても休めない、みんなが頑張ってるから私だけ休めない、日本ってなんなんなんだ・・・・・・

そんな、彼女の葛藤を、わたしは本当に心を傾けながら聞いていました。

本当に、そうだよね。

そんなに働いてどうするんだろう、生きるって仕事することじゃないのに、自分の人生を犠牲にして仕事するってなんなんだろう、

わたしも聞きながら、彼女の葛藤はまったくもって正当だよなあ、と感じました。

日本の「会社の一部として働く」という観念は狂っているに違いない、と感じました。

狂っているのに、それが普通だから、会社員たちも狂っていくし、その渦中にいるとそれが普通だから、狂っていることに気づかないんだな。

かわいそうに。

この、就職して一年目の若い女性も、「社会人になる」という、新しいスタートにワクワクしながら飛び込んでいったのだろう。

そして、入った先には「自分も家族も友人もすべてを犠牲にしなければ認められない」という「枠」があって、そこに、ゆっくりとじわじわと順応していって、麻痺してしまったのだろう。

そして、身体と精神を壊して、ドクターストップがかかった・・・・のに、自分では自分の不調に気づいていない。

ちょっと、落ち込んでるなあ・・・・くらいにしか気づいていなかったそう。

かわいそうに、自分の状態に気づく・・・・という能力さえ奪われてしまったのか。

自分自身の中心との繋がりが、絶たれてしまっていたのか。

「ドクターストップ、ラッキーだったね! なんの罪悪感もなく仕事を長期で休めるじゃない!」と私が軽々と言ったら、

「でも、まだ頑張れたのに、無理やり休まされた感じです」と彼女。

どうして、そこまで頑張らなければいけないのか?

面白くもない、行きたくないと感じている会社を休める機会に、どうして「ラッキー!」と喜べないほど、縛られているのか。

会社ってなんなんだ?

命より、健康より、幸せより、仕事が大事なのか?

なぜ、休むことに「負け」を感じているのか?

おかしいぞ、社会。



わたしは、この若い女性の尊厳を壊さず、プライドを奪わず、できるだけ、彼女を理解する形で、なにかわたしにできるサポートはないだろうか、ととても気を使って話をしました。

彼女はわたしのクライアントではないし、わたしの職業(ヒーリングカウンセラー)も明かしていない。

だから、彼女は別に、わたしからのアドバイスも、ヒーリングも求めていない。

こういう状況では、わたしはエネルギー的にもなにもできないし、むしろ、求められていないときは、なにかしてはいけない。(という私のルール)そして、仕事以外では、できるだけ、そのかたのプロセスを尊重して、なにかしようとしないで(邪魔しないで)見守る、というのも私のルール。

だから、世間話するような感じで、どんなふうにサポートができるだろうか、と気を使いました。

そして、ここから、わたしは何を学べるだろうか、と。(強烈に導かれてやってきた場所で出会った女性なので、意味があるに違いない!)



わたしの若い頃を思い出しました。

ちょうど、彼女くらいの年齢のころ、わたしはバックパッカーとして旅人人生を始めたころだった。

その頃、私自身の20代は深い闇の中でもがきながら何かを探していた時期だった。何か明確な目標があるわけではなく、とにかく旅がしたかった。

それはやはり、「日本」という国がとても居心地が悪く、どうしても、「本来のわたし」で存在するのが難しいと感じていたからだと、いまのわたしは思っています。

そんなころの、自分を思い出しました。

そして、自分の20代のころと、この若い女性とをリンクさせて、彼女に思いやりと同調・共感を持って受け入れることで、過去の自分自身への癒しになっているなあ、と感じました。

彼女は「やりたいことをやったらいい、とはよく言われるんだけど、なにがやりたいのかわからない。」と言っていました。

これは、とても多くのかたが抱えている葛藤だと思う。

これは日本に限らず、いろんな国の若者の口から聞く言葉でもある。




前日に、強烈に「どうしても行くべきだ!」と感じて、帰りのチケットをキャンセルして延泊したのは、この世界遺産の鍾乳洞のエネルギー転写の経験だけではなく、

偶然(であり必然)出会ったこの若い日本の女性から、「現代社会の真実と葛藤」を学ぶことだったのかもしれない、と感じました。

こういった、大企業で働く「葛藤を抱えている人々」が、日本(世界)の動きの歯車になっている。

としたならば、日本という国は、この「葛藤と犠牲のエネルギー」で動いているのだろう。




新人社会人の彼女。

疲れて諦めているけれど、まだ、瞳に純粋な輝きの光が感じられる彼女。

この彼女も、死んだ魚のような目で、電車通勤している人たちのように、自分を生きることを諦めてハートを閉じてしまうのか。

海外に住みたい、という彼女。

わたしに、海外での暮らしをいろいろ聞いてきました。

海外に住みたいけれど、日本にいるうちにきちんとした就職先を決めてからじゃないと、海外に出るのは怖い、という彼女。

わたしなんかは、えいっ!って出ちゃえばどうにかなるのに、って思うのだけれど、

彼女は、どうしても「枠」から外れるのが怖いらしい。

「じゃあ、がっつり住まなくてもワーキングホリデーや、青年海外協力隊という手もあるね」と、わたし。

わたしも、20代のころワーキングホリデーでオーストラリアにいた経験あり。

「お金がないから無理かなあ」と彼女。

悲しいなあ。

お金なんて、意図すれば必ず必要なぶんは入ってくる、宇宙の仕組みになっているのに!!!

諦めてしまっているから、入ってこないだけなのに!!!



とても貴重な社会勉強になりました。

わたしが、わたしの持つ特殊な感性や経験を使って、この社会にどう貢献して行けれるのか・・・・。

彼女のような純粋な若い女性が、いつまでもずっと無邪気で、ワクワクして魅力的でセクシーに輝いていられる社会であったら、

きちんと創造エネルギーが働いて、エネルギー的にピッタリの相手を選んで、愛の交歓となる喜びに溢れた幸福なセックスをして、幸福のエネルギーで結ばれた幸福な子供ができて、きっと日本の少子化問題はなくなのではないか、と感じました。

これからのわたしの活動にとっての刺激となるとてもよい経験でした。



鍾乳洞を出てバスに乗り、電車を待って乗車して、首都リュブリャナに到着するまでの2時間ほどの時間。

彼女のお話を聞かせていただきました。

そして、わたしは握手をして彼女から離れました。

「出会えてよかったです」と言ってくれた彼女。 

それは彼女の本心だと感じました。

きっと、わたしから何かを感じ、気づきがあったのだと思います。

美しく若くエネルギーに満ちているはずの年頃の彼女の、これからの未来に、どうか祝福がありますように・・・・とお祈りをしました。

わたしも出会えてよかった。 よい学びだった。

スロベニアでの出会いでした。



わたしの旅は「ハートを開く・目を開くカギ」を、ご縁のあった人に渡す役目。

だから、一人旅が好きだ。

一期一会だからこそ。





































posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 09:29| 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

ムーブメントメディスンinミュンヘン



ミュンヘンでのムーブメントメディスン。

新しいオフィスでの、(小さなお部屋なので)セミプライベートクラスでした。

とてもリラックスした楽しい雰囲気でした。

5エレメンツのエネルギーをお互いの動きでシェアし、最後は愛と感謝がたくさん飛び交って、胸がいっぱいです。

参加してくださった方にも、そして、私がこうして「ワタシ」としてミュンヘンに存在し、光を届けることにも、大きな感謝で、ワタシの内側のスペースが大きく膨らんでいます。

ありがとう。ありがとう。


MMミュンヘン.jpg




posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 20:52| ムーブメントメディスン・シャーマニックダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

スピリチュアルメッセージ「サポート」


時に、サポートを求めることは、難しく感じることがある。

心の中で大きな葛藤が起こることがある。

「逃げではないのか」
「自分でなんとかできるのではないか」
「相手に迷惑をかけるのではないか」

でも、必要なサポートを、謙虚でありながら誠実にお願いすると、

相手との人間関係が深まり、自分自身の学びも豊かになる。

これは、行動に起こす前にあれこれ「葛藤」している妄想と、まったく矛盾するけれど、でも「事実」。

そして、「感謝」というとてもパワフルな「浄化」も生まれる。

サポートをお願いするのは、勇気がいるチャレンジかもしれないが、

「ヘルプ!」と意思表示をせずに、ただ黙って待ってるだけでは、

誰も気づかない、誰もあなたを支える機会を得ることができない、どこにも成長が生まれない。

信頼する人に、ハートを開いてみよう。


ブレッド湖2.jpg



posted by ラクシュミナラヤニ ユキ at 20:37| スピリチュアルメッセージのシェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする